テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

四国1日目☆高知 

大阪から高速バスで高知県へ。

高知のカラオケ仲間と合流し
昼食に鍋焼きラーメンを食べた。


それからカラオケに行き
夜まで楽しく歌い
夕食はカツオのたたきや
鯨カツを食べた。


全部美味しかった(^^)
明日ってか今日は愛媛へ。
スポンサーサイト

category: 旅行

TB: 0    CM: 0   

四国へ 

四国へ向かってます。
初めての四国なので楽しみ(^^)

高知、愛媛、香川を巡り
讃岐うどん食べてきます。

まずは夜行バスで大阪へ向かうため
電車でバス乗り場まで移動。

雪でダイヤが乱れている(´・ω・`)

category: 旅行

TB: 0    CM: 0   

ゲーセンでバイト☆ファミリーランド 

高校三年生の頃

ナムコ経営のファミリーランドという

ゲームセンターで高校卒業までの1年間

バイトをしていた。





勤務時間は

平日は放課後から閉店の21時まで

土日は朝から閉店までだったかな。





バイトを始めたきっかけは

ファミリーランドでバイトをしていた

一学年上の部活の先輩が高校を卒業したので

その後釜として面接に行き採用になった。





俺より少し前に同学年の部活の仲間も

そこでバイトをしていたので心強かった^^;





ファミリーランドにはナムコ社員がいないので

採用後ファミリーランドのすぐ近くにあった

ナムコランドに一時配属になり

ナムコの社員の人から

両替機の操作や筐体の内部の仕組みや

お菓子が景品の機械「スイートランド」の

お菓子の補充などを教わり

その後ファミリーランドに配属された。





ファミリーランドは結構広く

テーブル筐体、大型筐体、ビリヤード

ピンボール、メダルゲーム、乗り物など

一通りのアミューズメントマシンがあり

ゲームマニアから家族連れまで

客層は広かった。





しかしあまり本腰を入れた店舗ではなく

最新のマシンは無くて

第一線を退いたマシンの終のすみかって

感じの店舗だった^^;





事実俺が入った時

近々閉店の予定があると聞かされてたしw





驚くことに常駐店員はいなくて

ナムコランドのナムコ社員が

開店時間に店を開けてから

俺らが学校を終わり出勤するまでの間は

店員が不在というありさまww





だから不在時にイタズラをされることがあり

ビリヤードの緑のマットをカッターで切られたり

ナムコのピカデリーサーカスみたいな

メダルゲームの盤面が割られて

メダルが盗まれたり

隣がホームセンターだったので

そこで万引き?してきた瞬間接着剤で

空き缶を天井やゲーム機に貼り付けたりとか

グラディウスIIなどの基板が盗まれたり……。





古い機械しかなくて廃れた雰囲気のせいか

お客さんも少なく

店員の仕事としても

ビリヤードの料金受取

10円硬貨への手両替くらいな感じで

暇だったので赤川次郎などの

小説を読んでいたw





10円の手両替は

慣れてきたら袋から手探りで

10枚を一発で取り出せるようになったなぁ(^^)




エアコンが半分壊れて冬場は寒くて

足元の電熱ヒーターが頼りだった(*_*)

エアコン直してもらえなかったし。




バイトは春に始めたけど

夏頃には同級生が辞めたので

一人で店番していた。




平日の夜は客も少なく

だだっ広い店内で

一人でポツンとしてたから

たまに友達が遊びに来てくれると

嬉しかったなぁ(^^)





時々社員の人がトラックで来て

機械の入れ替えを行うので

一人勤務とはいえ

怠けてもいられなかった^^;




当時はデジカメもなく

ファミリーランドの写真が

全く無いのが残念(´・ω・`)




ファミリーランドは

俺が高校卒業と共にバイトを辞めたあと

しばらくして閉店となり

壁を隔てて隣にあったホームセンターの

店舗拡張により壁が壊されて

今はホームセンターの一部となっている。

category: ゲームコーナーの想い出

TB: 0    CM: 0   

煙が出た! 

さっきテーブル筐体にスカイキッドを繋ぎ電源を入れたらスイッチング電源から煙が出た(@_@;)

すぐに電源を切り他のゲームに差し替えたら煙は出なかった。

ハーネスが怪しいと思い見てみたら-5Vと+12Vを繋ぎ間違えていた(;・∀・)

とりあえず基板もスイッチング電源も無事で良かった(・_・;)

category: アーケードゲーム

TB: 0    CM: 0   

ゲームセンターUFO(大きい建物) 

ゲームセンターUFO。

中1の時に卓球部の友だちから

その存在を聞かされた。




とにかく広くて

ゲームがたくさん置いてあるが

隣町のはずれにあり

自転車で1時間近くかかるし

卓球部の友だちも

ゲーセンの場所を道案内できるほど

ハッキリ覚えていないということで

行く事は諦めていた。





中2になりクラス替えがあって

同じクラスになった友だちが

UFOにちょくちょく行くと聞き

自転車で1時間近くかけて一緒に行った。




大きな橋を渡り

くねくねとした土手道を抜け

また橋を渡り

田んぼの中の直線を

必死で自転車をこぐ。



そして到着。




ゲームセンターUFOは

元パチンコ屋だった店舗を

ゲームセンターに転用したと思われる造りで

郊外の店だけにすごく広かった。



テーブル筐体がずらーっと並び

今思えばビリヤードもあった気がするし

ジュースやカップラーメンの自販機もあった。



小柄で背中が丸まったおじさん店員の

カウンターの脇でアイスが売っていて

よく買って食べた。



ちなみにその店員さんのこと

仲間内で

せむし男

って呼んでた(^^ゞ




テーブル筐体ものはワンプレイ50円で

財布にも優しかった。




ちなみに隣には古いボウリング場があった。





UFOで遊んだゲームは

アウトラン(スタンダード筐体、Newバージョン)
アフターバーナー(クレイドルタイプ)
スペースハリアー(動かないタイプ)
スーパーハングオン(動かないタイプ)

沙羅曼蛇(専用アップライト筐体)
ライフフォース(沙羅曼蛇と並んで設置)
源平討魔伝
バブルボブル
スプラッターハウス
1943

などなど


やらなかったけど

実写の野球拳のゲームもあったなぁ。





セガの体感ゲームは

この店で初めて遊んだので

まだまだ下手くそだったけど

アウトラン筐体のデカさや

運転席に乗り込むドキドキ感

派手で鮮やかな画面とBGMに

興奮したなぁ!




沙羅曼蛇とライフフォースは人気で

常に誰かがプレイしていて

後ろから他人のプレイを眺めていることの方が

多かった。




源平は市内のナムコランドが

50円から100円に値上がりしたので

まだまだクリアには程遠い腕前だった当時には

50円で遊べるのは嬉しかった。


しかしクリアできる前に

源平が入っていたテーブル筐体に

忍者くん阿修羅の章が入り

50円源平が消えたのはショックだったなぁ(´・ω・`)




この店のイメージというかキーワードは


ガンガン効いた冷房
ソーダ味の棒アイス
沙羅曼蛇のゲームオーバーの曲

って感じ(^^)






お気に入りの店だったけど

行き来に時間がかかるので

土曜の午後に友だちと行くって

パターンだった気がする。



遠いけど魅力的な店だったし

自転車で遠くまで行く事自体も

楽しかったなぁー!


UFOに行ったことが無い

ゲーム好きの友だちを連れて行ったり

一人で行ったこともあったと記憶してるw







ゲームセンターUFOはその後

ボウリング場と共に解体され

跡地に立派なパチンコ屋が建ったが

そのパチンコ屋も長続きせず閉店した。

category: ゲームコーナーの想い出

TB: 0    CM: 8   

ペンゴ☆セガ1982年☆ 



ペンゴはセガが1982年に発売したゲーム。
開発はコアランド(現バンプレスト)。



上の画像のような
ミニアップライト筐体に組み込まれ
近所の駄菓子屋に置いてあった。

難しくて当時はあまり遊ばなかった。




コピー基板を2枚持っているので比べてみる。




緑基板の方はROMシールがアルミ。



コネクタの脇には
57 12 4
という製造年月日?を示すような
シールが貼ってある。





変わってコチラは青基板。
青基板の方はROMシールが紙製で
ROMの窓の大きさとほぼ同じなので
貼り方が悪くズレていて
窓の中身が少し見えているものもある。



PG-930という記載が2ヶ所ある。
青基板はオリジナル基板の丸写し?





緑基板と青基板
パッと見は色だけの違いのようだが
GNDのプリントパターンや
コネクタ付近の切り抜き等で
お互いに相違があり興味深い。
別々の業者により作成された
コピー基板なのかもしれない。




それぞれの基板を起ち上げると
画面はどちらの基板も同じで
タイトル画面において

スノービー達による
ペンゴのロゴ表示あり

ペンゴの名前がPENTO

SEGAのロゴ表示あり

というバージョンでした。




以前所有していたコピー基板は

スノービー達は出るものの
ペンゴのロゴ表示なし

ペンゴの名前がPENTO

SEGAのロゴではなく
PENTAというロゴ表示

というバージョンでした。


オリジナルと全く同じ表示の
コピー基板も存在するみたい。
どうせならそれが欲しかったw



次にインスト。
コチラはオリジナルのインスト。



コチラはコピー基板に
付属されていたものと思われるインスト。



一見はSEGAのロゴ部分のみ
修正したように見えるが
すべてのイラストが
描き起こされている。

右がオリジナルで
左がコピー。
コピー基板のインストは
イラストがオリジナルより若干下手くそw


以前所有していたコピー基板のインストは
ロゴがPENGOではなく
PENTAに書き換えてあったw




ペンゴは近所の駄菓子屋でしか見なかったし
家庭用ゲーム機にもまともな移植もなかったから
今でもペンゴの画面と音を聴くと
30年前にタイムスリップしたような
気持ちになれる(^^)

category: 所有基板

TB: 0    CM: 0   

ダブルドラゴン☆テクノスジャパン1987年☆ 



ダブルドラゴンは
中学生の頃にまるよしのゲーセンで
友達と二人同時プレイで盛り上がったなー!
ファイナルファイトより好きだ!


ダブルドラゴンの基板を買ったのは
基板を買い始めた年である1993年の11月で
秋葉原に複数あった基板屋を初めて巡った時
トライで買った。

当時の領収書が残っていたw



トライではオリジナル基板が5000円
コピー基板が3000円で売っていて
店員さんに両方の基板を立ち上げてもらい
価格が安いコピー基板でも
オリジナル基板と比べて
動作的に差が無いことを確認して
安いコピー基板の方を買った^^;

確かこの時に欲しかったストIIダッシュの
帯インストをオマケしてもらった(^^)

安いコピー基板を1枚買っただけなのに
サービスしてもらえて嬉しかったなぁ(^^)

その時に買ったコピー基板は手放したけど
その後オリジナル基板とコピー基板を
それぞれ入手したので比べてみる。



まずは基板の全体像から。
右がオリジナルで左がコピー。
基板の形状は両者とも全く同じで
コピーの方にもメーカー名の印刷が入っている。


裏側の基板も両者とも同形状。



次は基板の細かいところを見比べる。
画像は上がオリジナル基板で下がコピー基板。
オリジナルのROMシールは
メーカー名入りのアルミシールに対し
コピーは紙製の赤いシール。



上がオリジナル、下がコピー。
オリジナルのカスタムチップの代わりに
コピーではサブボードが刺さっており
代替の部品でカスタムチップの役割を
果たしている模様。



サブボード上のチップの品番は削り取られてある。



上がオリジナル、下がコピー。
ディップスイッチの下辺りにある
白くて長い部品はコピーでは省かれている。



オリジナルではエッジコネクタ付近に
ゲーム名が印字されたシールが貼ってある。
ちなみにどちらの基板もエッジコネクタは金メッキだが
以前持っていたコピー基板のエッジコネクタは銀メッキだった。



インストラクションカードは
オリジナルのものを所有。



これはPOPで一部を切り取ったもの。
オークションで入手。


ゲームの動作的には
オリジナルもコピーも変わりがなかった。
タイトル画面のメーカー名も改変等なく
完全なデッドコピーと言っていいレベル。

しかし2面のボスシーンの
ベルトコンベアにキャラが乗ると
オリジナルでは効果音が鳴るが
コピーでは無音だった。




このゲームは二人同時プレイが熱く
一人でプレイしても寂しいので
ちょっと変わったプレイをしてみたw

1面のボスを倒した瞬間
ドラム缶を持ち上げて右を向き
画面右下辺りにいると
ドラム缶を右方向に放り投げて
画面が2面にスクロールするので
2面でもドラム缶が登場するw

少しわかり辛いが
上のドラム缶が放り投げられている所。



そして2面でもドラム缶が登場w



そして2面のボスシーンまで
ドラム缶を持っていくことに成功。
ちなみにこのドラム缶や
ここで登場する段ボール箱を
3面まで持って行きたくて
色々やってみたけどできなかった(´・ω・`)



あと3面に登場するグレーの岩を
ボスシーンまで持って行き
ボスを倒すと岩の色が茶色になるww

わかり辛いがグレー岩が…


茶色に変色w




あと3面のドラム缶を
ボスのところまで持って行きたかったけど
なかなか難しくて断念^^;

このようなちょっと変わった遊び方でも
楽しむことができるダブルドラゴン。

家庭用ゲーム機ではまともな移植がなくて
もったいなかったなーって思う。
メガドラ、スーファミ辺りで出ていたら
大ヒットしてたんじゃないかなぁ!

category: 純正基板VSコピー基板

TB: 0    CM: 0   

パルムのナムコランド 

パルムというデパートに

ナムコランドが入っていた。

小さな都市ではあるけど

一時期市内にはナムコ経営店が

4店舗もあったんだよなー。




中でもココは一番新しく

1988年頃のオープンだったはず。

なので店内にはテーブル筐体は一切無くて

エメラルドグリーンの

コンソレット18がたくさん並んでいた。



ベラボーマンや爆突機銃艇とか

ワルキューレやファイネストアワーとか

未来忍者とかバーニングフォースとか

当時のナムコの最新ゲームが

遊べるばかりではなく

テトリスとか究極タイガーなどもあったし

霊界道士っていうマイナーなゲームもあったw



ダートフォックスや

ビデオシステムのフォーミュラなど

コンソレット筐体の

通信対戦台もあったし

スターブレードやソルバルウの他

サンダーブレードやパワードリフトなど

ナムコ以外の大型筐体も充実していた。





コミュニティノートがあって


「○月○日○時にゲームのポスターをあげます!」


っていう店員さんの書き込みがあったんで

その日時に行ったら

他にポスター目当ての人がいないばかりではなく

店員さんもポスター配布するような素振りを見せず

店員さんに聞いてみたら

店員さんもポスター配布の書き込みを

したことを忘れていたw


でもベラボーマンのポスターを貰って

自分の部屋の壁に貼ってた。




このナムコランドは

パルムの閉鎖により退去となり

パルムも解体されて今は更地……。

category: ゲームコーナーの想い出

TB: 0    CM: 0   

オレンジハット 

オレンジハットってゲーセンが

市内に3店舗あった。




小学生の頃は

そのうちの1店舗に時々行ってた。



あまり通わなかったのは

自宅から離れていたという事と

他の店がワンプレイ50円が基本なのに

オレンジハットは100円だったから。




オレンジハットは学区外だったし

薄暗くて雰囲気は良くなかったが

小学二年の頃に悪い仲間と

ニューラリーXをやりに行ったなーw




ここでしか出会えなかったゲームは

魔界村とRF2とスーパーマリオ。



スーパーマリオはテーブル筐体で

基板はVSシステムの純正物だったのか

それともファミコンを内蔵した

違法品だったのかは定かではない。



ただそのテーブル筐体は

モニターの左上か右上に

2桁のデジタル表示機があって

常に「00」って

表示されていた。

たしかこんな感じ↓



スーパーマリオの獲得コイン数が

表示されるのかなぁ?なんて

初めて見た時に思った記憶がある(;´∀`)




きっとスーパーマリオが組み込まれる前に

別のゲームで使われていたんだろうけど

どういった用途だったのかなぁ?



そこのオレンジハットの跡地には

クリーニング店が建っている。

category: ゲームコーナーの想い出

TB: 0    CM: 0   

ゲーセン探訪★台場一丁目商店街のゲームコーナー 

訪問日2012年8月31日


お台場のデックス東京ビーチにある
台場一丁目商店街のゲームコーナー。

レトロなピンボールや遊具などが
たくさん設置されている。

壁に貼られたポスター等の店内装飾や
瓶ジュースの販売機や古い両替機などなど
昭和レトロを色濃く意識した空間なので
レトロゲーム好きはもちろん
昭和時代の雰囲気が好きな人にもオススメ♪





大変貴重な
クレイジークライマーの
純正テーブル筐体。

昨年同じ筐体がヤフオクで
10万円以上で取引されていた!



ゲームをイメージした
リアル調のイラストが描かれた
垂直コントロールパネル。



堀ちえみから応援され
躍起になるσ(゚∀゚ )オレww



このネーム入れ画面って
ドンキーコングに似てるけど
任天堂がこれの真似をしたのかな?



知名度のあるゼビウスは
レトロゲーセンでは鉄板だね。



左はセガのシティ18筐体のくにおくん。
右はカプコンのステイタス18筐体の
ストリートファイター。
この筐体の1P側のボタン配置が嫌い。
大キックと大パンチの位置が下がっていて
押し間違えてしまうんだよなー(´・ω・`)



日本物産のムーンベース筐体に入った
ドンキーコング。
こういう筐体の再利用ってのも
当時の雰囲気が醸し出されているね。



パックマン純正テーブル筐体!
しかしインストが複製品。
このインスト、純正では黒いはずの所が
赤くなっている。
この店はこのように
オリジナルのインストを
純粋にカラーコピーしたものではない
一部の色が変わってるインストが
掲示されているゲームが他にもある。



椅子もインベーダー柄の当時物かな?


スペースインベーダー純正テーブル筐体。
これも価値ある一品!



アウトランの動かないタイプの筐体。
でも他車とぶつかったり路肩にはみ出すと
ハンドルがガタガタ揺れてビックリした。
この筐体欲しいなぁ(*^^*)



昭和のアニメソングのレコードばかりの
ジュークボックス(^^)



他にも昭和の香りがするアイテムが目白押し!








また行きたいなぁ♪

デックス東京ビーチ 台場一丁目商店街 ゲームセンター 2012/08/31

category: ゲーセン探訪★東京都

TB: 0    CM: 0   

ムカつく店員がいたセガの店 

元レンタルビデオ店の建物の

セガ経営のゲーセンがあった。



店員で嫌な奴いたなー!



そいつは勤務中に

客の目の前で平然と

筐体のドアを開き

サービスボタンを押して

タダでゲームをしていた。




さらにヒドイことに

客がプレイしているストIIの対戦台に

サービスボタンを押して乱入していた!




俺自身もその店員から

タダゲー乱入されたような

記憶がある。




あまりにも頭にきたので

セガに苦情の電話を入れたよ!




この店は長続きせず閉店し

ファミコンショップに変わった後

解体されて今は駐車場。

category: ゲームコーナーの想い出

TB: 0    CM: 0   

ホットビィのゲーセン 

経営がホットビィらしいというのは覚えているけど

店名が思い出せないww




元コンビニの店舗を利用した

国道沿いのゲーセンで

ストIIダッシュの辺りにオープンだったかな。




タイトーのカナリー筐体が並んでいて

なにげにアウトランまであって

ちょこちょこ通っていた。




ここの思い出といえば

ストIIUSAかなー。




早い話がレインボーw



あとストIIのディップスイッチをいじり

ゲーム速度を上げたヤツも稼働してたような。





でもカプコンに見つかり

レインボー共々すぐに撤去されてた(;^ω^)






ここは確かホットビィ倒産により

閉鎖になった。






名前思い出せた!!

たぶん、ピアポイント。

category: ゲームコーナーの想い出

TB: 0    CM: 0   

コメリのナムコランド 

ここは家から遠くてあんまり行かなった。



いつの時代か忘れたけど

ギャラクシアンの大型アップライト筐体が

置いてあったことがあったなー。

他にも大型のアップライト筐体が

一緒に並んでいた。





源平が出た頃には

源平が入ったテーブル筐体が

2台並んでいた。




2台とも同じ形のナムコのテーブル筐体だったけど

片方のテーブル筐体の

スタートボタンはコンパネにあって

もう一方のテーブル筐体の

スタートボタンはテーブル筐体の

本体部分に付いていたという

どうでも良いことを

ハッキリと覚えているw





市内で一番最後まで源平が設置してあったので

源平をやるためだけに一生懸命自転車をこいだ。

そして初めて源平をクリアできたのもこの店。



クリアしてほどなく源平は姿を消した。





テーブル筐体のベラボーマンも

この店で遊んだなぁ~。





のちにこの店でバイトすることになるとは(;´∀`)






ちなみにこの店は

時期は忘れたがナムコが撤退し

カプコン経営になり

ストIIブームの時は

大いに賑わった。

ギャラクシアン3が設置されていたこともある。



一時はトークン制度になったことあったし

大量に並べられたミニキュートに

ちょっと古いゲームが稼働してたこともあったし

プレステのコントローラーでプレイする

ミニキュートもあったなぁーww

ゲーム名は忘れたけど(;´∀`)






そして今はダイソーになってます(´・ω・`)

category: ゲームコーナーの想い出

TB: 0    CM: 10   

コンソレット18のモニター変換 

2013年はゼビウス誕生30周年。
それを記念してナムコ製のコンソレット18にゼビウスの基板を組み込んで遊んでいたが、どうもしっくりこない。





ゼビウスの発売は1983年の1月。
テーブル筐体が全盛の時代であり、やはりゼビウスの動作環境としては、テーブル筐体が最も相応しい。

コンソレット18の発売は1989年頃だったかな。


ちなみに俺のこの筐体は1990年(平成2年)の11月製造だということを、筐体内部に貼ってあったシールで確認できた。



コンソレット18はナムコ直営店でズラリと並び
システムIやシステムIIのゲームが
組み込まれて稼働していたという姿が
思い出される。

という事で
手持ちのシステムIの基板から
スプラッターハウスを選び
組み込んでみる事にした。


ゼビウスは縦画面ゲーム。
スプラッターハウスは横画面ゲームなので
モニターの向きの変換が必要。



まず画像はありませんが
基板収納庫を開けて内部にある
全面ハッチを留めているストッバーを外す。

そして全面ハッチを
上へ持ち上げて
ブラウン管がむき出しの状態にする。
 


次にモニターを固定している
四隅のネジを外す。



そして
よっこらしょって感じで
モニターを持ち上げて
左へ90度回す。

よっこら



しょ



ちなみに映像の調整は
モニターが横画面の時に
モニターの左の隙間から
手を入れて調整するという
かなり使い勝手が悪い仕様(´・ω・`)



※モニターには電源を落とした後でも
高圧電流が帯電しているので感電に要注意!



この筐体に搭載のモニターは
映りに定評があるナナオ製。
ヘタリもなくヤケもない良好な状態♪



次にモニター周りを覆う
エスカッションという枠も
縦横変換が必要。



テーブル筐体のエスカッションは
プラスチック製が多いけど
コンソレットのエスカッションは
紙製の物。



エスカッションもモニターと同じように
90度回し横位置に固定。
モニターの縦横変換を頻回に行う場合は
手間を防ぐためにエスカッション自体を
取り外してしまうという筐体所有者もいる。
特にテーブル筐体はガラスを外す必要があり
非常に厄介だけど見た目を重視したいので
エスカッションは使用してます。



次にネジを2ヶ所緩めて
インストカードボードを取り外す。



次にネジを4ヶ所外し
インストの交換を行う。



逆の手順でスプラッターハウスのインストを
ボードに挟んで筐体に取り付け。
ちなみにインストは残念ながらカラーコピー(;^ω^)



そして基板も交換してスイッチオン!



縦横変換したことによる磁気の関係上
赤色の一部がおかしい!



こんな時は筐体内の消磁ボタンを押すと



クッキリとした赤色に♪





これにて様々な手順を踏んだ
モニターの縦横変換作業がすべて終了♪

ゲーセン椅子に座り
ナムコ純正筐体コンソレット18に
100円玉を投入しスプラッターハウスをプレイ!

必然的に20年以上前の興奮が蘇る!!



運良くワンコインクリア出来た\(^o^)/





いつかこの筐体で
ベラボーマンをプレイしてみたいなぁ。



先日ナツゲーミュージアムで
ベラボーマンをプレイしたけど
やっぱり難しい(*_*)

バーチャルコンソールのベラボーマンを
ダウンロードして練習だな。

category: 所有筐体

TB: 0    CM: 0   

ナムコ コンソレット18 

コンソレット18は80年代の末期に登場した
ナムコ純正のアーケードゲーム筐体。

モニターサイズが26インチの
コンソレット26や
青色塗装のタイプも存在した。

ナムコ直営のゲームセンター以外にも
導入され一時代を築いた。



俺が所有しているのは
エメラルドグリーンの18インチモニターの
コンソレット18というモデル。



数年前にオークションにて購入。
もう一台所有していたが
オークションで売ってしまった(・_・;)
売らなきゃよかった(´・ω・`)



ナムコのエンブレム。
このエンブレムが取り付けられていない
筐体もあった(青色塗装の個体に多かった?)。



コイン投入口。
ナムコ純正の「100円」の
赤いシールが欲しい!



ヘッドフォン端子とボリューム。
マニアには嬉しい装備(・∀・)



横から。
筐体背面の角が落としてある設計で
省スペースでの設置に何かと便利。



背面。



ナムコ大宮営業所のステッカーが!
埼玉県で使用されてた様子。



コインカウンターは
普段はシャッターで隠されていて



コインボックスを取り出すと
シャッターが開き
数字が読み取れるというギミックが!


↑ちょっと見えにくい画像ですが^^;
さすがエレメカのナムコだねぇ♪


基板格納庫。
元々のスイッチング電源が最近壊れ
手持ちの物を急遽取付けた状態なので
2個並んでいるという美しくない状態w
暇をみて載せ替えないと^^;



上から、サービス、テスト、電源、消磁スイッチ。



コンパネはネジを1ヶ所外し
手前にスライドさせて交換。



1レバー3ボタンパネルの他に
2レバー6ボタンパネルと
麻雀パネルも持ってます。
オークションで入手。



今年で発売30周年の
ゼビウスの基板を組み込んでみた。


ちなみにゼビウスの時代設定って
2012年なんだってw

ゼビウス☆ナムコ純正筐体 コンソレット18

category: 所有筐体

TB: 0    CM: 0   

ジャスコのナムコランド 

小学校の低学年の頃

母親がジャスコでパートしてたから

たまに連れて行ってもらった時には

2台並んだミニアップライトのニューラリーXや

ギャラガをやった記憶がある。

ニューラリーXは右レバー、左ボタンで

操作しにくかった記憶が^^;





本格的に通い出したのが中学になってから。

中学の友達の影響だったと思う。

それまでは

家から近いまるよしばかり

行っていたからなぁ。




ジャスコの中の店ってことで

ビデオゲーム以外にも

子供連れを対象にした物も多数あり

ドラえもんの後頭部から

頭の中に入るという

100円を入れて動く遊具や

山登りゲームなどの

プライズ機もあった。



あと壁に取り付けられた

電球の光にタイミングを合わせて

ボタンを押す野球ゲーム?もあったなぁー!





1986年の4月に中学1年生になったので

通い始めた時にはドラゴンバスターを

よくやっていた。



ここのドラゴンバスターのコンパネは

パック&パルのコンパネに

ボタン穴を1個追加したヤツだったなぁ^^;




あと友達がトイポップに夢中だった。

別の友達の誘いにイシターの復活を

二人同時プレイでやったりもした。

面白さは理解できなかったけど^^;



筐体は50円のテーブル筐体を中心に

30円のミニアップライト筐体があった。



そしてここの特徴的な筐体として

ナムコ製?の白いボディーで

18インチ垂直配置モニターのアップライトで

2in1機能がありボタンを押すと

2種類のゲームを選択して

プレイできるというヤツが

壁に並んでいた。




久しぶりにその姿を見たくて

色々検索するけど

画像が見つからない(´・ω・`)

NGには写真が出ていたと記憶しているけど

すべて手放してしまったしなー(´Д⊂



任天堂VSシステムの赤い筐体もあって

ワルキューレの冒険とか入ってたなー。

ワルキューレはファミコン版を買って

中1の夏休みにやりまくった。





そしてここの店であのゲームと出会う。



それは源平討魔伝。



後に基板を始めるキッカケになった

大好きなゲーム。





ナムコランドだから

源平は複数台(3台はあったはず)導入され

テーブル筐体の脇には

大きなのぼり旗も立っていた。




発売当初は人気でなかなかプレイ出来ないし

難しそうだったから見てるほうが多かった。





そしてその半年後に

妖怪道中記が発売。

一気に5台くらい導入されたと記憶してる。



その影響で源平は白いアップライト1台になった。

そしてこの頃だったと思うが

30円のミニアップライトが撤去され

全台100円に値上げされた(´・ω・`)



30円で遊べた戦場の狼が

いきなり3倍以上の100円になって

怒りを覚えたなー。



中学の小遣いでワンプレイ100円はデカイ……。







この店はその後店舗面積が広がり

ボールプールが出来たり

UFOキャッチャーやプリクラが入ったが

ビデオゲームは減リ続け

今ではビデオゲームは1台もなく

ナムコゲームが熱かった

あの当時の面影は今では微塵も感じられなくなった。

category: ゲームコーナーの想い出

TB: 0    CM: 0   

長崎屋のゲーセン 

この店は家から離れていたので

あまり通わなかったから

よく覚えていないのだが

デパートのゲーセンということで

テーブル筐体はもちろん

メダルゲームや遊具もあったと記憶している。




ここのドラゴンバスターの

テーブル筐体のコンパネには

ボタンが3つ付いていて

「ファイヤー」と

書いてあるボタンが2つあった。



ファイヤーボタンにはそれぞれ

左右方向の矢印も書かれていたから

クロービスの前後にファイヤーボールを

撃てるのかなぁ?なんて思っていたw



たしかこんな感じ↓




何かのゲームのコンパネを流用したんだろうけど

何のゲームのものだったんだろうか?



他には黄金の城があったのを覚えている。

まだたくさんあったはずなんだけど

思い出せないなー。




その他この店の特徴として

テーブル筐体の天板の隅に

金属製のボックスが固定されていた。

それにはコイン投入口があって

確かメダルを5枚入れると

1回ゲームができる仕組みだった。



たしかこんな感じ↓




メダル落としゲームなど

メダル機も設置されていたので

そこで稼いだメダルで

ビデオゲームがプレイできるという

画期的なシステムだったけど

俺はあまりメダルゲームでは遊ばなかったから

普通に50円玉を入れて遊んでいた。





長崎屋は閉店しその後解体され

今は更地になっている。

category: ゲームコーナーの想い出

TB: 0    CM: 0   

ゲームタウン 

この店はタイトーが運営してたかもしれない。

商店街にあり暗くて奥行きが長く

テーブル筐体がたくさん並んでいた。




家から離れていたこともあり

中学生になってから友達から連れてってもらって

初めて存在に気づいた。




設置してあったゲームは

ドラゴンバスター
(2台あり離れて設置してあった)

エキサイティングアワー
(fくんがハマっていた。操作が難しそうで見てただけだったと思う)

奇々怪界
(見た目とは違い難しかった)

ロードブラスター
(LDゲーム。難しいけどアニメ映像がリアルで好きだった。後にメガCD版を買った)




他にもたくさんのゲームがあったけど

あまり行かない店だったから

よく覚えてない(^_^;)




潰れた後は古本屋になり

今は空き店舗。

category: ゲームコーナーの想い出

TB: 0    CM: 0   

ちょっと離れた駄菓子屋と結構離れた駄菓子屋 

ちょっと離れた駄菓子屋



ここにはビデオゲームが無くて

10円玉転がしゲームと

ミニカーの自販機みたいなものが

屋外に設置してあった。

10円玉転がしゲームは下手だったし

当時は華やかなビデオゲームの方に

興味があったから

そもそもその店にはあまり行かなかった。

ちなみに屋外設置の機械は

シャッター付きの小さな物置?の中に

設置されてた気がする。



ゲーム以外では

アイスを買ったり

デコトラのミニ消しゴムとか

買った記憶がある。



現在では店舗部分がリフォームされ

店主の住居の一部になり

店番のおばちゃんも

だいぶ前に亡くなった。






※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※



結構離れた駄菓子屋



ここはかなり狭い店で

テーブル筐体が2台してあった。


テラクレスタ
チャイニーズヒーロー
1942


が置いてあったのを覚えてる。

もしかしたらボンジャックと

ロードランナーもあったかも!




チャイニーズヒーローには興味が無かったので

テラクレスタと1942で遊んでた。



テラクレスタと1942は

俺が行ってた他の店には

置いてなかったと記憶してるので

この2つのゲームの画面を見ると

今でも結構離れた駄菓子屋のことを

思い出す。



てか、駄菓子屋だったと思うけど

お菓子を食べながら遊んだ記憶が無いので

もしかしたらクリーニング取次&タバコ屋

だったのかもしれない(;・∀・)

category: ゲームコーナーの想い出

TB: 0    CM: 0   

まるよし本店のゲーセン 

俺が恐らく一番通ったゲームコーナー。

それが「まるよし本店」の5階にあった

ゲームコーナーだと思う。

家から自転車で5分程で行く事ができ

店内も広くて1プレイ50円という

小中学生の頃の俺には最高の空間だった。





ここのゲーセンは

確かホクエーっていう会社が運営していたが

ホクエーは数年前に倒産したみたい。





大型筐体が数台の他

テーブル筐体が約20台

ミニアップライト筐体も

15~20台はあったと思う。



通っていた期間も長かったし

設置されていたゲームも数多く

すべては思い出せないけど

よく遊んだゲームは


アウトラン(スタンダード・国内版)
(初めてクリアした直後にターボに改造された(´・ω・`))

ターボアウトラン(上記筐体から改造)
(大味であまり好きではなかった)

アフターバーナーII(クレイドルタイプ)
(離陸時の緊張感がカッコ良くて下手ながらも遊んでた)

ポールポジションII
(何故か2台並んでいた。その後ミニタイプがもう1台増えたw)

モナコGP(コクピットタイプ)
(スリップゾーン?の音がうるさくてなんとなく怖かったw)

スーパードンキホーテ(LDゲーム)
(今やったら結構進めそう!もう一度やりたいなぁ)

パンチアウト
(よく喋っていた。ボタンがデカかった?)

サブマリン(エレメカ)
(デモ時に潜望鏡を覗き左右に振るとGAME OVERって文字が浮かんだような)

ドラゴンバスター
(オールアバウトナムコを持ち込んでプレイしたことが(^_^;))

バンクパニック
(高橋名人似のゲーセンの店長がよく遊んでたw)

パックランド
(ナムココンパネのジャンプボタンのカバーがよく外れて床に落ちていた記憶が)

ディグダグ
(もしかしたらジグザグだったかもww)

戦場の狼
(アーケードゲームで初めて全面クリア出来たゲーム)

陸海空~最前線
(地味な存在だけど曲が印象的だった)

エグゼドエグゼス
(難しくてあまりプレイせず)

ダブルドラゴン
(二人同時プレイが熱い!これもクリア出来た)


熱血硬派くにおくん
(さぶが強すぎた。だがよく遊んだ)

黄金の城
(友人i君がハマってた。当時はやるより見てるほうが多かった)

ハル21
(理由は忘れたが友達と馬鹿にしてたゲーム。チープだから?)

バルガス
(これは10円か20円でプレイ出来たので10円玉が余ると遊んだ)

銀河任侠伝
(見てただけだったかも)

サイコソルジャー
(DEMOで歌が流れることに感動したなぁ)

バーニンラバー
(店の雰囲気からしてカーアクションだったかもww)

マリオブラザーズ
(ファミコンより難しくてあまりプレイせず)

VBALL
(たまに対戦で遊んだような?)

ファンタジーゾーン
(連射が苦手であまりプレイせず)

ラビオレプス
(あまりプレイせず)

クレイジークライマー
(確か30円のミニアップライトに入っていて近所の駄菓子屋から消えて以来数年ぶりに遊べて喜んだ記憶がある)

ストリートファイター
(見てるほうが多かった)

クレイジーコングPARTII
(当時はドンキーコングPARTIIなのかと思っていたww)

麻雀学園
(ファミコンの四人打ち麻雀で鍛えた腕でチャレンジしてたなぁ^^;)

アイドル麻雀放送局
(フィリップフロップボタンを押して画面反転させてしまい店員さんに伝えたら嫌な顔されたような)

スクランブルフォーメーション
(すごく音が大きく設定あったような。町並みのリアルなドット絵に惹かれてよく遊んだけど下手だった)

イー・アル・カンフー
(ほとんどやらなかったけどステージスタートの音を聴くと当時を思い出す)

メトロクロス
(難しそうでほとんどやらなかった)


その後のこのゲーセンは

95年前後にカプコン運営に変更になり

ミニキュート筐体が並ぶゲーセンになって

魅力が半減した。

そして2002年にまるよしが民事再生法適用となり

本店の建物は別のテナントが入り営業を続けたが

2011年、想い出がたくさん詰まった

元まるよし本店は解体された。

category: ゲームコーナーの想い出

TB: 0    CM: 0   

ゲーセン探訪★高田馬場ミカド(2階編) 

階段を上がり2階へ向かう途中
踊り場にテーブル筐体が2台。

ストリートファイターⅡ
コンパネはターボ仕様。
ストⅡ系のパネルのデザインの中では
このターボ仕様が一番好きだなー。



ちなみにダッシュ仕様のパネルのみ
スタートボタンの位置が異なり
スタートボタンが2個縦に並んでいて
プレイ中に意図せず押してしまうことがあって不便だった。
だからターボ仕様からは元に戻ったんだと思う。


親父だらけのスト大会ってをやってるらしいw
是非参加してみたいものだ。



もう一台のテーブル筐体はペンゴ。


コンパネは2レバー6ボタンタイプ。
欲を言えば1レバー1ボタンのコンパネで
14インチモニターのテーブル筐体だと
レトロな雰囲気が更に増すんじゃないかなぁ。
まぁ汎用性を考えてのチョイスなんだろうけど。

ちなみに以前設置してあった
ドンキーコングのテーブル筐体は
撤去されていた。




そして2階へ。

筐体はブラストやアストロが中心で
大型筐体は無いのだが
アストロ筐体に自作コンパネを取り付けて
ナイトストライカーを稼働させていた!



左から
グラディウス
グラディウスⅡ
沙羅曼蛇
沙羅曼蛇
スプラッターハウス



片方はライフフォースかと思いきや
沙羅曼蛇が2台並んでいた(・・;)




レトロコーナーはナムコゲームを中心に設置。

ドルアーガの塔
バラデューク
ドルアーガの塔



ボスコニアンとひとつ挟んで
グロブダー



パックランド


パックランドのコンパネは
クイズゲーム用の4ボタンパネルの
PUSH2を塞いだ上で流用していた( ̄ー ̄)bグッ!



2階には他にエミュ基板を含めた
レトロゲームがあったが
メインは対戦格闘ゲームで
多くの人が対戦台で遊んでいた。

今回は時間が無くて
ゆっくりと滞在できなかったから
またいつか行きたいと思う(^^)

category: ゲーセン探訪★東京都

TB: 0    CM: 0   

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード