FC2ブログ

テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

アウトラン駄菓子屋アップライト筐体バージョン 

90年代の半ば頃に、今は亡き基板屋、システムIIIで買ったアウトランの基板。

デジタル変換ハーネス付きなので、ハンドルはレバーの左右で、ブレーキはストIIで言うところの小パンチ、アクセルは中パンチ、ギアは大パンチを押すとロー、離すとハイという感じで遊んでいた。

プレステやドリキャスのハンドルコントローラーを改造してアウトランに転用することで、アナログ操作が可能になるのは知っている。

しかし筐体にセットしてイベントで使用する場合、ハンドルを筐体に綺麗にスマートに固定するのは難しいし、ハンドルコントローラーはコストダウンのためにプラスチックが多用されており、強度的にも心配がある。

なので今回はレバー操作はそのままに、ギアとアクセルとブレーキの操作の雰囲気を向上させてみる。

ベースはこのコンパネを使用。

昔買ったテーブル筐体に取り付けられていた物。






ギアは押しボタンでは雰囲気に欠けるので、ジャンクパーツから見つけたトグルスイッチを使用して、スイッチの上げ下げでギアを切り替えることに。

そしてトグルスイッチに海外の筐体のレバーで使用されているナス型レバーを被せると、あら不思議!シフトレバーに(笑)

被せてみたら隙間があったので、ティッシュペーパーを詰めてガタツキを無くした(笑)

右の金色のはドリル。

トグルスイッチの穴径を調べた。






2つのボタンホールにホールキャップをはめ、1つのホールキャップにドリルで穴を開けた。






こんな感じ。






トグルスイッチをはめ込んだ。






裏側の様子。

ホールキャップの一部に切れ目を入れ、トグルスイッチをホールキャップに押し込んで固定。






ナス型レバーの穴にティッシュペーパーを詰めて、トグルスイッチに被せた。





アクセルとブレーキは実際に足で操作した方が雰囲気が出るので、ヤフオクで見つけたフットスイッチを2個使用する。

1個1000円スタートで出品されていた。

少々お高いが、足で操作するので強度的に金属製の物を選んだ。






中には強力なバネが入っていた。

この大きなバネを外しても、スイッチ内部のバネにより、ペダルから足を離せばペダルは元に戻る。

大きなバネが入っている状態では、ペダルを踏み続けていると足が疲れるほどだったので、アクセルペダルはバネを外して、ブレーキペダルだけをバネ入りにすることに。

俺はアウトランをプレイする時、左足を常にブレーキペダルに乗せ左足でブレーキペダルを踏むので、ブレーキペダルにバネが入っていることで、ペダルに足を乗せている時に、意図せずしてブレーキペダルを踏んでしまう誤操作を減らせるのではという理由もある。






これはアウトランの筐体で実際に使用されていたペダル。

これで操作しようとヤフオクで入手したのだが、取り付けに手間がかかりそうで段ボール箱に入れっぱなし(>_<)






ペダル同士の間隔を測る。

ペダルの軸の間隔は10センチあったが、ペダル板は軸の中心に取り付けられているわけではなかったので、ペダル板同士の間隔を測ったら約11センチだった。






コメリで買った20円の端材にフットスイッチを11センチ間隔で固定することにした。






そして車庫へ。






18インチモニターのオレンジ色の駄菓子屋アップライト筐体を、アウトラン筐体に変身させる!






とりあえず基板を通電。

モニターは非常に綺麗に映る(^ω^)






コンパネを取り外した。

ちなみにこの筐体は、昨年11月のインベーダーハウスでは、魔界村と大魔界村を2in1で入れた筐体。






アウトラン用に配線したコンパネを取り付ける。

ちなみにレバーの動きが悪かったので、別の物に取り替えた。






水平な筐体の天板の上に、ステレオスピーカーを設置。

ちなみにこのスピーカーはプリクラに使用されていた物で、ヤフオクで2000円で入手した。






筐体に穴を開けてスピーカーを固定したくなかったので、100均で買った滑り止めマットを敷いた。






ペダルをJAMMAコネクターに配線。






ブレーキペダルだけにバネを入れる。






端材にネジで固定。






試運転!

配線ミスは無かった(^ω^)






基板を筐体に収めた。






そしてOut Runのヘッダーを筐体に取り付ける。

少し上に取り付けたので、ステレオスピーカーが手前に転落するのを防ぐ役割も果たしている。






このヘッダー、実はアウトランデラックス筐体のナンバープレート部?に使われていた本物。

(画像はWikipediaより)






右手でシフトレバーを操作するので、左ハンドルのテスタロッサを運転している気分に!!(笑)

フットスイッチもしっかりとアクセルとブレーキとして、違和感なく操作できた(^ω^)






クリアも出来た!

この筐体、おもちゃフェスティバルで一般開放します。






スポンサーサイト



category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 6   

のみつ氏、所有筐体が2→4に! 

昨日、のみつ氏と2人で、全日本テーブル筐体愛好会会員ナンバー15番のRCD氏の自宅へ行って来た。

俺は昨年の12月以来2回目、のみつ氏はRCD氏とは昨年11月のインベーダーハウスで初顔合わせしていたが、ガレージゲーセンは初訪問。

RCD氏のブログ「ガレージゲーセンな日常」
http://rcd33.blog.fc2.com/blog-category-2.html





なぜ訪問することになったのかと言うと、先日RCD氏がTwitterで「不要なテーブル筐体を処分する」とつぶやいてたのを俺が発見!

俺が貰おうかなと思ったが、「テーブル筐体を増やしたい!」と息巻いていたのみつ氏と、全日本テーブル筐体愛好会会員ナンバー10番のT氏に伝えたところ、のみつ氏がすぐに反応し、RCD氏と直接Twitter上で話し合いが持たれ、のみつ氏がマイカーで3/3にテーブル筐体を引き取りに行くことになり、たまたま仕事が休みだった俺も同乗させてもらうことに(^ω^)

お昼頃に三条市を出発、北陸道、上信越道を走り長野県へ。






そして2時間半ほどで無事に到着!

早速、車庫に置いてあるテーブル筐体を見せてもらう。






二本脚タイプで天板ガラスの傷も少なめで、とても良好な状態。

しかもヤフオクで高値で取り引きされている、セイミツのコンパネ付き!!






ブラウン管はスペアパーツとして残しておきたいとの事でモニター無しなのだが、のみつ氏は液晶モニターのテーブル筐体を作りたがっていたので、ドンガラ状態でも充分満足(^ω^)






テーブル筐体を運び出すのみつ氏とRCD氏。






ネジ2本で仮止めしてあった筐体を分割!






ブラウン管に比べスリムな液晶モニターを載せるなら、上の部分だけにして「座卓テーブル筐体もいいかも!」などと冗談を言って盛り上がる3人(笑)






分割してあったおかげで、余裕で積み込むことができた。






車庫には大阪行きのテーブル筐体も。

このコンパネはRCD氏自作の物で、じっくりと観察させて貰った。






そしてガレージゲーセンRCDへ!

のみつ氏、歓喜の声を上げる(笑)






のみつ氏はお気に入りのゲームであり、自身も基板を所有する「ファンタジーゾーン」をプレイ。






俺はテーブル筐体でスクランブルをプレイ。






NEWアストロシティにはダブルドラゴン、アストロシティはファイナルファイトとギャプラス。






ブラストシティには、出たな!ツインビーと、ツインビーヤッホー。






NEWネットシティは沙羅曼蛇2と沙羅曼蛇。






NEWネットシティにXbox360の怒首領蜂最大往生?、エアロシティにファンタジーゾーン。






テーブル筐体にコナミアーケードギャラリーは良い組み合わせ( ̄▽ ̄)

基板がデカイのでギリギリ入ったらしいが(笑)






俺もファンタジーゾーンをプレイ。






若くて可愛らしい奥さんから温かいコーヒーと美味しいケーキを頂く(^ω^)

前回はこのテーブル筐体で奥さん手作りのナポリタンをご馳走になったなぁ(笑)






のみつ氏は安全地帯を使ってケーキを食べる(笑)






ゲームプレイはそこそこにゲーム談義で盛り上がり、俺やのみつ氏は馴染みが無い、エアロ~NEWネットの筐体の仕組みやらをRCD氏からレクチャーしてもらった。

テーブル筐体とは違い、画質調整や音量調整がコンパネ内部のボタンやツマミでお手軽に行えることに驚き。

そしてなんと、ダブルドラゴンが入っているNEWネアストロシティ1台を、のみつ氏が貰うことになった!!

しかも5月頃に三条に訪問予定のRCD氏が、マイカーにNEWアストロシティを載せて来てくれるとのこと!!

願ったり叶ったりののみつ氏。

帰りの車の中で「どの基板を入れようかなぁー!」「筐体が2台からいきなり倍増の4台になる!!」と、にやけ顔で興奮していた(笑)

俺も今回RCD氏から、アストロサイズのコンパネ3個とネジを多数頂いた!

RCD氏、毎度毎度ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

俺もバーチャ2用に、いつかはNEWアストロシティと2L6Bコンパネを持ちたいな(^ω^)

category: マニア宅訪問★長野県

TB: 0    CM: 0   

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード