テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

ゲーセン探訪★新潟市西蒲区(旧岩室村)☆プレイハウス エリナ 

2013/5/25訪問☆


8号線の「ららぽーと」の次に116号線へ足を延ばし、「PLAY HOUSE エリナ」に立ち寄ってみた。

おそらく15年近くぶりの訪問(;´∀`)






マスコットキャラクターの「エリナちゃん」←勝手に命名wの看板が出迎えてくれる。






東亜プランの地味なパズルゲー「テキパキ」






この手のゲーセンには欠かせない「コラムス」






虫姫さまふたり。






雷電シリーズも良く見掛けるなぁ。

ガンバート2も設置。






ストIIダッシュは○○in1系のエミュ基板。

インストが一切ないファイナルファイトもあったのだが、エミュ基板なのか実機なのか確かめるのを忘れた。





パチンコパチスロも多数あった。

カウンターでは手売りのアイスがあった。

店内はタバコの煙がモウモウと漂っていてスゴかった(・・;)






今回は国道116号線の旧岩室村から旧分水町を走ってきたのだが、同じ116号線のゲーセンで食事施設の併設が無かった「インパルス」というゲーセンは、残念ながら土木会社の事務所になっていた。



名前は忘れたが90年代には少なくてもこの地域には他に3ヶ所ほどゲーセンがあったはずだが、無くなっていた。
スポンサーサイト

category: ゲーセン探訪★新潟県

TB: 0    CM: 0   

ゲーセン探訪★新潟市南区(旧白根市)☆ららぽーと 

2013/5/25訪問☆


対戦格闘ゲームが盛り上がっていた90年代、新潟県新潟市南区(旧白根市)の国道8号線沿い(約20キロメートル)には、ゲーセンが9軒くらいあった。





薄暗くて狭くていかにも古いゲーセン的な店だった「トップ」


食堂併設のよくある古いロードサイドゲーセンだったのに、2階建ての巨大アミューズメント施設に変貌し、伊勢海老キャッチャーとかアタリ?の緑色の通信対戦レースゲームを入れたりと地域一番の盛り上がりがあったが、運営会社ミヤサンの倒産で廃墟となってしまった「チャンス」


90年代にオープンし、エースドライバーなどナムコの当時の最新ゲームが次々投入され、筐体もナムコの赤い筐体「エクセリーナ2」が並んでいた「レクチェ」


ワンプレイ50円、テーブル筐体のストII通信対戦台w、任天堂vs筐体のストII対戦台ww、ガントレット筐体や大量のテーブル筐体やギャラクシーフォース筐体を野ざらしして朽ちさせるw、併設の食堂の夜限定300円ラーメン、マーシャルチャンピオンが入ったシルバーのテーブル筐体やスーパーストIIX、ヴァンパイアハンターの基板を俺に売ってくれた、想い出たくさんの「UFO」

などなど。



ストII系やUFOキャッチャーなどをやりに、これらのゲーセンへ深夜のドライブがてら、よく通ったものである。





しかしゲーセン不況の昨今、次々とゲーセンが閉店され、現在残っているのはたった一軒となってしまった(´・ω・`)


ゲーセンが熱かったあの当時の生き証人、最後の一軒である「ららぽーと」へ久しぶりに行って来た。






店内入って左は食堂スペースで、右がゲームコーナーである。

ストIIダッシュターボの対戦台が!





鉄拳などのネットゲームもあるが、設置ゲームの中心は麻雀、パズル、古いシューティングといった、流行り廃りの無いゲームだった。






達人。






ナムクラ2、テキパキ。






国道沿いのゲーセンでよく見た店内風景だが、この光景いつまで見れるのだろうか?






GAL雀というDVD麻雀。






この他パチンコパチスロ機コーナーやUFOキャッチャーや大型筐体モノなどもある。

土曜の午後だったがそれなりに客もいた。

昔はコンソレット26が並んでいて、ストIIパネルのコンソレット26があった記憶がある。

併設の食堂のおかげで最後の一軒として生き残れているのかもしれない。

category: ゲーセン探訪★新潟県

TB: 0    CM: 16   

ストIIテーブル筐体を友人に貸し出した。 

先日レストアしたこの筐体、もう1台あった!北の大地から来た筐体のレストア を友人Mくんに無期限で貸し出しすることになった。

Mくんは俺より1年早い、今から21年前に基板ユーザーになり数枚の基板を所有していたのだが、去年コンボAVを廃棄処分して基板をプレイできなくなっていた。

彼が所有しているストIIダッシュやターボを再び遊びたくなったとの事で、テーブル筐体を貸してあげる事にした。






テーブル筐体を2階に設置したいとのことなので、とりあえずMくん宅の下見へ。

途中で曲がる手すり付きの階段なので、テーブル筐体が通過できるか微妙かも(・_・;)








我が家の車庫で事前にストIIコンパネを取り外し、筐体のサイズを小さくすることにした。






コンパネの配線にコネクターを介して取り外し可能にしておいたことが功を奏した(^^)






ストII、ストIIダッシュ、ストIIダッシュターボの基板、ストIIコンパネ、テーブル筐体。






筐体でのプレイでは欠かせない、ゲーセン椅子も2つ貸してあげる事にした。






Mくんと2人でテーブル筐体を手慣れた手つきで愛車bBに載せたw






Mくん宅に到着。






心配していた階段だが、筐体が壁にぶつかることも擦れることもなく、Mくんと2人で2階へ搬入することができた(^^)






外しておいたコンパネの取り付けとインストの設置を行う。






特に問題もなくスムーズに進み、設置完了!






筐体ユーザーとなり大好きなストIIダッシュに夢中になるMくん(^^)

3種類のストIIで対戦して盛り上がった\(^o^)/

category: 所有筐体

TB: 0    CM: 2   

14インチ「スクランブル」テーブル筐体完成!14インチテーブル筐体「チャレンジガール」のレストア☆その2 

「14インチテーブル筐体「チャレンジガール」のレストア☆その1。の続きです。



麻雀仕様からJAMMA仕様に変更したチャレンジガールテーブル筐体。

これをどのようにレストアしようかと考えたのだが、とりあえずスクランブルを接続してみた!


良い感じで動作している(^^)

ってことで、スクランブル仕様のテーブル筐体としてレストアすることに。





まずはモニターを横から縦に変換。

モニターは載せ替えられたものらしく、金属のプレートを使って強引にモニターをフレームに固定してあった。






ガラスを外してチャレンジガールのインストを回収し、スクランブルのカラーコピーのインストに差し替え、エスカッションを縦向きに変える。






モニターフレームにトグルスイッチが付いていたので、テストとサービスとして配線。





麻雀コンパネを取り外した後に取り付けるコントローラーは、スクランブル純正コンパネ!!

数年前にヤフオクで入手したもので、結構サビが出ている(;´∀`)






地道な配線作業……。






中央のネジ穴でとりあえず仮止め。






他の4ヶ所のコンパネ取り付け穴が合わない。






テーブル筐体を横倒しにする(;・∀・)






ドリルで新たに穴を開ける!





木くずは掃除機で吸い取る。


新たに4ヶ所穴を開けたけど、2ヶ所はナットがモニターフレームと干渉してダメだったので、3ヶ所のボルトナットでコンパネを取り付けることに。

そして2P側も同じ作業でコンパネを取り付けた。





100円玉の流れが悪かったので、新品のコインセレクターと取替える。






スクランブル純正コンパネ付きのテーブル筐体の完成!

スクランブルコンパネはレバーもボタンもスイッチは生きていたが、操作感は正直ビミョーw

レバーは垂直に、ボタンは水平という特殊な配置で、垂直レバーでの操作はスクランブルに向いていないと思う(;^ω^)






オマケ☆
インストを加工してこんなポップを作ってみた(^^)

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 0   

インストはあるけど基板が無い 

インストは持ってるんだけど基板は持ってないというゲーム。





●超絶倫人ベラボーマン




俺はインストコレクターではないので所有基板以外のインストは滅多に買わないんだけど、ベラボーマンは「いつか基板が買える日が来たらイイなぁ~」と思いヤフオクで入手した。

ナムコのゲーセンでコンソレット18でプレイしていたのを思い出す。

しかし下手だったしやり込まなかったので、PCエンジン版の方が馴染みがある。

PCエンジン版はゲーム中に出る看板がアーケード版と違っていて、出光が「入光」、ナショナルが「ナチョナル」とか企業名が変更されていたけど、逆になぜアーケード版では実名を使っていいんだろうって思っていた。

ポールポジションの看板でもアーケード版は実名の企業名が出ていたし。





●バブルボブル




バブルボブルは一応(C)を持っていて、タイトル画面もバブルボブルとちゃんと表示されるバージョンなんだけど、EXTENDバブルが赤いEだけしか出てこない仕様なので、EXTENDできないという(´・ω・`)w

まぁバブルボブルは俺的にゲーム内容よりもBGMが聞きたくて遊ぶゲームだから(;´∀`)





●スーパー麻雀マルキン版




これは基板を持っていたけど電池切れ?で動作不能になりジャンク基板として手放した。

去年?だったかヤフオクで電池レス基板?が出品されて、高値で落札されていた記憶がある。

マルキン版などカプコンの電池基板を復活させる部品を開発している基板屋があるみたいだけど、いくらで売るのだろうか?

しかし既に手元に基板が無いし、基板屋でもヤフオクでも売ってるのを見ない から、もう遊ぶことはできないのかな(´・ω・`)

傷みはあるが帯も持っている。





●スクランブルフォーメーション


当時MSX2に移植された?けどファミコンなどには移植されなかった。

ゲーセンでちょこちょこ遊んでいたから欲しいんだけど、結構高くて手が届かない。

しかも東京ディズニーランドが出るバーションは更に高いという(*_*;

このゲームも内容よりBGMが好きだなぁ♪





●キング&バルーン


おそらくコピー基板用のインスト。

小学校低学年の頃父親に連れられボウリング場のゲームコーナーで見たのが最初で最後だった。

王様が連れ去られる時の音声「ヘルプ!」が「てるこ!」に聞こえて、帰宅後母親に話した記憶がある。

ちなみに「てるこ」とは母親の名前であるww

一応(C)基板を近年買ったのだが、音声が出ないバージョンで、色使いもオリジナルと違うような気がする(´・ω・`)





●クラッシュローラー


メーカー名は入っているが未使用ぽいので複製インストかも。

このゲームはゲーセンで見たことが無く馴染みはないのだが、勝手に移植?されたファミコン版をプレイして気に入ったゲームw

シンプルだけど戦略性も必要で結構ハマる。

いかにも駄菓子屋ゲームって感じだしそんなに高くなさそうなので、いつか欲しいなぁ。





●ハンバーガー


デコのシールがないのでおそらくコピー基板用のインスト。

ゲーセンで見たことが無くファミコン版のバーガータイムでよく遊んだ。

キャラクターは可愛いけど、敵の動きを先読みしないとあっという間にゲームオーバーになる。

ファミコン版よりもアーケード版は操作性もシビアで当たり判定も厳しいが、やりがいがあるとも言える。

コックレースという(C)基板を持っているので、ゲーム自体そんな思い入れもないし(C)で満足しているw





●ファンタジーゾーン


以前2枚持っていたが2枚とも動かなくなり、ジャンク基板として手放した。

このインストはその時のカラーコピー。

80年代半ばのゲーセンを語る上で外せないゲームなので以前買った訳だが、連射がないと難しく、自分でゲームするより、他人のプレイを鑑賞しつつBGMをジックリ聞きたいw

アーケード版は難しくファミコンやマークIIIでよく遊んだ。

メガドラのスーパーファンタジーゾーンではBGMをファンタジーゾーンの曲でプレイすることができ、しかも全く同じ音?なので、サウンドテストではサントラ代わりになる♪





●ストライダー飛竜


何かのおまけで貰ったカラーコピーのインスト。

アーケード版は近くのゲーセンでは見たことが無く、ほとんどプレイしたことが無く、メガドラでよく遊んだ。

メガドラではイージーでも難しく、イライラしながらも全面クリア出来るまでにハマった。

X68版も持っていたが、やり込んだメガドラ版の方のBGMが音源的に劣るものの好き(^^)

category: アーケードゲーム

TB: 0    CM: 0   

もう1台あった!北の大地から来た筐体のレストア。 

札幌から来たテーブル筐体、先日のブログのテーブル筐体の他に、実はもう1台北海道は札幌から我が家へ来たテーブル筐体がありましたw






同じ出品者から2台同時に落札してたわけです(;´∀`)

こちらの筐体も厳重な梱包が施されたまま、5年半車庫で眠ってましたww






こちらの筐体もやはり新聞紙を丸めた物が隙間にギッシリ詰めてありました。






貨物列車に揺られて青函トンネルをくぐって北海道から本州へきたのかなぁ。






あとちょっと(@_@;)






1台目と同じく、18インチモニターを搭載した麻雀仕様のテーブル筐体が姿を現した。






ダイナックスの「東東」(トントン)というゲームが組み込まれている。






脱衣麻雀では無さそうな雰囲気。






左側面に「ロジテック」のプレートが。






麻雀焼けがあるようだが、全く気にならないと言っていいほどのうっすらとした画面焼けであり、状態が良さそうなブラウン管(^^)v






下部の扉は鍵が紛失状態だったので、内側から鍵をバラした。






筐体の底に100円が落ちていた\(^o^)/(100)







金庫には1台目と同じでタオルが入っていたw






北海道緑興株式会社は肥料を取り扱う会社のようだ。






電源オン!
緊張の瞬間だが、故障もなく無事に画面が出た(;´∀`)








手持ちの麻雀基板も接続!
モニターの天地が逆(^o^;)






トントンの基板を取り出し、レストアに取り掛かる!






今回も麻雀仕様からJAMMA仕様に変更する。






電源ラインと映像ラインをJAMMA配列にハンダ付していく。






散乱してますがこんな感じで車庫でレストアしてます(^_^;)






JAMMA化が終わり、ぷよぷよを接続!
やっぱり天地が逆だわ。






組み込む予定のストIIを接続!






モニターの調整つまみはこんな不便な位置に(*_*;

モニター基板上の、天地を逆にするコネクターを差し替える。






天地が正常になった!
色ズレ、ゆがみ、ボケなどが無くて、映りはかなり良い\(^o^)/






天板ガラスを外し、インストを回収し、100円シールを貼る。






コインセレクター部。
何だかよく分からない基板が付いていたり、小さなブザー?が付いていたり、コインカウンターが2個付いていたり……。






撮影ミス画像ですが、筐体右側面に鍵が取り付けてあり、基板に繋がっている。

鍵を回してクレジットを上げるような仕組みなのかな?

ちなみに鍵は紛失していたので回すことができない。






現状100円の流れが悪くコインセレクターを交換しなければならないので、ついでにこの周囲の配線もスッキリさせよう!






摘出されたコインセレクターと基板など一式。






中古品だけど正常に動くコインセレクターに取り換えた。






コインカウンターを1つにして配線もシンプルに。

側面の鍵は配線は外したけどそのまま存続。






こんな所に赤色の隠しボタンが!!

せっかくなのでクレジットボタンとして配線した(^^)






両サイドの麻雀パネルも取り外し、だいぶ雰囲気が変わってきた!






筐体レストアの見せ場、ストIIパネルの取り付けを行う!

ちなみにこのストIIパネルは、テクノポリスに奉公へ出した、YAZAWAテーブル筐体に取り付けてあったものw

コンパネのスピーカーも配線。






そしてJAMMAコネクターにコンパネの信号線を配線。






とりあえずストIIが遊べる状態に♪
動作確認にリュウでノーミスクリアを目指したが、ブランカにやられた(´・ω・`)






全く関係ないけど、今回この筐体を車庫の奥から引っ張り出したら、筐体の影から梱包されたままの箱が出てきて、中にはこんな味のあるコンパネが見つかった!

かなり前に落札したような記憶があるw

どの筐体に取り付けようか♪
また新たな楽しみが増えた(^^)







さて配線完了したストIIパネルの信号線だが、おもむろにぶった斬る!!






そしてコネクター(捨てようと思っていた汚い中古コネクターw)を介すことにより、コンパネを筐体からハンダ作業不要で取り外し可能にしておく。

ストIIパネルはデカイので運搬時に取り外し可能にしておけば、狭い通路や階段も心配無用!






レストアもいよいよ終盤に!

コンパネに貼り付けてあったスペースインベーダーDXの帯インストを剥がす。






帯インストの右に貼ってあった、YAZAWAシールも剥がした^^;

この後、コンパウンドで磨いたので、今は画像よりも綺麗になってます。






ちょうど両手の小指側側面とコンパネが触れる所に、シール剥がれとサビが発生している。

錆びたネジを外すのに苦労した(*_*;






サビ落としとか面倒なので、透明なテープを貼り付けて傷んだ部分を覆い、これ以上ダメージが進行しないようにした(^_^;)






開閉の必要は無いけど、下部の扉に新品の鍵を取り付ける。






2P側の麻雀コンパネを取り外したことにより開口していた部分に、塞ぎ板を取り付ける。






ストIIのインストとポップを飾り、正調なストIIテーブル筐体の完成!

作業時間は5時間くらいだったかな。

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 2   

カラオケ屋で基板を遊ぶ 

昨日はリサイクル業者が不用品を回収に来る日だったので、先日倉庫の整理で出た不要なダンボールや、金属類を回収してもらった。

エイトラインのコンパネ、コインセレクター、サターンのバーチャロンスティック、バーチャ2スティック、ドアが外れたテスタロッサのモデルカー、エアロシティの電源など。






夜はカラオケ仲間とうたスキ動画で盛り上がり、朝6時の閉店まで滞在^^;

JOYSOUNDのカラオケ機f1とテトリスのツーショットw

category: 日記

TB: 0    CM: 2   

札幌から来たテーブル筐体のレストア☆その1 

2007年の11月にヤフオクで入手したものの、梱包も解かずに5年半も車庫に放置していたテーブル筐体の梱包を、やっと解いてみた(;´∀`)






出品者は北海道札幌市の人だった。
ダンボールを幾重にも重ねつつ、隙間には新聞を丸めた物が詰めてあり、未だかつて無い厳重な梱包m(_ _)m






やっと姿が見えてきた(・_・;)





5年半ぶりにシャバの空気を吸ったテーブル筐体w





インストは「ロイヤルマージャン」
天板ガラスは透明タイプだから、大型のインストも欠けることなく掲示できる。






18インチのモニターには焼けは無く、筐体内部も綺麗で改造を繰り返した痕跡もなく状態は非常に良い。
筐体全体を見回してもくたびれた様子も無く、木目テーブル筐体の中でも後期に製造された個体と思われる。






下部のドアを開けたらモニター調整のツマミが並んでいた。
このタイプは画像を調整しやすくて使い勝手が良いんだよなぁ♪





足は一本タイプ。
二本タイプよりもレトロ感があって良い(^^)
側面にボタンがあったからサービスボタンに流用しようかな。






基板にはクレイジーコングで有名なファルコンのロゴが!





脱衣も無くシンプルなゲーム内容。






カラー表示のテスト目的でリアル麻雀牌牌を接続。
綺麗に表示されている(*´∀`*)






金庫の底にはタオルが畳んで敷いてあった。
金庫に硬貨が落ちる時の金属音を防止する目的なのか、他にも新聞紙やエアキャップが敷いてある筐体もあったなぁ。






薄汚れたタオルには「おおわに山荘」と書いてあった。






気になったのでググったら、おおわに山荘は青森県の施設で、3年前に閉鎖されたようだ……。
おおわに山荘HP


筐体の前所有者が青森県へ旅行に行った時におおわに山荘に立ち寄り持ち帰ったタオルなのかなぁ……。


このタオルが5年半も金庫で眠っていた間に、おおわに山荘は閉鎖されたんだなぁ……。





製造されてから長い間いろんなロケで使用され、縁あって俺の元に来た筐体達にも、それぞれ歴史があるんだよな。


つづく。

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 2   

倉庫の整理をしたら……。 

いらないダンボール箱とか不要なものを始末して筐体の配列を変えたら、倉庫がスッキリして少し広くなった(^^)




散らばっていたコンパネも棚に整理して並べた。




倉庫の奥に置いてあるテーブル筐体の影にダンボール箱が落ちていたので開けてみたら、行方不明になっていたセガのクレイジークライマーと、ロジテックのスペースインベーダーの基板が入っていた!


ちゃんと整理整頓しなきゃダメだなぁ(;´∀`)

category: アーケードゲーム

TB: 0    CM: 2   

14インチテーブル筐体「チャレンジガール」のレストア☆その1 

コイツも6年か7年くらい前にヤフオクで買って2P側の麻雀コンパネを取外したところでレストアを中断し、今まで放置していた筐体(^_^;)




古いタイプの麻雀コンパネが取り付けてある。




天板キーが側面に付いているという、古いテーブル筐体によくあるタイプ。





チャレンジガールという麻雀ゲームのインストが入っているが、筐体内は空っぽだった。
自分で基板を取り外したのか、元々入ってなかったのかよく覚えていない(・_・;)





とりあえず動作確認ということで麻雀ホットギミックを接続してみたら動いた。





2コネの麻雀仕様からJAMMA仕様に変更。
まずは電源ラインと映像ラインのみハンダ付けしてみる。




もじぴったんで動作チェック!
配線ミスは無く無事に動いた(;´∀`)




程度の良い14インチモニターを搭載しているらしく、映りはかなり綺麗(^^)





さてこのテーブル筐体、ここからどのように仕上げて行こうかな?
14インチモニターだから80年代前半のゲームで遊ぶと雰囲気出そう(*゚∀゚)


縦画面にしようか?横画面にしようか?

どんなコンパネを取り付けようか?

垂直パネル?水平パネル?

どんなゲーム基板で遊ぼうか?


仕上がり具合を色々と考え想像するのは非常に楽しい(*´∀`*)



その2へつづく。

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 0   

5台目と6台目も現役復帰! 

レトロアーケードゲーム展示会終了後も10日間ほどテクノポリスで稼働していた4台の筐体。




昨夜のうちに全て引き取り持ち帰る予定だったが、コンソレット18を見て懐かしがるお客さんが多いと店長さんから伺ったので、コンソレットは現役続行させて、ゼビウスを入れていた14インチのテーブル筐体とディグダグを入れていたミニミニアップライト筐体のみを引き取ることした。



そして入れ替えとしてレストアが終わった18インチのテーブル筐体にスーパーゼビウスを組み込んだものと、18インチのハーフテーブル筐体にアルカノイドリベンジオブドゥを組み込んだものを設置させてもらうことに(^^)






今回もM君の協力を得て、手慣れた手付きで2台のテーブル筐体をbBに積み込み長岡へ向け出発w






途中スターフィールドに寄り道したら、ビューリックス筐体のスターブレードは無くなっていたが、ジャッキーチェンの対戦台があったww




ブラストの中に16:9の液晶モニターが組み込まれた筐体も。




DVD麻雀も元気に稼働中w





そしてテクノポリスに到着。
ダーツもできるバーラウンジでテーブル筐体が稼働していた(^^)




トイポップはお店のストIIダッシュに交換されていた。
ラウンジの雰囲気にテーブル筐体が溶け込んでいた(^^)




ゲームコーナーではコンソレットとミニミニアップライトが稼働していた(^^)
我が家の車庫の2階でほとんど遊ばれもされずに数年間放置されていた筐体とは思えないほどの勇姿(*^^*)




14インチゼビウスを撤去し、18インチスーパーゼビウスを設置。




18インチハーフテーブルのリベンジオブドゥも試運転完了。




やっぱりゲーセンで働くテーブル筐体ってカッコイイなー☆




次はどれをレストアしようか。

category: オールドアーケードゲーム展示会

TB: 0    CM: 0   

18インチ「YAZAWA」テーブル筐体のレストア☆その2 

先日に引き続きコンパネと筐体の配線を行い、2P側の配線も完了。

ちなみに筐体のスピーカーの配線を外し、コンパネの中にあるツインスピーカーから音が出るように配線した。

ニューラリーXを繋いでみた。


サンワのコンパネはレバーガイドを回転させて4方向と8方向の切り替えを行うが、4方向の時の操作性がイマイチだなー。

部屋に置いてあるテーブル筐体のサンワのコンパネもそうなのだが、ドラゴンバスターの2段シャンプが成功しにくいんだよね(´・ω・`)

この筐体にはドラゴンバスターとニューラリーXを2in1で組み込むつもりだったが、ドラゴンバスターに不向きだから予定を変更して8方向レバーのゲームとして使うことにした。



コインセレクターを新品のものに取り替え、
画面を縦に変更して、スーパーゼビウスを接続してみた。




数年間梱包を解かずに放置していたことによる、テーブル筐体にこびり付いたガムテープのノリを、テープ剥がしスプレーで綺麗にする。




天板ガラスを外しエスカッションを縦画面位置に変更。




ゼビウスのインストを設置。
左のYAZAWAシールは剥がさずに残したw




しかしYAZAWAシールが見えたままなのも変なので、ゼビウスのパンプレットの縮小カラーコピーを設置した^^;

これにて18インチ2レバー6ボタンテーブル筐体のレストア終了。





レストアが完了したこのテーブル筐体、さっそくテクノポリスに奉公へ出すことにした。

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 0   

オールドACゲーム展☆その後 

長岡市のゲームセンター「テクノポリス」で行われた「オールドアーケードゲーム展示会」(リンク先参照↓)

オールドACゲーム展をやってよかった!

に貸し出した4台の筐体をテクノポリスへ引き取りに行ける日は、展示会が終了した5月1日から10日後の5月11日なので、それまでの10日間の延長稼働をこちらから申し出たところ、テーブル筐体はバーラウンジに、コンソレットとミニミニアップライトはゲームコーナーに別れて設置され、好評を得ているらしい(^^)


以下はテクポリさんのツイートのスクショ。



自分の筐体がゲーセンで現役復帰している画像を見ると顔がニヤけるww



残機がスゴイことに!
このプレイヤーさんはカンストできたのかな(^^)?



トイポップが得意な人と同時プレイしてみたいなぁ!



ダッシュパネルのレバーのメンテナンスをして頂きました\(^o^)/



コンソレットはレバーに加えて画質調整まで(^^)






そして今日は5月11日、これから筐体を引き取りにテクノポリスへ向かうわけだが、なぜか車にテーブル筐体を載せて出発w

category: オールドアーケードゲーム展示会

TB: 0    CM: 0   

18インチ「YAZAWA」テーブル筐体のレストア☆その1 

14インチタイトーテーブル筐体のレストアと並行して、18インチ「YAZAWA」テーブル筐体のレストアを開始。




この筐体は6年くらい前にヤフオクで入手したものの、動作チェックはおろか梱包も解かずに車庫の1階のテーブル筐体群の中に埋もれていたもので、現在長岡市のテクノポリスに貸し出しているストIIダッシュコンパネのテーブル筐体の奥に置いてあったせいもあって、この筐体の存在自体忘れていた^^;

テーブル筐体を貸し出したことにより車庫のスペースが空いたので、この筐体を引っ張り出してレストアすることにした。





ストIIのコンパネが取り付けてあり、スペースインベーダーDXの帯シールが貼ってある。
コンパネは一部にラベル剥がれとサビがある(´・ω・`)

ちなみに筐体にはメーカー名などは書いてなかったが、モニターには昭和58年の日付入りの検査シールが貼ってあった。




コンパネには「YAZAWA」のシールもw




インスト表示部にも「YAZAWA」がww




2P側の塞ぎ板に開いている穴を塞ぐように「YAZAWA」シールがwww
前所有者は矢沢永吉の大ファンなのだろうかw



コインセレクターは返却レバーを横にスライドさせるタイプ。
100円玉仕様だが動きが悪く交換が必要。




基板はスペースインベーダーDXが入っていた。




筐体に初めて電源を入れた時、モニターの映りに不具合があって、まるでデジカメがピント合わせに苦労しているかのような感じに、ピントが合ったりボヤケたりを繰り返していた(´・ω・`)

モニター不具合の対処方法はよく分からないし、下手にいじって感電するのも怖いので困ってしまったのだが、モニターをよく見たらネック基板?が外れかかっていたので、電源を切ってからゴム手袋をして基板を押し込んだらピンボケ症状が改善された\(^o^)/






ストIIコンパネはインベーダーから格闘ゲームまで幅広くカバーできる利点があるが、昭和生まれのテーブル筐体と平成生まれのストIIコンパネの組み合わせではレトロ感が減少してしまうので、昭和時代のゲーセンに置いてあったテーブル筐体感を出す為にコンパネを交換することに。




ストIIコンパネの代わりに取り付けるコンパネがこれ。
以前ヤフオクで入手したsigmaの表記がある、サンワの2レバー6ボタンコンパネ。




ボタンが不足していたので、手持ちの中古ボタンを使ってアストロコンパネ的な色使いに。
昭和っぽさは若干減少するけどね(;´∀`)
ちなみにコンパネにはツインスピーカーが内蔵されていた。




ファストン端子の配線が施されていたので、ハンダゴテを使用せずにボタンの交換が行なえて楽だった♪




コネクターを介して筐体とコンパネを接続すべく、ハンダゴテを使って配線作業を行う。

何本ものコードの皮を剥き、銅線をねじり予備ハンダを載せてハンダ付けをするという、地道な作業(;´Д`)




スペースインベーダーDXのテストモードを使って、コンパネの配線を確認した。

1Pの配線が終わったところでこの日の作業は時間切れとなった。

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 0   

カプコン☆ミニキュート 

テーブル筐体やアップライト筐体など、中古のアーケードゲーム筐体を合計で20台くらい所有しているけど、このミニキュートは新品(新古品)で買った唯一の筐体。






1996年の春頃に複数の基板屋で新古品のミニキュートが販売されたことがあった。

俺はタイムマシンで25000円?で買ったけど、他にはトライなどでも販売していたと記憶している。

なかなか新品の筐体が格安で買えることは少ないと思うんだけど、この時期に複数の基板屋から一斉に新古品のミニキュートが販売された経緯として、カプコンの倉庫で不良在庫になっていたミニキュートを、カプコンが各基板屋に払い下げた為だと、どこかで聞いたような覚えがある。

俺が入手した黄色のミニキュートは、カプコンのダンボールに包まれて届き、インストボードには、スーパーストIIのインストが挟まれたままの状態だった。


恐らくこのミニキュートは、未使用のままスーパーストIIの基板を組み込んだ状態で何年か倉庫で眠っていたのではないかと思われる。

コインカウンターも0の前の段階(99978みたいな数字)だったし。

だからこのミニキュートはロケでは未使用の新品だと思われる。

時々ヤフオク!で状態が良いミニキュートが出品されて10万円以上で売買されているが、それらの綺麗なミニキュートは俺と同じ経緯で入手したものなんじゃないかな。

ちなみにスーパーストIIの取扱説明書も筐体内に残された状態だったが、さすがにスーパーストIIの基板は入ってなかった^^;






コイン投入口とコントロールパネル。
ミニキュートのコントロールパネルはスタートボタンの位置が悪く、プレイ中に1プレイヤーの右手がスタートボタンに不意に触れてスタートボタンを押してしまい、クレジットを無駄に消費してしまうことがある(´・ω・`)

コンパネの裏面の鍵を2箇所開けて筐体内の「ネジを外す」とコンパネが開き、レバーやボタンのメンテナンスが行える。

この「ネジを外す」という作業は取扱説明書に書いてなかったので、コンパネの裏面の鍵を回してもコンパネを開けることができず苦労した記憶が(*_*)






両側面には大きなCAPCOMのロゴステッカーが貼ってある。






右側面の上下に鍵があるが、俺は上の鍵を外して鍵穴にボタンを無理矢理はめ込み、クレジットボタンを増設している。






背面。
運搬時に便利な取っ手がある。






背面下部。
凹んでおり電源コードを収納できる。






側面下部。






全面扉を開けたところ。
筐体自体はコンパクトなものの、扉を開ける時には手前と左側にそれなりのスペースを要する。
モニターは18インチ。






音量ボリュームが付いており結構便利。






基板収納庫を開けたところ。
基板は扉の内側の板に固定する。






スイッチング電源があるだけのガラーンとした空間。






金庫を開けたところ。






コインレールとコインセレクター。
平成5年(1993年)10月12日の検査印がある。





モニター下部には調整つまみがある。
もちろん縦画面に変更可能。





スピーカーは2つ付いているが標準ではモノラル配線。





取扱説明書。


















筐体内にこんな紙が入っていた。


(株)ワコーでググったら、ゲームに限らず金属製の筐体を作る会社らしい。



まとめてみるとこのミニキュートは(株)ワコーを1993年9月30日に出荷され、10月12日にカプコンで動作チェックされ、11月発売のスーパーストIIを組み込まれ出荷待ち状態になったものの、そのまま出荷されず倉庫で2年半くらい眠り、1996年の春頃に中古基板業者に払い下げられ、6月に俺が買ったという流れかな。



ミニキュートではほとんど遊んでないので、コンパネに物がぶつかったことによる?若干の塗装ハゲがあるものの、今でも新品同様のコンディションを保っているので、大切に保管しつつお金に困ったらヤフオクで売ろうかなw





2013/6/30追記
コンパネの開け方について質問があったので、写真付きで解説します。


まずコンパネの下部の鍵を2ヶ所回します。






筐体のフロントドアを開き、コインレールの左右辺りにあるネジ(画像の赤丸のネジ)を2本外します。






そしてコンパネを手前に回転させれば、レバーやボタンのメンテナンスを行えます。

category: 所有筐体

TB: 0    CM: 9   

タイトー14インチテーブル筐体のレストア☆その1 

5年か6年くらい前にヤフオクで買った、タイトーの14インチテーブル筐体のレストアに着手。




買った時にはタイトーの「THE・PIT」というゲームが純正インスト付きで入っていたが、ヤフオクで売った。

この筐体、出品されていたのはアーケードゲームのカテゴリーではなく、アンティーク品のカテゴリーだったためか、状態良好のレア筐体にしては入札者が少なくて、想像していた価格より安く買うことができた(^^)



左側面。



右側面。






1P側のコンパネ。
外観の痛みは無く非常に状態が良い。
昭和レトロなデザインがΣd(゚∀゚d)イカス!



「発射ボタン」のところはシールになっている。
シールの下の文字が気になるが剥ぎたくない^^;





2P側のコンパネ。
こちらは「発射ボタン」のシールが剥がれかかっていたので剥いでみたら「回転ボタン」と書いてあった。
1レバー1ボタンで操作するタイトーの1980年頃のゲームで「回転」操作があるゲームって何だろう?

コンパネの保護シートがまだ貼ってあるという極上な状態をキープしている!






金庫に取り付けてあるコインカウンター。
売上金の集計に便利そう!






内部の様子。
モニターフレーム的に縦画面専用らしい。




日立の14インチモニターを搭載している。
焼けはない。




モニターを持ち上げた様子。
画質調整もコンパネのメンテもモニターを持ち上げなければできないという不便な作り(´・ω・`)




モニターを固定していたネジはスピーカーにくっつけておくと便利(^^)






2P側のコンパネのレバーがガタガタしていたのだが、その原因はレバーを固定するナットが4個中3個外れていたからだった(・_・;)

筐体内に1個落ちていたので不足の2個をストック部品から探し出してレバーを固定した。

1P側のレバーはしっかりとネジ止めされているのだが、2P側とは違う感じのガタつき?レバーの遊びが大きい?みたいな不具合があるので、使用頻度が低い2P側のレバーとの交換も考えたのだが、交換にはモニターが邪魔になり、下手にいじって貴重な14インチモニターが壊れたり感電したりしても嫌なので、レバーのガタつきは個性だと割り切り諦めることにした(´・ω・`)


昔は1ゲーム1筐体みたいな使われ方がメインだったのか、あとで基板を入れ替えるとかモニターの縦横変換とかレバーの方向ガイドの交換とか、一切考えていないような作りの筐体(;´∀`)





筐体内で100円発見!



以前も筐体の金庫やコインセレクターに詰まった数枚の100円玉を発見し、思わぬ小遣いをGetしたことがある(^^)v






コネクターはTHE・PIT配列なのでJAMMA変換ハーネスを作成しなければならない。←この作業が嫌でレストアを数年間も先送りにしていたw



頑張ってハーネスを作った!




とりあえず安い基板のもじぴったんで通電確認。
色が変だがもじぴったんの元々の色がよく分からない^^;




そばにあったパックマニアを繋いでみた。
ハーネスを確認してみたら赤と青で誤配線があった^^;




これで配線的にはオッケーなのだが、モニターのつまみを回して画像の調整しても、滲みっぽい感じは変わらず、納得の行く画像にはならなかった(´・ω・`)

古いモニターだけにつまみの数も少なく、組み込む基板を選ぶ筐体となりそう(*_*)

いろんな基板を繋いでみたが、カラフルな画面を表示する基板には不向きなモニターなのかもしれない。




ジクザグは良い感じに映った。




インベーターなどの黒バックのゲームに使用するのが良いかもしれない。






どの基板をつないでも音が鳴らなかったので調べたら、12Vのヒューズが切れていたので交換したがそれでも鳴らず。

筐体のスピーカーの配線を外し、予備のスピーカーに配線してみたがそれでも鳴らないので、どうやらコネクターとスピーカーを繋ぐ線がどこかで断線?してるみたい。

断線箇所の特定も面倒くさいので、コネクターからスピーカーへの線を新たに配線したかったのだが、この日は作業は時間切れのため、続きはまた後日行うことに。

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 0   

オールドアーケードゲーム展示会への道のり 

新潟県長岡市のゲームセンター「テクノポリス」で、2013年4月29日から5月1日の3日間に行われたイベント、「オールドアーケードゲーム展示会」に、俺が所有している18インチテーブル筐体、コンソレット18、14インチテーブル筐体、駄菓子屋ミニミニアップライト筐体の合計4台を展示稼働させてもらった!!






今回のイベントでは、基板や筐体の持ち込み歓迎とのことだった。


俺が買い集めたテーブル筐体などを自分で遊ぶばかりではなく、当時を知るゲーマーに触れてもらって懐かしさを共有出来たらいいなぁ!と以前から考えていたので、良いチャンスだと思い協力を志願した。


自宅からテクノポリスは車で40分くらいかかるので、筐体の持ち込みは1台にしようかと思ったんだけど、コンソレット18かテーブル筐体のどちらか1台に絞ることができなくて、2往復して2台運ぶことにした^^;





4月26日の夜、まずは18インチのストIIダッシュコンパネのテーブル筐体のコインセレクターを、営業使用出来る良品の100円玉用コインセレクターに付け替え、父親に手伝ってもらってbBに載せ1人で持って行った。


この筐体は車庫の1階に置いてあったので車に積むのは簡単だった。


搬入後には俺と店長さんと店長さんの友人とお客さんの4人でレトロゲーム談義で盛り上がった(^^)





翌日の4月27日の20時、車庫の2階に保管してあるコンソレット18を友人M君に協力してもらい搬出することに。



とりあえずはコンソレットの最終確認をと思い、組み込む予定のスプラッターハウスの基板を起ち上げてみたら、画面に白いノイズのようなものが表示されるという事態に!!


特に筐体を叩いたりコンパネを叩くとノイズが入る(*_*;


他の基板に取り替えてみても同じ症状が現れたので、筐体内の配線かモニターの不具合のどちらかだと確定。


しかし色々とやってみたけど原因が分からず(´・ω・`)


イベント開催に間に合うようにテクノポリスへ筐体を搬入できる日は、仕事の都合上今夜のみだし、しかもテクノポリスの閉店時間の24時までには筐体を届けないと迷惑になるので、あたふたするやらイライラするやら(-"-)


テクノポリスまでは車で片道40分かかるから遅くても23時には出発したい!


でもノイズの原因が分からないし、いくら古い筐体だとしても、画面の不具合が出ている状態では、展示稼働は無理だと思い、今回の展示は諦めかけた。


しかし、コンソレット18に搭載されているモニターと同じモニターフレームに組まれた18インチモニターのストックがあったことに気づき、RGBの信号をストックのモニターに流してみたら、ノイズもなく表示された!!



ノイズの原因はモニターだったようだ。


とりあえず代替えのモニターを筐体に載せてみて筐体とモニターの固定に問題ないことを確認し、再度モニターを外してから筐体とモニターを別々に2階から階段で1階へ下ろした。





そしてモニターが無く軽い状態のコンソレットを、bBの折り畳んだ後部座席の上に横方向の仰向けで載せてみた。


すると荷室にもう1台テーブル筐体を載せられるスペースがあることが分かった!


その後コンソレットを車から下ろしてモニターとスプラッターハウスを取り付け、再度車載(*_*;






そして車庫の2階のテーブル筐体の中から、14インチモニターを搭載したテーブル筐体を選んだ。



基板はゼビウスをチョイス。


理由は前日テクノポリスで店長さん達と閉店後にレトロゲーム談義をしていた時に見せてもらった映像で、ゼビウス作者の遠藤氏がテーブル筐体でゼビウスをプレイしていた映像を見たので、ゼビウスこそテーブル筐体にふさわしいなぁと思ったから(^^)


急いで1P側のコンパネを取り付け、コインの通りが悪いコインセレクターを新品に取り替えようとしたのだが、ナットがなかなか外れず苦戦(*_*;


2人がかりで何とか外して交換出来たのだが、2P側に付いている1ボタンコンパネをゼビウスをプレイする上で必須である2ボタンコンパネに取替える時間が無くなってしまった(;_;)


テーブル筐体といえばアップライト筐体では味わえない、2P側の画面反転をプレイヤーに体験してもらいたかったのだ。


しかしタイムアウトで泣く泣く断念(´・ω・`)


そして車庫の2階から2人でテーブル筐体をゆっくりと慎重に下ろした。


一歩間違えば大ケガに繋がるので(・_・;)


コンソレット18に加えテーブル筐体も積無事ができた(;´∀`)



急ぎながらも筐体への振動を抑えつつ運転してテクノポリスを目指す。





テクノポリスに到着したら店長さんと店員さんが会場作りをしていた。


翌日は早番だったので2台の筐体を預けて早々に自宅へ帰った!






そして4月29日、レトロアーケードゲーム展示会が始まった。


その日の夜、M君とK君を乗せてテクノポリスへ行くことにしたのだが、後部座席に2人が乗っていても駄菓子屋ミニミニアップライト筐体なら荷室に載せられるなぁと思い、29日の日中にミニミニアップライト筐体が稼働できるようにレストアすることに。



内容としては壊れているコインセレクターの交換と金庫の整備と筐体外観の整備。


しかしこれまた一筋縄ではいかず、コインセレクターを留めているボルトナットが錆び付いていて手持ちの工具では外せなかった。


必要な工具を買ってきて、ボルトをペンチで強力な力で挟みながら、錆びたナットをゆっくりと回した。


ボルトも回ってしまったり苦労したが何とか4つのナットを外すことに成功。



その他の整備も終え、取り付ける基板はペンゴも考えたのだが、ディズニー映画シュガーラッシュに出演を果たしたディグダグをチョイス。


あと手持ちの基板も何枚か用意して、20時にミニミニアップライト筐体と2人を乗せてテクノポリスへ向かった。


到着後ミニミニアップライト筐体も追加して、俺が買い集めた4台の筐体が、長いブランクの後に再びゲームセンターで営業使用されている勇姿を目の当たりにする事ができた!!








いや~大満足というか、長年の夢が叶った瞬間でした(・∀・)





ストIIダッシュは通信対戦台でも稼働してありダブってしまったので、持参した基板の中からトイポップと交換して稼働させた。



ゼビウスを外してスクランブルもプレイしてみた(・ω<)






ゲームセンターあらしのインベーダーキャップを被り、持参したパレードジュースと昔のパッケージのベビースターラーメンをテーブルに置いて昭和の雰囲気を醸し出しつつゼビウスをプレイする俺ww







俺のゲーム以外でもいろんなレトロゲームや、高田馬場ミカドで話題の「キメラビースト」の出張稼働や、ポスターやNGなどのアイテムも展示されて、至福の刻を過ごさせてもらった。











会場では基板を持ち込んだ方やポスターを持ち込んだ方とお話させてもらったり、新たな繋がりもできて嬉しかった(^^)


またこのようなイベントがあったらぜひ参加やら協力できたらと思う(^^)

YouTubeに会場の様子をアップしました。

category: オールドアーケードゲーム展示会

TB: 0    CM: 0   

こたつの上のアーケードゲーム 

マンションは狭いので筐体はおろか基板さえ置いてなかったのだが、どうしてもやりたくて実家から持ってきた^^;



パチンコ機抜き取り7インチワイド液晶モニターでリベンジオブドゥ。



タッパを加工した手作りコンパネ。



普通のゲームは加工したスーファミのコントローラで操作。
モニターよりインストの方が大きいw






XRGB2経由でリビングの40インチのテレビに基板を映そうとしたら相性が悪いのか映らなかったので、寝室の32インチのテレビに映してみた。



V_LINEがオフだと綺麗ではあるがドットがくっきりとしたエミュっぽい映り。



V_LINEをオンにすると擬似的に走査線を表示することができて、ブラウン管っぽい映りになる(^^)

category: アーケードゲーム

TB: 0    CM: 2   

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード