テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

俺の基板がこんなに動かないわけがない 

勧められたので買ってみた。






俺は基板のハードウェアに関しての知識が全く無く、基板の動作がおかしくなった場合はROMを押すとかケーブルを挿し直すなど手段しか知らない状態なので、基板の故障にも色々種類があること、原因も多々あることなどを、この本を読んで知ることができた。


ただ、機材も部品も知識も無い自分が、本の記事を参考に基板の修理を実践するという所まではさすがに出来ないので、ジャンクとなってしまった基板をゴミとするのか、修理依頼するのかなどの判断材料として、この本を活かしていこうと思う。





ちなみに基板のことを1人でコツコツやってこれたのはこの本のおかげ↓




懐かしい基板屋の名前が。







このページとか参考になったなぁ。







1989年当時の価格表。

システムIのROM安いなー!
スポンサーサイト

category: アーケードゲーム

TB: 0    CM: 0   

ゼビウスとバトルスとゼビオス 

ゼビウス、スーパーゼビウス、スーパーバトルス(コピー基板)、ゼビオス(コピー基板)を持っているので比較してみた。






●まずはインストの比較。


ゼビウスのインスト。

ナムコの1981~1985年くらいの間に出たゲームは、大と小の2種類のインストが存在する。





バトルスとゼビオスのインスト。

バトルスのインストの形状は、ジグザグ、ギャラッグ、カーアクションなど、他のコピー基板のインストでもよく見かける形である。




バトルスのインストはイラストがゼビウスに比べて簡素化されている。

「浮遊要塞」としか書かれていない。

「コア」を「エア」と誤字しているww

いやいや!バトルス的にはコアをエアと呼ぶのかもしれないなw




ゼビオスのインストのイラストは、オリジナルに似ているし、レイアウトもオリジナルに近い。

バトルスと違いシッカリと「浮遊要塞アドーア・ギレネス」と書かれている。

アドーア・ギレネスは後にアンドアジェネシスに改名されたとのこと。






ついでにゼビウスの説明書。

基本的にオペレーターしか目を通さないはずだが、キャラクター名など詳しく掲載されている。












メンテナンスに必要な筐体の仕様なども詳細に掲載されている。




ゼビウスのディップスイッチ表のページの基板のイラスト部分をカットして、ゼビオスのコネクター表に差し替えている。

どこかの基板屋の仕業だなw



ちなみにディップスイッチ表には掲載されていないが、ディップスイッチBの6と7の組み合わせで、難易度調整が可能である↓

スイッチB

難易度┃ 6 ┃ 7
━━━╋━━╋━━
標 準┃OFF ┃OFF
簡 単┃O N ┃OFF
難しい┃OFF ┃O N
超 難┃O NO N





ついでにゼビウスのパンフレットのカラーコピー。

三つ折り両面印刷で上段が外面、下段が内面。

先日ヤフオクで40000円近い価格で取引されていた(@_@;)




純正テーブル筐体の写真も!






●基板の比較。

ゼビウスの基板。
表面。




裏面。





スーパーゼビウスの基板。
表面。




ゼビウスとスーパーゼビウスは、ROMのXVI-1からXVI-6までの6個のROMが違う。

純正のスーパーゼビウスのROMには「SXVI」と印刷されたシールが貼ってあるらしいので、このスーパーゼビウスのROMはコピーROMだと思われる。




裏面。
ゼビウスと同じ。






スーパーバトルスの基板。

大きさの違うボードの2段重ねである。

この基板はバトルスというゼビウスのコピー基板に、スーパーゼビウスのROMを載せたもののようである。




ゼビウスの基板と比較すると結構大きい。






ゼビオスの基板。




ゼビオスとスーパーバトルスを並べてみた。

両者とも全く同じ作りの基板である。

この2枚の基板、今まで別々に保管していたし、ハーネス無しで買ったゼビオスのハーネス作りが面倒で、購入後数年間今日まで放置していたのだが、スーパーバトルスのハーネスを使って、やっと動作確認できそうだ(^^ゞ




基本的には同じ作りの基板だが、GNDのパターンに僅かな違いがあったりで、製造元は違う?ようだ。

どちらかがどちらかをコピーしたのではなかろうか?






●ツッコミどころ満載のタイトル画面の比較。

ゼビウス




スーパーゼビウス




スーパーバトルス


ロゴの枠、ゼビウスの枠のままではなく、わざと?変えてあったのかw

ドットの処理が汚いしww

(C)マークとnamcoロゴは消されている。

ちなみに本来のバトルスではコピーライトに関する3行の表示は出ずに、「1 9 8 3」という、文字間隔が開いた年号が表示されるようであるw

ギャラガやディグダグのコピー基板もそんな表示なんだよな。

同じ業者が作ったのか、真似たのか不明w



ゼビオス


XEVIOUSのロゴからUを上手く抜いたように見えるけど、よく見るとUの影だった部分が残ったりしていてドットの処理が汚いw

ロゴの横幅が短くなった分、配置のバランスが悪くなり、右のスペースが気になる。

1980 WATSONってwwゼビウスより早い発売でウチが元祖だ!と言いたいのだろうか( ゚д゚)?



ちなみにスーパーゼビウスとスーパーバトルスの年号表記はこう言うことらしい↓


タイトーもちゃっくんぽっぷなど一部のゲームにこの表記使ったよなー。





●デモ画面の比較。

ゼビウス


タイトル画面でもデモ画面でも、同じ位置に同じようなロゴが表示されていることで、ゼビウスのロゴが焼き付いたブラウン管が大量に発生したんだよな。

ゼビウス焼けはナムコ直営のゲーセンでよく見掛けた。



スーパーゼビウス




スーパーバトルス


ゼビウスでの反省点だったロゴの焼付き問題を解消するため、バトルスのデモ画面ではロゴを非表示にしたらしい(大嘘)



ゼビオス


ゼビウスでの反省点だったロゴの焼付き問題を解消するため、ゼビオスのデモ画面ではロゴ…以下略




●ランキング画面。

ゼビウス




スーパーゼビウス


ゼビウスとは異なる。



スーパーバトルス


スーパーゼビウスと同じ。



ゼビオス


ゼビウスともスーパーゼビウスとも違う名前。

コピー基板の製造に携わった面々か?ww





●海賊版対策。

ゲームスタート後すぐに一番右へ移動し、特定の場所にブラスターを撃ち込むと表示される。

ゼビウス




スーパーゼビウス


ゼビウスとは内容が変わっている。



スーパーバトルス


スーパーゼビウスのロムに交換さている為か、スーパーゼビウスと同じ文字が表示された。

ちなみに本来のバトルスでは「Please enjoy this GAME!」と表示されるようである。



ゼビオス


ゼビウスの作者、遠藤氏が仕掛けたトラップにまんまとハマり、「デッドコピー品」だと自ら名乗るゼビオスww





各基板の比較はここまでとして、俺が通っていたゲーセンにもゼビウスは設置されていたような気がするが、ゲーセンではほとんどプレイせずに、ファミコン版で無敵コマンドを入れて遊んでいた(^^ゞ

スーパーゼビウス、セビオスは見たことさえ無かった。

そしてバトルスにはこんな想い出が。



昭和時代、新潟県弥彦村の「弥彦山(標高634m、東京スカイツリーと同じ)」の山頂のゲームコーナーにテーブル筐体のバトルスは置いてあった。

隣にはポールポジションを筐体ごとコピーした「トップレーサー」も置いてあった。

道路脇の看板が国旗だったからハッキリ覚えているw



初めて見たのは小学生の頃で、町内のPTA行事で弥彦山登山が毎年あり、その時に見つけたんだと思う。

当時は、コピー基板という存在自体知らなかったから、バトルスのインストや画面を見て、そんなバージョンがあるのか!くらいにしか思わなかった。

それにそのバトルスはボタン1つでザッパーとブラスターが撃てたのを覚えているw

それはボタンが1つだけのコンパネだったから1つのボタンに両方配線したからなのか、2ボタンパネルだったものの、ボタン1とボタン2の配線を間違ってショートさせていたのかまでは覚えていないが^^;

だからボタン1つでザッパーとブラスターが撃てるバージョンがバトルスなのかなぁ?なんて思ったりもしていた。



そんなバトルスが欲しいなぁと思っていて、バトルスを入手したのだが、上記の通り「スーパー」バトルスだった(´・ω・`)

これはこれでレアなのかもしれないが、どうしてもバトルスを見てみたくて考えてみた。

このスーパーバトルスの基板は、バトルスの基板のROMの一部を、スーパーのROMに挿し替えたものと思われる。

基板を確認すると、ROM1~6のシールは他のシールと異なっていることもそれを裏付けている。



それならスーパーのROMを外し、ゼビウスのROMに挿し替えたら、バトルスに戻るのではないかと?





そこでスーパーバトルスのROM1~6と




ゼビウスのROM1~6を外し




スーパーバトルスの基板にゼビウスのROMを挿してみた。






そしてスイッチオン!





あれ?

テストモードに入り、SOUNDが鳴り出した(´・ω・`)




残念ながら思い通りにはいかなかった……。





では、スーパーバトルスから外したスーパーなROMを、ゼビウスに挿してみたらどうなるのか?





スーパーゼビウスとして起動した!



なぜ反対は上手くいかないんだよ\(◎o◎)/





ついでにゼビオスの基板にスーパーなROMを挿してみた。

スーパーゼビオスを期待したが、スーパーゼビウスとして起動した(_ _;)






なんとしても純粋なバトルスが見たくて、今度はゼビオスのROMをバトルスに挿したらどうなるかやってみた!





電源を入れ、タイトル画面が出るまでの約10秒間、ドキドキしながら待った!










そして出てきた画面がコレ↓














バトルスならぬ「バトル」www


省かれたUの分、ロゴの横幅が短く表示されるゼビオスを特性が加わった為、BATTLESの「S」が表示できなかったと思われww






残念ながら「バトルス」は見れなかったが、「バトル」を見ることができて少し嬉しかったw





最後に、バトルスとゼビオスは、タイトル画面の変更以外、ゲーム内容やBGMはゼビウスと同じ。

しかしゼビウスでは地上物破壊音、ソルバルウやられ音は同じ音のようで微妙に異なるのに対し、バトルスとゼビオスの地上物破壊音、ソルバルウやられ音は共通の音で、尚かつゼビウスのそれとは異なる「バーン!」という大きな爆発音に変更されている。

クレジット投入時にも同じ「バーン!」という音が鳴る。

「バーン!」が確認できる、片手で撮影した下手くそな動画w↓






いつか「バトルス」手に入れて、ザッパーとブラスターがボタン1つで出るように配線したテーブル筐体でプレイしたい!

category: 純正基板VSコピー基板

TB: 0    CM: 8   

こんな筐体を作ってみたい2 

駄菓子屋アップライト筐体「アウトラン」






昔システムIIIで買った、国内版アウトラン。

電池付きなのでいつか動かなくなるのだろうか(´・ω・`)?






プレステ、サターン、64対応のハンドルコントローラー。

改造すれば使えそう。






マーキーもあり。






問題はハンドルコントローラーの固定方法かな。

激しく動かすハンドルだから、しっかり取り付けないといけないし。

ウェック・ル・マン24と2in1出来たら最高だなー!

category: アーケードゲーム

TB: 0    CM: 0   

2013/7/25の夕食 

職場の人から教えてもらった、卵かけご飯で作るお好み焼きを作ってみた。





卵かけご飯に干しエビを入れる。

俺の分だけは98円で買った牛スジとこんにゃくの煮物のレトルト食品も混ぜてみた。






キャベツと豚肉を乗せて焼く。






焼き時間をミスり真っ黒に(´・ω・`)






2枚目以降は上手く焼けた!






ニンジン、玉ねぎ、さつま揚げ、モヤシ、ニラ、ブロッコリーの炒め物。

この日の職場の朝食のメニューを参考に作った。

適当に作ったにしては美味しかった。





群馬県産1本98円のトウモロコシ。

メチャクチャ甘かった!





コンソメスープには仕上げにカレー塩を少し入れたら美味しく出来た。

ウインナー、キャベツ、モヤシ、ブロッコリー入り。






卵かけご飯のお好み焼きは焼きおにぎりの香ばしさもあって美味しかった。

category: 料理

TB: 0    CM: 0   

またテクポリに筐体を運んだ 

7月31日から8月4日にテクノポリスで行われる「レトロアーケードゲーム展示会2」で展示稼動させてもらう筐体を、先日さらに5台運んだ時の様子。





助手席のシートを前にスライドさせて背もたれをフラットに、後部座席のシートを後ろにスライドさせて左後部座席の背もたれを前に倒す。






段ボールシートを2枚重ねて敷き、ヨコ画面アップライト筐体を仰向けにして載せる。






上の段ボールシートを引っ張り、段ボールシートを滑らせてダッシュボード付近まで筐体を移動。






霊柩車に載せた棺ではありません^^;






右後部座席にミニミニアップライト筐体を載せる。

ここまで俺ひとりで出来た!






「ドラゴンバスター・魔界村テーブル筐体」を二人がかりで載せる。






3台の筐体をbBに載せることができた!






約40分かけてテクノポリスへ移動。






運転席から助手席を見たところ。






無事にテクノポリスに到着し、店員さん、たまたま居合わせたりょちーんさんから手伝ってもらい、筐体を降ろした。






そして40分かけて自宅へ戻り、2往復目の準備^^;






さっきと同じ要領でヨコ画面アップライト筐体を載せる。






源平テーブル筐体を載せて出発!






無事にテクノポリスに到着(^^)






前回のレトロアーケードゲーム展示会以降、そのままテクノポリスで稼動している3台の筐体の働きっぷりも見てきた。

コンソレット18 スプラッターハウス






ストIIダッシュパネルテーブル筐体。






サンワパネルテーブル筐体。






搬入した筐体の仮置き場の様子。

テクノポリスは元映画館の建物を利用したゲームセンターで、ここは上映ホールへ通ずる通路で、奥の扉の先の上映ホールは、今では貸ホールになったいて、様々なイベントで使用されているらしい。






裸電球2個に照らされた通路に並ぶレトロな筐体群。

ホールで展示稼動させるより、このままこの通路で稼動させた方が、レトロな雰囲気があって良いかも!と、店員さんと話をした(^^)

category: オールドアーケードゲーム展示会

TB: 0    CM: 0   

ゲーセン探訪★三条α+1復活! 

2013/7/22訪問☆

しばらくの間「本日休業」の張り紙が出ていたα+1三条店が、復活していたので行ってみた。






かなりの数のビデオ筐体やプライズ機が撤去され、店内はガラーンとしていた(´・ω・`)






ビデオ筐体で電源が入っていたのは僅か4台……。






別アングルから。

麻雀、上海、SNK格闘、ウルトラ警備隊というラインナップ。




2013/7/26追記
ウルトラ警備隊が無くなり、レイフォースに。



画面が消えていた2台が上海II、コラムスとして稼動。







アストロのモニターに貼ってあるテープには「モニターNG」と書いてあった。






アストロはTECMOロゴ入りのものが複数台あった。

DEAD OR ALIVE組み込み筐体だったと思われる。









パチンコ、パチスロは健在。






プライズ機はこの2台に減少。









カラオケコーナー「カーネギーホール」は残ったようだったが、今年の3月に訪れた時の店内の様子から比べると、グレードダウン感は否めない。





3月の様子は【コチラ】



しかしこの時代、ゲームセンターが街に存在するだけでも、幸せなんだと思わないと。

category: ゲーセン探訪★新潟県

TB: 0    CM: 0   

【ヨコ画面】18インチ青アップライト筐体のレストア 

この筐体は数年前、もう一台の青アップライト筐体と同時期に、九州の同じ出品者から購入したもの。






リバーサービス(アールエス)のステンレス製2レバー、12ボタンパネルが付いていて、ストII系もプレイ可能。






キャスターが追加されており、移動時に便利♪






基板収納スペースはかなり広い。

この筐体にも「ゲームソフトチェンジャー」を使って、基板を3枚組み込んでみる。






手持ちの「ヨコ画面」「8方向レバー」のゲームの中で選んだ基板は「熱血硬派くにおくん」「グリーンベレー」「バンクパニック」の3枚。






熱血硬派くにおくんは実写映画化するようで。






とりあえず、しばらく放置していたゲームソフトチェンジャーの動作確認をしてみたら、正常に動作した。

このゲームソフトチェンジャーは、タテ画面青アップライトに使用したゲームソフトチェンジャーより古いタイプのようだが、基本的には同じ造り。






では筐体に収納してみる。

まずは基板②と基板③に電源を供給する、+5V10Aのスイッチング電源を奥に取り付ける。






底面には熱血硬派くにおくんを設置。






左側面下部にはゲームソフトチェンジャーを設置。






左側面上部にはバンクパニックを設置。






背面にはグリーンベレーを設置。






かなり賑やかだが収納に成功!






タテ画面青アップライト筐体に見習って、同じ位置にゲーム切り替えボタンを設置。






ボタンが多いコンパネではレトロ感が失われるので、古めのシングルコンパネと換装する。






代わり取り付けるのはサンワのシングルコンパネ。






2P配線のコネクターを外し、1P配線は切断する。






切断した先にジャンクのコネクターをはんだ付け。






コンパネ側の配線にはカードコネクターの切れ端をはんだ付け。

こうしておけば元のコンパネへ戻すことも容易になる。





これで完成!

駄菓子屋アップライト筐体は、14インチタイプは当時あちこちのゲーセンや駄菓子屋で見掛けたが、このような18インチタイプは見たこと無かったなぁ。

いつ頃製造されたものなのだろうか?

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 0   

レトロアーケードゲーム展示会2 

終了しました。

新潟県長岡市のゲームセンター「テクノポリス」で、7月31日から8月4日の間、「レトロアーケードゲーム展示会2」が開催された。




前回に引き続き、今回も展示稼動される筐体や基板の一部を、協力させて頂くことになりました。

前回の様子はコチラ。







今回テクノポリスに持ち込み、展示稼動予定の俺の筐体↓

18インチテーブル筐体 ストIIダッシュ(中身は変わるかも)




コンソレット18 スプラッターハウス




14インチミニミニアップライト筐体 クラッシュローラー




14インチテーブル筐体 スペースインベーダー




14インチテーブル筐体 ギャラクシアン




18インチテーブル筐体 スターフォース




18インチテーブル筐体2in1「ドラゴンバスター」「魔界村」




18インチナムコ風テーブル筐体 源平討魔伝
(モニターが故障したため展示中止)




18インチ縦画面アップライト筐体3in1「究極タイガー」「エキサイティングアワー」「ジャンプバグ」




18インチ横画面アップライト筐体3in1「熱血硬派くにおくん」「グリーンベレー」「バンクパニック」




以上10台w

筐体や基板の状態により変更になる場合があります。





8月2日と8月3日は「長岡まつり 大花火大会」も開催されるので、レトロゲームと花火を満喫しに長岡へ行ってみませんか(^^)?




category: オールドアーケードゲーム展示会

TB: 0    CM: 0   

【タテ画面】18インチ青アップライト筐体のレストア 

7~8年くらい前にヤフオクで入手した駄菓子屋アップライト筐体。

3枚のゲーム基板を同時に稼動させることができる「ゲームソフトチェンジャー」付きだった。

3種類のゲームをボタン操作ひとつで切り替えることができるので便利だが、筐体内に3種類のゲーム基板を互いにショートしないように収めるのは何気に難しいので、今までは普通に1枚の基板を入れて遊んでいた(^^ゞ

今回3種類のゲーム基板を収めることにチャレンジしてみた!






これがその様子。

右側面はモニター基板、左側面は究極タイガー、下はエキサイティングアワー、宙吊りはジャンプバグ!

宙吊りは基板収納スペースが広いこの筐体ならではw





扉の内側にはゲームソフトチェンジャー基板を設置。






左の電源は、基板②と基板③に+5Vを供給するためのもので、2枚の基板に通電するので、+5Vは10Aタイプのスイッチング電源を使用。






ゲームソフトチェンジャーの説明書。






裏面。

各基板のRGB出力の強弱を極力均一に調整できるように、基板ごとにRGB出力を調整するためのボリュームが9個並んでいる。






インストはこのように掲示した。





増設された赤いボタンを押すと、究極タイガー、エキサイティングアワー、ジャンプバグを切り替えることができる。

ちなみに3枚の基板には常に通電されているので、画面に表示されているゲーム以外も、見えない所で動作している。






究極タイガーはPCエンジン版で好きになり、近年基板を買った。

RGB出力が弱いのか暗く映るので、モニター基板の明るさ調整つまみを、かなり回して明るくしている。






エキサイティングアワーはタイトー系のゲーセンで一度だけ見たっきりで遊んだことがなかったのだが、安かったので基板を買ったらハマったゲーム。

究極タイガーと逆で、RGB出力が強いので、ゲームソフトチェンジャーでRGB出力を抑えている。





ジャンプバグは近所の駄菓子屋に置いてあってよくやった。

ファミコンとかメガドラに移植して欲しなあと、当時願っていたな。

これも究極タイガーとは真逆でRGB出力が強め?なので、ゲームソフトチェンジャーのつまみを回して信号を弱めているのだが、黒みがなくて白っぽくなっている(;´д`)ムズカシイ





コンパネは元々のでもレトロさはあるが、1人用で更にレトロなコンパネを持っているので換装する。

化粧板の擦れ具合がイイ味出している(^^)





コンパネをバラして、





コードの色とレバーの入力方向を記録してから外す。






はんだ付けされていた1P側の配線を外す。






コンパネ台座を外したら、ネジ穴がたくさん現れた。

今までいろんなコンパネを取り付けて、どこかの店で稼動していた証。

確かこの筐体は九州の人(鹿児島か福岡)から買った。






新たなコンパネの台座を取り付ける。






コンパネの固定板とカギが干渉してしまった!






上のカギは使えなくなるので、使っていなかった下のカギを使用することに。






ちなみにこの筐体はメダル用のコインセレクターが増設されている。

コイン設定が二種類できる基板を組み込んで、50円1プレイ、メダル5枚1プレイ、みたいな使い方をしていたと思われる。






1人専用パネルだしボタン数が少ないから、はんだ付けもすぐに終了(^^)






レストア終了!

縦スクロールシューティング、プロレスゲーム、横スクロールアクションシューティングといった具合に、いろんなジャンルのゲームを組み込むことができた(^^)

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 0   

ハーフテーブル筐体のレストア☆その1 

以前ブログに書いた対面対戦型テーブル筐体を、モニターが故障した18インチハーフテーブル筐体をベースに作ってみる。

これが完成したら格闘ゲームの対戦が快適になるはず(^m^)






これがベースとなる18インチモニターのハーフテーブル筐体で、リベンジオブドゥを組み込んで遊んでいた。






ハーフテーブル筐体はコンパクトで良いけど、実際にゲーセンで稼動している姿は見たことが無かったし、普通のテーブル筐体とはやっぱり別物って感じで、あまり好きではないw






買った時は麻雀仕様だったので、モニターには割と目立つ麻雀焼けがある。






モニター基板の故障で映像が出なくなったようなのだが、知識が無いためよく分からない^^;






切れているヒューズを発見したので、取り替えてみる。

これで直ったら嬉しいのだが。






ヒューズを取り替えて電源を入れたら、丸囲みの所から火花が出て、またヒューズが切れた(@@;)

俺にはお手上げ状態(´・ω・`)






ということで、故障していたモニターを筐体から摘出する。






がらんどうとなったハーフテーブル筐体。






モニター基板を業者に修理に出せば一万円くらいで治ると思うが、とりあえず放置する予定。






パドルコントローラーも取り外す。






両サイドのコンパネを外し、アンダーボックスの扉も両サイドオープンにすると、骨組みだけみたいな感じになり、向こう側が見えるw






雰囲気を知る為に、スモーク板の上にモニターを2台仮置きしてみる。






蓋を閉じるとこんな感じ。






これはアップスキャンコンバータ。

基板のRGB信号をアップスキャンして、2台のVGAモニターに映し出すことが出来るという、まるで今回の対面対戦テーブル筐体のために、作られたような?アイテム(^^)

基板には何やら中国語がプリントされている。






接続はこれで間違いないはず。






リベンジオブドゥの基板も取付け、電源をオン!






∑(゚д゚lll)ガーン!!

2台とも映像が乱れている!!






同期信号を確認したが配線ミスは無さそうなのだが(´・ω・`)






もじぴったんではこんな感じ。






肝心のストIIダッシュターボでもこの有り様(T_T)

これはもしかして配線ミスではなく相性の問題とか?

アップスキャンコンバータは安い中国製だし……。






17インチのPCモニターを接続したら問題なく表示された!!

ってことは俺の配線ミスではなく、やっぱり相性の問題なのかな(´・ω・`)






リベンジオブドゥもPCモニターでは綺麗に映った。






ここで計画変更!

中国製のアップスキャンコンバータの使用と、2つのモニターの使用を中止して、基板の映像がそのまま表示できる15kHzの液晶モニターを2つ組み込むことに!

まずこれはシャープの7インチ液晶モニター。






裏はこんな感じ。






説明書でピンアサインを確認しながら、RGB信号を接続。






もじぴったんで確認!

乱れている(T_T)






リベンジオブドゥもこんな感じ。






色々試してみたら同期信号の接続場所を間違えていた(^^ゞ






もじぴったんは綺麗に映ってた!






そして肝心のストIIダッシュターボでは……明る過ぎる(*_*;






リベンジオブドゥでも少し明るい感じ。






ヴァンパイアハンターでも明る過ぎる(*_*;

もう1つの液晶モニターを並列に繋げば、信号が分散されて、もしかしたら丁度良い明るさになるかも!と淡い期待を込めて、7インチワイド液晶モニターをはんだ付けしてみたら……






右の7インチワイド液晶モニターの方は丁度良い明るさだが、やはりシャープの液晶モニターの方は明る過ぎる!






プレイ画面ではさらに明るさの違いが顕著(´・ω・`)






ここで手詰まりとなってしまった(`;ω;´)

どうしたらいいんだろう。

他に15インチほどのVGAモニターがあるのでそれを1Pに、7インチワイド液晶モニターを2Pにすれば、2画面表示はできるかもしれないが、1Pと2Pでモニターの大きさに違いがあるのはカッコ悪いし、筐体への固定方法の問題あるし(+o+)



完全に暗礁に乗り上げてしまった。



その2へ続……かないかも(;´Д`)

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 0   

コスモスのガチャガチャ 

昭和時代の駄菓子屋の店頭の付き物といえばコスモスのガチャガチャw


懐かしいコスモスのガチャガチャアイテムの画像が満載の「愛しのインチキガチャガチャ大全−コスモスのすべて−」を買った。






10円玉を2枚重ねて回すタイプや、50円玉のタイプや、100円玉の自販機タイプなど、近所の駄菓子屋にも置いてあった。


コスモスは流行り物のパクリが得意で、無許可で作ったと思われるキン消し、ドリフメンバー、野球選手、相撲取りの消しゴム、スライム、ビックリマンシールの偽物、果てはコナミのスクランブルのコピー「フライトレイン」という、アーケードゲームまで作っていた。


このイラストの筐体は、俺が持っている駄菓子屋ミニミニアップライト筐体だな多分。


入手した時にフライトレインが入っていたし。





この当たりボール懐かしいなぁ。


左のグレーのヤツ見覚えがある。


当時近所の駄菓子屋になめ猫の運転免許証のガチャガチャがあって、そのガチャガチャには全部このグレーの当たりボールが入っていていた。


全部当たりにするなら、直接一枚50円で売ればいいのに!って思った記憶がある。






自宅から自転車で10分くらいの所にコスモスの倉庫?があって、そこが潰れた時にガチャガチャの当たりボールが残され捨てられていたので拾って、お店に持って行って商品と交換してもらった記憶があるww





懐かしさに浸りながらページをめくって偽物のウルトラマンの消しゴムやら子供だましのグッズを見ていたら、そういえば当時クッキーの丸い空き缶に、様々なキャラクターの消しゴムを大量に入れていた事を思い出した。


ウルトラマンや芸能人や相撲取りやウンコやトラック野郎のトラックやスポーツカーやら色々入っていたなぁー。


この本を見るまでここ何十年か思い出さなかった記憶だったわ。


ガチャガチャのアイテムじゃなかったけど、大きいゴジラの消しゴムとか、ETの消しゴムとか持っていたなぁー!


ゴジラの消しゴムのことは、たった今思い出したわ!!


それら消しゴムの大部分は、当時近所に住んでいたハトコのヤスハル君から貰ったんだわ。


いやー懐かしい(ノ´∀`*)


遠い昔の記憶を蘇らせてもらった('∀`)





巻末は当時のコスモスの社員の人たちのインタビューがあるんだけど、その中の


「今のガチャガチャってハズレはないかもしれないけど、ジュースの自販機と同じ。夢も希望もないよ」


って言葉が心に残った。



愛しのインチキ・ガチャガチャ大全ーコスモスのすべてー愛しのインチキ・ガチャガチャ大全ーコスモスのすべてー
(2013/04/17)
池田 浩明

商品詳細を見る

category: 日記

TB: 0    CM: 0   

ファミコン生誕30周年 

30年前の今日はファミコンこと、ファミリーコンピュータが発売された日。


30周年にちなみ、初代ファミコン本体をRFケーブルでアナログテレビに接続して遊んでみようと思ったが、テレビの説明書が無くチャンネル設定が上手くいかず断念(´・ω・`)






ボタンを押してオートで合わせるのではなく、大昔のダイヤルでチャンネルを合わせる方式のテレビだったら上手くできたと思うんだけど。

仕方なくビデオ端子のツインファミコンでプレイ。






2013/07/16追記

翌日RF接続に成功♪

RFケーブルに触れると画面に縞模様が出たりとか、色のにじみ具合とかスゲー懐かしい(*´∀`)




手持ちの3台のファミコンでは一番右の物の映像出力が綺麗だった。




オレが当時持っていたファミコンは、左のモデルと同じで、丸ボタン、FFマーク無し、端子シール&端子カバー無しのタイプだった。






スターフォースとジョイボール。

当時の友達S君ちでI君と遊んだ記憶がある。

ボール操作はやり辛いから、本体のコントローラーで十字キーを操作し、友達に連射ボタンを押し続けてもらうというやり方だった^^;






先日ハードオフのジャンクコーナーで買ったサンスイのジョイカードはとりあえず動いた。

若干接触が悪いところがあるので、分解清掃したほうが良さそう。





これは連射機能、擬似ステレオ機能、ヘッドフォン端子が付いた周辺機器。

15年くらい前にゲームラボのお宝紹介的なコーナーにこれを応募したら採用されて、掲載されたことがあったなぁ。

粗品として掲載号がプレゼントされた(^^)

まだヤフオクとかネットで珍品を簡単にゲットすることが出来なかった時代の話^^;






そういえばジョイボールの連射スイッチを真ん中にすると、ハイパーショットしか使えないはずのハイパーオリンピックに使えるんじゃなかったかな?






ハードオフが中古品にプレミア価格を導入する前(10年ちょい前?)に、ジャンクコーナー漁りしたなぁ。

土日にファミコンソフトの買取が多い事に注目し、月曜の朝に行くとファミコンカセットがたくさん並んでいた。

400円?380円?均一だったからアイスクライマーとかバルーンファイトとか買って、ヤフオクで2000円くらいで売ったり(・ω<)






箱付き本体も買ったりした。






色々引っ張り出していたら大量のディスクカードが^^;

オールナイトマリオとかトンカチマリオとか混ざってるはず。






任天堂に修理してもらったディスクドライブをツインファミコンに移植したりで完動ドライブが数台あるから、ゴムがまたダメになる前にディスクのゲームも楽しんでおきたい!

ちなみにエキサイティングサッカーの音楽がカッコ良かったなぁ♪






たまには「基板もいいけどファミコンもね」( ´∀`)b




超ファミコン超ファミコン
(2013/06/20)
多根 清史、阿部 広樹 他

商品詳細を見る

category: 家庭用ゲーム

TB: 0    CM: 0   

青い14インチ駄菓子屋ミニアップライト筐体のレストア 

テーブル筐体のレストアが続いたので、今回は駄菓子屋アップライト筐体のレストアをしてみた。






この筐体も数年前にヤフオクで入手したのだが、たしか動作確認時にモニターが映らなくて、放置したと記憶している(;・∀・)






コンパネは強引にボタンを増設して1レバー6ボタン仕様になっており、手書きの文字で「リセット」「スタート」と記入されている。






この筐体、入手時にはスーパーファミコンが内蔵してあり、コイン投入後一定時間遊べる仕組みになっていたが、スーパーファミコン、変換基板はすぐにヤフオクで売ったので、今は空っぽ。






ちなみに筐体の中に入っていたのがこれ。





ミニキュートに接続して絵出しした様子。

ピンクのミニキュート共々、売らなきゃよかったなぁ(^o^;)






ドアの内側。

ツギハギだらけの配線(・_・;)






これはおそらくタイマー基板で、コイン投入後、一定時間コンパネの操作を受け付けるという仕組みなんだと思われる。







とりあえずは数年ぶりに筐体の動作確認ということで、ドンキーコングJRのコピー基板で、筐体の動作を確認してみたのだが、やはり全く映像が出ず、モニターの載せ替えを考慮せねばと思っていたら、モニター基板のRGBコネクターが外れていた(;´∀`)






JRの基板は片付けた後だったので、基板を挿さずに電源を入れてみたら、モニターがうっすら光った\(^o^)/





モニターが悪いのか、電源が悪いのか、配線が悪いのか、はっきりさせる為に、オリジナル電源ボックスにペンゴの基板を接続し、ペンゴのハーネスのRGB信号線をモニターへ直結し、モニターの動作を確認してみる。

筐体内の電源や配線を一切使用せずに外部の電源で基板を起動させるため、これによりモニターの生死を明確に知ることができる。






異常な映像が出てガックリきたが、よく見たら同期信号が外れていた^^;






同期信号をハンダ付けし直し、再び電源を入れ、モニターの明るさ調整をしたら、ペンゴの映像が!!






割と綺麗に映っている\(^o^)/

死んでると思っていたモニターだったので、メッチャ嬉しい(*^^)v






別のコンパネを取り付ける為に、ドアの内側の配線をバラす。






コネクターは旧タイトーからJAMMAに変更。






-5Vのコードがご丁寧に外してあったので接続。






ドアの内側の配線も全部外した。






そしてコンパネを取り外す。





代わりに取り付けるコンパネがこれ!

4方向固定レバー、3ボタン仕様で、野球ゲーム用に作られたものらしく操作説明が化粧板に印刷されている。

特定のゲーム専用のコンパネの流用って今でも当時でも見かけるけど、そんな不揃いな感じが好きなので、あえてこのコンパネを選んだ(^^)

スタートボタンが右側にあるから、間違って押してしまう可能性大w






駄菓子屋ゲーム筐体感がアップ(´∀`∩)↑age↑






このコンパネは必要以上に縦に長く、コインセレクターにギリギリで被らなかった(・_・;)






しかしコンパネの下にある筐体との固定フラップを出せず、内側に折り込んでいるので、コンパネ下は固定できずにパカパカしている(´・ω・`)

コインセレクターを下方向に移設するのも面倒なのでこれでいいや!






コンパネ内は配線してあったので、手間も掛からず筐体と接続できた。






配線作業も終わり、基板を接続!






配線ミスも無くバッチリ動いている♪







この筐体は横画面で使用することにして、主にバンクパニックで遊ぼうと思っている(^^)






レストア作業終了\(^o^)/

バンクパニックは当時デパートのゲーセンで見かけて、このような駄菓子屋アップライト筐体で稼動していた。

その頃は複雑な?ルールだったせいもあってか、ほとんどプレイしなかった。

そのゲーセンの店長(高橋名人に顔が似ていたw)がバンクパニックだけはプレイしていたなぁ、仕事そっちのけでww

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 0   

祝☆ブログ5000アクセス突破 

今朝このブログのアクセス数が5000HITを超えていました\(^o^)/


今まで見に来てくださった皆様、ありがとうございますm(_ _)m







ドンドンと記憶がかすれて忘れていく子供の頃に通ったゲーセンの想い出を書き留める目的で、人生初のブログを今年の1月に開設しました。


その後、倉庫で眠っていた筐体の画像や動画をアップしたことで、ブログやツイッターでゲーム好きの方々と知り合いになれたり、数年間放置していたテーブル筐体などのレストアを再開する重い腰を上げる事ができたり、その筐体をゲームセンターに持ち込んで稼動させてもらったりと、ゲームライフがとても充実しました(^^)


代償として、ここ3年ほどハマっていたカラオケにほとんど行かなくなりましたw





まだまだ手付かずの筐体がたくさんあるし、家庭用ゲームネタのことも書きたいし、時間との戦いですが、これからも自分が後で読み返して楽しめるようなブログを書きたいと思います。

category: 日記

TB: 0    CM: 0   

セガ SG-1000 30th アニバーサリーコレクション 

「セガ SG-1000 30th アニバーサリーコレクション」発売決定を記念して、超久しぶりにマスターシステムで遊んでみた(^^)



このマスターシステムはメガドラが出た後に、ファミリーゲームズのカセット付きで3980円(両方とも新品)という投げ売り価格で買ったもの。



その前にはマークIIIも持っていた。



俺が持っていたディスクシステムとカード10枚くらいと、友だちが持っていたマークIIIとFM音源ユニットとカセット10本くらいをトレードした。



覇邪の封印、ハイスクール奇面組、ハングオン、阿修羅、SDI、アレックスキッドBMXトライアル、オパオパなどだったかな。



マスターシステムを買ったことで、そのマークIII本体は売った。



カセットは当時はもっとたくさん持っていたが、メガドラやスーパーファミコンに夢中になり、マスターシステムのソフトはどんどん売り、買取不可だったモナコGPのみ手元に残った挙句、マスターシステムとモナコGPは父の友人にあげた。



しかし数年後にまたマスターシステムで遊びたくなり返してもらった(^^ゞ



そして中古でソフトを買い集めたのがこれ↓

ファンタジーゾーンは壊れていた(´・ω・`)






まずはスペハリの曲を楽しむ♪






R-TYPEをやってみた。






かなり前に中古で買い、実際にプレイするのは初めてかも^^;

さすがにPCエンジン版には敵わないが、良くできていると思った。

コントローラーが使いにくく思わぬ方向にキーが入り死んでしまうことが頻発したので、メガアダプターを使ってメガドラでジックリと遊んでみたいなー!






スペハリはキャラに枠があるものの、デカくていいね(^^)

アーケード版よりコッチの方が馴染みがある。





アウトランはアーケード版とのギャップにガッカリだったなぁw

ドット絵もアーケードとまるで違って、テスタロッサもカッコ悪いww

FM音源も大したことなかったというか、オリジナルと曲のテンポも違い、まるで違うゲームとは言い過ぎか(^m^;)






アフターバーナーは……F14のドット絵はアーケード版に近いというくらいしか褒めるところがないw





ファンタジーゾーン2はマークIIIのソフトで一番ハマったかも!

特にこのステージの曲が好き(^^)

当時は最後までクリアできたと思うが、とにかく久しぶりのマスターシステムのコントローラーの使いにくさに撃沈。






バンクパニックはアーケード版も好きだがコレも出来が良くて好き(^^)

アーケード版に慣れていると、左のドアは十字キーの上下で攻撃ってのが非常にやり辛い(・_・;)





モナコGPはアーケード版のモナコGPよりも、バーニンラバー的なバギーポッパー
的なゲームになっているw

車がジャンプするしねww






当時デパートに来ていた出張中古屋でダブルドラゴンを見つけ、家にお金を取りに行っている間に売れてしまい、買えなかったという苦い思い出がある^^;



ダブルドラゴン、サンダーブレード、ファイナルバブルボブル、エイリアンシンドローム辺りが欲しいなー!



セガ SG-1000 30th アニバーサリーコレクションセガ SG-1000 30th アニバーサリーコレクション
(2013/07/31)
不明

商品詳細を見る

category: 家庭用ゲーム

TB: 0    CM: 0   

2013/7/13の夕食 

職場の人から聞いたかぼちゃサラダを作ってみた!


かぼちゃ1/4を5分以上チンする。(画像は1/8量)






潰す。

このまま食べても甘くて美味しかった(^^)






塩コショウし、マヨネーズを加える。






シーチキン、オリーブオイル少々加えると出来上がり!






1枚120円のチキンカツを卵でとじたもの。

えのき、玉ねぎ、わかめの味噌汁。

買ったポテトフライ。

実家の庭で採れたプチトマト。




俺はこれから飲み会だから、この夕食は食べずに飲み会の会場へ





ちなみに9年前の今日は、実家が床上浸水した日(´・ω・`)

category: 料理

TB: 0    CM: 0   

職場にKONAMIから荷物が!? 

職場に「KONAMI」の段ボール箱が届いたようだ!((o(´∀`)o))ワクワク











何が入っているんだろう?

ロムディウスとかレア基板の詰め合わせだったら嬉しいなぁ(*´艸`*)

























「KONAMI」じゃなくて

「ISONAMI」かよ!!ヽ(*゚ω。)ノ

category: 日記

TB: 0    CM: 0   

テクポリにテーブル筐体2台搬入 

長岡市のゲームセンター「テクノポリス」に貸し出していた、アルカノイドリベンジオブドゥのハーフテーブル筐体が、モニター基板の故障により画面が映らなくなったと連絡をもらっていたので、引き取りに行こうと思っていたところ、7月31日~8月4日にテクノポリスで「オールドゲーム展示会2」を開催すると店長さんから聞いたので、展示会で展示稼動してもらおうと、テーブル筐体を2台持って行くことにした(;´∀`)




どの筐体にしようか悩んだ結果、






「スペースインベーダーのテーブル筐体」と、






レストアが完成したばかりの「タイトーテーブル筐体inギャラクシアン」に決めた。






スペースインベーダーの基板はタイトー製とロジテック製を持っているのだが、両方共不具合があって、タイトー製は

「インベーダー破壊音が鳴らない」
「UFO破壊音が鳴らない」
「2Pの右とボタンが押されっぱなし」



ロジテック製は

「UFO破壊音が鳴らない」

という感じ(´・ω・`)


ゲーム内容的は両方共同じ?で、タイトル画面でのメーカー表記に違いがある程度なんだけど、やっぱり「TAITO CORPORATION」って表示される方が展示会的に良いんだろうと思ったが、インベーダー破壊音が鳴らないのはプレイ時の爽快感に欠けると思うので、仕方なくロジテック製を選んだ(´・ω・`)





ギャラクシアンはコピー基板だが(筐体のスペース的にこのテーブル筐体にナムコ純正基板は収納できないw)、タイトル画面で「namco」「TAITO」「IREM」のメーカー名が出るROMをそれぞれ持っているので、タイトーテーブル筐体にちなんでタイトル画面に「TAITO」と出るようにROMをセットした(^^)





今回も友人Mくんの協力を得て、まずはスペースインベーダーのテーブル筐体をbBに載せた(^o^;)






次にタイトーテーブル筐体を2階から降ろして車載(;´Д`)






そしてテクノポリス目指して出発!

途中「スターフィールド」に寄り道(^_^;)

特に珍品は無かったが(ジャッキー・チェンの通信対戦台はまだあったww)、ビデオ筐体が少し減ってパチンコ機が入っていた(´・ω・`)

この平安京エイリアンのインストの書体、味があるなぁ!






そしてテクノポリスに到着し、ハイパーストIIに夢中のMくんの代わりに店員さんの協力を得て、筐体を降ろして搬入完了(;´∀`)






このフリープレイイベントに参加してみたいなぁ♪






今回ハーフテーブル筐体は引き取るが、その他に

「ストIIダッシュパネルテーブル筐体」

「サンワペアパネルテーブル筐体」

「ナムコのコンソレット18」

を貸し出していて、ゲームセンターで現役稼動していた(*´∀`*)






レトロアーケードゲーム展示会2の開催までに他にも筐体を持ち込めたらなぁと密かに思っているww

category: 所有ゲームの現役復帰

TB: 0    CM: 0   

「本日休業」が続くα+1 

新潟県三条市の最後のゲームセンター「α+1」






ここ最近「本日休業」の状態が続いている。






店内の自販機の電源は入っているが……






大半のゲーム機が撤去されている(´・ω・`)






ちなみに今年3月の様子はコチラ。






見附市の「α+1」も2ヶ月以上「本日休業」の札が出ていて、店内は空っぽで実質閉店したと思われる。



三条市のα+1もこのまま閉店にならなければ良いのだが(TдT)

category: ゲーセン探訪★新潟県

TB: 1    CM: 0   

ゲーセン探訪★三条バッティングスタジアム後楽園 

新潟県三条市でビデオ筐体を設置している店舗は「α+1」ただ一軒となったと以前ブログに書いたのだが、「三条バッティングスタジアム後楽園」にビデオ筐体が設置されているのを発見!






水曜日に行ったら定休日だった(*_*;






この店の前を仕事柄しょっちゅう通っていたのだが、つい最近何気なく見たらブラストシティが見えて筐体の設置に気づいた(;´∀`)

今までなんで気付かなかったんだろうww






金曜日に改めて訪問!






店舗入って右側の様子。

ブラストシティが並んでいる(*´∀`*)

てかそれよりも……






初代ノックダウン発見!!!






ちゃんと現役で稼動しているようだ!






ウィキペディアによれば初代ノックダウンは1981年に登場したらしい。

「100円玉だけ!!」って威圧的なシールが懐かしいww






まさかこんな所にこんな稀少なノックダウンが現役で稼動していたなんて、まさにノックダウンを喰らったかのようだww






これはナムコのビクトリーラップ。

これも今では珍しい部類に入るのではないか?






ワニワニパニックは残念ながら調整中だった。






サイドバイサイド2。






ブラストシティにはシューティングゲームが色々と入っていた。






麻雀レモンエンジェル。






怒首領蜂大往生ブラックレーベルはインストだけで中身はソニックウイングス(;´∀`)







ソニックウイングスのインストが入った筐体は横画面になっていて、画面は消えていたが何かのゲームの音が聞こえた。







変わってこちらは店舗入って左側の筐体群。






ヴァンパイアセイヴァー2とテキパキは未稼動。






他にも未稼動筐体が目立った。






バッティングセンターだけに野球ゲームも設置。






クライムファイターズ2とクォースという、ちょい古ゲームもあった。






ちなみにバッティング部分らこんな感じ。






ワンプレイ200円。






しかし灯台下暗しとはよく言ったもので、まさかこんな所に筐体が!って感じで驚いたし、ノックダウンもあるなんて(;・∀・)

そう言えば昔、父の友人がこのバッティングセンターの店番をしていたことがあって、タダでバッティングをやらせてもらったことがあった事を思い出した。

たしかその当時、店の片隅にテーブル筐体が二段重ねで放置されていた記憶がある。

今回は時間がなかったのでゲームはプレイしなかったが、次回はバッティングも含めてノックダウンやブラストでも遊んでみたいと思う♪

category: ゲーセン探訪★新潟県

TB: 0    CM: 2   

2013/7/7の夕食 

この日は実家で料理した。

両親に手作り料理を振舞ったのは生まれて初めてだった(;・∀・)


・えのき、ダイコン、モヤシの味噌汁

・エリンギ、ニンジン、モヤシ、キャベツの野菜炒め(塩を入れ過ぎてしょっぱかった∑(゚д゚lll))





そしてこれは、鮭の切り身に塩コショウして、カレー塩と小麦粉をまぶして、揚げ焼き?したもの。


テレビで石倉三郎がイワシでやっていたのを見て参考にしたw

まぁまぁ美味しかった>゜))彡

category: 料理

TB: 0    CM: 0   

タイトー14インチテーブル筐体のレストア☆その2 

しばらく中断していたタイトーテーブル筐体のレストアの続きです。





天板ガラスを外す。






インストのところ、薄いスポンジが貼りつけてあるのだが、スポンジが劣化してこんな状態に(・・;)






スポンジをボロボロ剥がしながら掃除機で吸った。






とりあえず綺麗になった(;´∀`)






前回のブログで、コンパネの取り外しが困難と書いたが、その後にレストアしたスペースパイロットのテーブル筐体でこのタイプのコンパネの取り外し方を知ったので、簡単にコンパネを外すことができた\(^o^)/





レバーのぐらつきの原因は、レバーシャフトの右に見えるネジが緩んでいるからだと分かった!






コンパネからジョイスティックを外し……






ジョイスティックをバラす。






この2個のネジし締めれば良いはず







硬かったのでナットをペンチで抑え、電動ドライバーでネジを締めた。






そしてコンパネを元に戻し、メーカー名がTAITOと表示されるギャラクシアンで動作確認してみたら、レバーのぐらつきは無くなったが、ネジの締め付けがキツ過ぎたらしく、右にレバーを入れてから手を離すと、レバーがセンターに戻らずに右に入りっぱなしになる症状が発生したので、コンパネを再度バラしてネジの締め付け具合を調整し直した(;´Д`)






インストのところは鉄板が剥き出しだったので、黒い紙を貼って見栄えを良くした。






タイトーギャラクシアンのインストを入れてレストアの完成!

コンパネや天板ガラスなどにメーカー名が入ったテーブル筐体は希少性も相まってカッコイイなぁ(^^)





写真は撮らなかったのだが、コインセレクターの交換にかなり手間取った(;´Д`)

手の届きにくい位置の小さなナットを外すのがメチャクチャ大変で超イラつきながらの作業だった(; ・`д・´)

それだけで1時間半くらいかかった。

天板キーの設置でも色々とトラブルが起きたし、製造後基板の入れ替えもされず無改造だったと思われるテーブル筐体のレストアにしては、かなり大変だったけど、その分、今後に活かせる知識を得ることができた^^;

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 4   

超ファミコン 

ファミコン30周年だそうで。

本の発売を知り、ファミコン世代の俺としてはスルーできなくて買ってみた。






amazonで買ったので、届いた時に本の厚みに驚いた^^;






ファミコンソフトの紹介や、インタビューなどで構成されていて読み応えがあった。






俺は小学五年の時に、お年玉でファミコンを買った。


当時は品薄で、地元では買えなかったので、東京の知り合いに購入をお願いした(;´Д`)


カセット1本抱き合わせ販売だったので、マッピーを一緒に買った。


本体が届くまでは先に買ってたドンキーコング、ドンキーコングJR、F1レースを持って、友達の家でやらせてもらっていた(;´∀`)


抱き合わせ販売でファミリーベーシックを買わされた同級生がいたなぁw


超ファミコン超ファミコン
(2013/06/20)
多根 清史、阿部 広樹 他

商品詳細を見る

category: 日記

TB: 0    CM: 0   

しょうりゅうけん 

しょ~うりゅ~う
DSC_5489.jpg

















けんw
DSC_5490.jpg








DSC_5491.jpg

category: 日記

TB: 0    CM: 0   

こんな筐体を作ってみたい1 

対面対戦型テーブル筐体w



エアロ規準のストIIパネルでの横並び対戦は窮屈なので、これだったら快適にコンパクトに対戦できそう!





小型VGA液晶モニターもふたつ持っている。






6ボタンシングルコンパネも画像の物以外にもう一つあり。






モニターが故障したハーフテーブル筐体があるので、それをベースに作ってみようなぁ♪

category: アーケードゲーム

TB: 0    CM: 0   

世界一硬いベッド 





よいしょ^^;




よいしょよいしょ(~O~;)




わっせわっせ(;´∀`)




ハァハァ(;´Д`)




しんどー(@_@;)




テーブル筐体8台並べたー!




うっとり(*´∀`*)




同時に何台動かしたらブレーカー落ちるんだろ?w




疲れた(=o=;)

世界一硬いベッドだけど、世界一寝心地イイww

おやすみなさいZzz

category: 日記

TB: 0    CM: 0   

あまちゃん 

NHKの朝ドラ「あまちゃん」見てたら喫茶店?のシーンでテーブル筐体発見!

インストが見えたが何のゲームなのか判別できず。

まぁNHKだから偽インストに差し替えてあるだろうけどw

パッと見、インベーダー時代くらいの14インチモニターのテーブル筐体に見えた。

垂直コンパネっぽかった。

スゲー気になるww

category: 日記

TB: 0    CM: 0   

「沙羅曼蛇」向けテーブル筐体の組み立てて 

この山の一番奥に埋もれているテーブル筐体をレストアしようと思ったのだが、俺一人で手前の筐体をかき分けていたら日が暮れてしまうので、背後に見えるシャッターを開け、車庫の外側から目的のテーブル筐体を搬出することにw






そして搬出したのが麻雀コンパネのテーブル筐体(;´∀`)






ちなみにこの位置に数年間埋もれていたw






梱包を解いた状態なので、一度は筐体に触れて動作確認をしたはずなのだが、この筐体の存在は全く覚えていなかった^^;






18インチモニターの麻雀テーブル筐体。






天板の裏には、モニターの注意書きが貼り付けてあった。






ここ最近の麻雀テーブル筐体のレストアの流れでは、最初に麻雀コネクターからJAMMAコネクターに組み替え作業をしていたのだが、この筐体は元々JAMMA仕様だったので、面倒な組み換え作業が不要(´∀`)♪






コネクターにカプコンのロゴシールが貼ってあるのでカプコンハーネスなのかと思ったのだが、調べてみたら間違いなくJAMMA配列だった(;´∀`)






電源を入れてみたらインストの通り、ダイナックスの「麻雀スタジオ101」というゲームが入っていた。






プレイしたことが無いゲームだが、よくある一般的な麻雀ゲームといったところか。






モニターの映りを確認するために、見慣れている「熱血麻雀宣言」を接続してみたら、とても良好な映りだった(・∀・)






アンダードアを開けてみたら、何やらコネクターがたくさんあった(;・∀・)






コインセレクターは100円玉仕様で、不具合無くこのまま使えそう♪






金庫の中にはタオルが敷いてあったが、社名入りタオルではなく無地のものだった(゚⊿゚)ツマンネw






カウンター装備。






この手のテーブル筐体のスピーカーは2P側に取り付けてあることが多いが、この筐体では1P側に取り付けてあった。






2P側はコンパネ無し。






画像では分かりづらいがうっすらとモニター焼けがあって、野球のバッターボックス、何かのゲームのタイトルロゴ(ワールドスタジアム?)、画面反転でのスコア表示、が何となく見える。

いろんなゲームに使用されてきた証である。






麻雀ハーネスを外し、JAMMAコネクターにもじぴったんを接続したら、またもや逆さまだったw






沙羅曼蛇を接続。






一度モニターを引っ張りだして、画面反転コネクターの差し替えを行った。






画面調整の位置は不便な所(´・ω・`)






配線作業の邪魔になったので、一旦スピーカーを外してみたらかなり傷んでいたが、特殊な形状のスピーカーで代替品が無いし、音的にも問題ないのでこのまま使用^^;






麻雀パネルを外して筐体内部の配線の見直し中。






2P側に回っている配線を1P側に移設し、配線をスッキリさせる。






麻雀パネルの代わりに取り付けるのは、セイミツのレトロな二人同時プレイ用パネル。

ボタンの大きさに違いがあるが、そんな不揃いな感じがレトロ感を醸し出していて( ̄ー ̄)bグッ!






後々でのコンパネ交換などを考慮し、コネクターを介してコンパネの配線を行う。






配線が終わり動作を確認したら、レバーやボタンの不具合も配線ミスも無く、無事に動いた(^^)






少し遊んでみた♪






先日レストアした「ライフフォース向けテーブル筐体」と同じように、この筐体もステレオ化する!






スピーカー2個とコネクターを配線して、ステレオスピーカーシステムを構築。






筐体へ取り付け。






ネジで固定しようとしたのだが、スピーカーネットの穴が小さくてネジが通らなかったので、クギで打ち付けた(;´∀`)






左のスピーカーもクギで打ち付け。





沙羅曼蛇のステレオ出力にステレオスピーカーのコネクターを差し込み、基板をステレオ出力モードに切り替える。






ステレオ出力時にモノラルスピーカーをオフに出来るように、JAMMAのスピーカー配線にコネクターを入れた。






ステレオ出力成功♪

音が左右に飛び交っている♪♪






最後に天板ガラスを外してインストの入れ替えをしようとしたら……






天板にインストが2枚貼り付けてあった!






アレスの翼!






残念ながら2枚とも大きなダメージがある。






コネクターにカプコンのシールが貼ってあったのは、アレスの翼に関連があったのかもしれないな。

このインストはあえて剥がさずにこのままにした。

俺の元へ来る前の現役時代の痕跡は可能に限り残しておきたい。






これで沙羅曼蛇向けテーブル筐体の完成!

インストはインスト窓からはみ出してしまって一部が見えない状態だが、これはこれで当時のテーブル筐体っぽさを醸し出しているので、インストを縮小カラーコピーしてインスト全体が見えるようにする加工は控えた。






「ライフフォース向けテーブル筐体」と並べてみた(^^)






友情出演:「源平討魔伝」






中2の夏って感じの並び♪

ゲームセンターUFOを思い出すなぁ(^^)

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 0   

ナムコっぽいテーブル筐体 

源平テーブルにちょっと手を加えてみた。



Before






After☆
天板ガラスをナムコ製テーブル筐体のものに近いものと交換して、ナムコっぽさアップ(*´ω`*)

category: 所有筐体

TB: 0    CM: 0   

ハードオフジャンクコーナー漁り 

ソフトはすべて1本105円。





サンスイのヘッドホンジャック付きジョイカードはヤフオクの半値ほどの630円でGET(・∀・)

category: 家庭用ゲーム

TB: 0    CM: 0   

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード