テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

まもなく放送! 

今夜22:55から放送のNHK「ドキュメント72時間」で新潟県燕市の「公楽園」が登場!!










公楽園に行った時の様子↓
http://bz504178zb.blog.fc2.com/blog-entry-109.html




スポンサーサイト

category: 昭和レトロスポット

TB: 0    CM: 4   

テクポリ~ユウピット~スタフィ 

朝一にチャンべ2の動作確認など。










車庫へ行き、音に不具合がある熱血硬派くにおくんのコンデンサの型番をメモる。

まともな基板の修理はしたことがないけど、とりあえずコンデンサの交換で、くにおくんには是非とも不良から立ち直ってもらいたいw






SNKキャンディ18筐体の麻雀コンパネが届いていたので開封。






Hボタン周囲の擦れがハンパないww

カプコ…ユウガの麻雀学園かマル禁版に使用されていたのだろう。








貸し出すスプラッターハウスの動作確認。






テーブル筐体を積んで長岡市へ。






テクノポリス到着。






ポッ拳導入済!








テーブル筐体を降ろす。






スペハリの隣のテーブル筐体と入れ替える。






約2年間お疲れ様ー。






このテーブル筐体は任天堂製で、製造時にはポパイが組み込まれていたことが、筐体側面に貼ってあるステッカーで確認できた。

ポパイの基板を入手したので、復元させようと思っているが、問題はコンパネ。

任天堂の垂直コンパネ、どこかに転がってないかなぁ^^;






ユウピット電子で、くにおくん用のコンデンサーとプラスチックケースを購入。








スターフィールドでは平安京エイリアンに遭遇!






近所の駄菓子屋で遊んだ思い出がある。






難しいけど懐かしかった。






8月下旬頃までの限定稼働らしいので、遊びたい人は早く!!

間もなく開催の長岡大花火大会の帰りにでもどうですか?






インスト。






帰り道で立ち寄ったお店でラムネまんじゅうを購入!






ラムネの香りと味がして美味しかった( ̄▽ ̄)

category: ゲームグッズ

TB: 0    CM: 0   

貸し出した筐体が戻ってきた 

貸し出していた駄菓子屋アップライト筐体1台とテーブル筐体2台とゲーセン椅子が戻ってきた。








それぞれ動作確認したら無事に動いて一安心( ̄▽ ̄)










そういえば1年前の今頃、スーパーあいでんの憩いの広場を借りて「第1回無料ゲームコーナーインベーダーハウス」を開催したんだよなぁ。










今年もインベーダーハウスの開催を予定しています!

category: 所有筐体

TB: 0    CM: 2   

麻雀スタジオ101テーブル筐体のレストア 

車庫の奥の方で眠っていたテーブル筐体を引っ張り出してきた。






いつ頃いくらで買ったのか覚えていないし、まだ梱包されたままの状態^^;






麻雀スタジオ101が入ったテーブル筐体だった。






傷多めの天板ガラス(>_<)

麻雀スタジオ101の基板は、先日うしみつくんにあげたがもう1枚あったのか。(←この基板は昨年末の長野遠征の時にお世話になった、チョイノリさんの元へ嫁ぐことに)






天板ガラスを外してインストを回収しようとしたら、右のインストがガラスに貼り付いていて敗れてしまった。

無事だったライセンスシールを左のインストに移植した。






ロックされた状態のテーブル筐体だったので、天板の開放に一苦労( ;´Д`)

ドリルで開けるの面倒だしうるさいし避けたかった。






無事に開放。

内部は結構汚れていた。






金庫もロックされていたが、鍵の内側のナットが緩んでいて、キーベロが外れかかっていたので、コインが金庫に落ちる穴から指を入れてナットを外してキーベロを外して開放。

金庫の下のスペースから300円出てきた(^ω^)






筐体内部のホコリをブロワーで吹き飛ばした。






筐体のコネクターは、2コネの麻雀コネクター仕様だった。

JAMMA配線に組み替える。






JAMMA化成功。

画面が反転していたので、モニター基板にある反転コネクターを差し替えた。






不要になる麻雀コンパネから配線を取って、コントローラーの配線にリサイクル。






天板は化粧板タイプではなく、木目丸出しのネジ穴もむき出し。






黒い画用紙を両面テープで貼り付けた。






天板ガラスはストックの透明タイプに交換することに。






ソンソンの基板、インスト、純正コンパネを取り付けてみた。






レバーガイドが4方向で1ボタンのペアパネル。

トイポップとかテトリスとかコラムスにも使えるな。






ソンソンはファミコン版で遊んだ思い出が。






このテーブル筐体のモニターは麻雀牌の焼きつきがあるけと、ブラウン管とモニター基板がフレームに組まれているタイプで、筐体からモニターを脱着しやすいし、モニターを回転させる時も配線が絡まる心配が無いので、非常に重宝しそう。

肝心の映りもバッチリなので、イベントで活躍させようかな。

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 2   

麻雀学園のPOPを飾った 

ゲームセンターα+1のアストロシティで、俺の麻雀学園が稼働中。

オリジナルのPOPを持っているので、POPをカラーコピーした物を飾ってみた。






カラーコピーして厚紙に貼り付けてPOPを作った。

さすがに貴重なオリジナルを飾るわけにもいかないしね^^;






イラストが裏表で異なるので、こんな感じで2個置くのが良かったかなー。

ちなみに左はオリジナルのPOP。






プレイしてみた。






家でタダで遊ぶのと、ゲーセンで100円を入れて遊ぶのは、緊迫感がまるで違うなw






ヤラレタ( ;´Д`)






再挑戦したら今度は勝てた!






あきまん氏のイラストだったかな。






麻雀学園は高校生の頃、まるよしのゲーセンでよく遊んだなぁ。






category: 所有基板

TB: 0    CM: 0   

キネマカンテツ座の麻雀筐体 

キネマカンテツ座に設置中の麻雀テーブル筐体。

麻雀ファンクラブを入れていたがインカムが落ちてきたとのことで、入れ替えることに。






新潟産のお米を使ったライスコロッケの「カンテツコロッケ」美味しいです。






麻雀ファンクラブ-アイドル最前線-は、ビデオシステムのアイドル麻雀シリーズ第2弾。

代わりに入れるのは、第3弾の「麻雀夏物語」

夏が近づいてきたしね(笑)






テーブル筐体の天板を開く。






左が麻雀ファンクラブ、右が麻雀夏物語。






基板をセットしてインストを入れ替える。






プライスダウンして2ゲーム100円に!






ゲームスタート時の持ちGOLDも、ノーマル設定の1000Gから6000Gに変更!






持ち点もノーマル設定の1000点から5000点に変更し、ゲーム難易度も下げた!






遊びやすい設定にしたので、連コインする人が出るといいな。






麻雀夏物語の敵キャラクター、ナンノちゃんの画像をTwitterに上げたら、なんとこのイラストを描いた当時のビデオシステムのスタッフの方から声をかけて頂きビックリ!

このナンノちゃんのイラストは、本物よりも可愛いと当時から思っていたので、それを描いた方と繋がれるなんてTwitterってスゴイわ(^o^)






暑い夏、キネマカンテツ座で冷たい飲み物とカンテツコロッケを、テーブル筐体の上で楽しみつつ、麻雀夏物語をプレイしませんかー?

category: 所有筐体

TB: 0    CM: 0   

NEWラッキーエイトラインのテーブル筐体 

エイトラインのテーブル筐体をいつものようにJAMMA化。






インストラクションカード。






モニターは18インチで映りは悪くない。






しかし焼けは結構キツイかな^^;






エイトラインやポーカーの基板は、映像と操作系統には72ピン、電源系統は20ピンのコネクターが使用される。






不要になるエイトラインのコンパネを外す。

2P側のコンパネは一旦取り外し再利用出来るボタンを取り、ボタンホールを塞いでからコンパネを筐体へ戻して、2Pコンパネ部の塞ぎ板代わりにした。






映像、音声、コインなどの信号線を、エイトラインの72ピンコネクターからJAMMAの56ピンコネクターへ移植。






電源系統も移植して絵出しに成功!






コンパネはサンワの2L6Bを取り付ける。






エイトラインのコンパネに使われていたリード線を再利用して、レバーやボタンの配線を行う。






筐体とコンパネの間の配線は、コネクターを挟むことで、以後のコンパネの脱着が簡単に。






配線完了!






サービススイッチ、テストスイッチも配線した。






カラーコピーしたスペースインベーダーDXのインストをカット。






こんな感じにアレンジ。






完成!

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 0   

またまたイレギュラーラジオからの基板修理  

7月11日のカンテツ放送委員会は、パーソナリティの関本ひでじろうさんが「ジャパンフーズ&プロダクツinマカオ2015」で、キネマカンテツ座自慢のライスコロッケ「カンテツコロッケ」を販売するためにマカオへ行っており不在だった。

会場の様子(ひでじろうさんのFacebookから画像を借用)

アラフォー以上には懐かしい金萬福氏の姿が。


メチャウマのカンテツコロッケ!


ということでカンテツ放送委員会は、パーソナリティにきよ里さんを迎え、ゲームトークコーナー「ゲームセンター768」もいつもより尺が少し長めで放送。

ゲームに疎いであろうきよ里さんに配慮して、番組テーマはファミコンでメッセージを募集していたけど、今回はメッセージが届いていなかった^^;

その分、毎度お馴染み打ち合わせなしのフリートークを、俺、のみつ氏、前回に続いて出演のしゅうまっくす氏、きよ里さん、アシスタントの青柳くんの5人で、大いに盛り上がった!

俺秘蔵の携帯型ファミコンの始祖「ゲームアックスカラー」や、しゅうまっくす氏秘蔵のΖガンダム(懸賞品1000本限定)をスタジオに持ち込んだ。


当日の放送は、約1ヶ月間Ustreamで視聴できます↓


http://www.ustream.tv/channel/キネマカンテツ座presents-カンテツ放送委員会

ゲームセンター768終了後、のみつ氏はすぐに仕事へ戻り、俺、しゅうまっくす氏、ラジオを聴きに来ていたT氏の3人で、燕市の純喫茶ロンドンで昼食を食べることに。


ロンドンは3月に京都のK氏と来て以来だな。


もちろんギャラガ'88のテーブル筐体の席へ。

3月の時もそうだったように画面がバグっていた(>_<)


俺は焼そば、2人はエビピラフを注文。


喫茶店のテーブル筐体で食事って最高( ̄▽ ̄)


土曜の13時過ぎだけに、店内は小さな子供を連れた家族などで意外に?賑やかだった!


食後、店員さんに話をして、基板のチェックをしてみた。


ROM押し、上下のボードを繋ぐコネクターを押したら、バグが解消!!


簡単に治って良かった( ̄▽ ̄)


店主の方からアイスコーヒーをご馳走になった^^;


しゅうまっくす氏もワンプレイ。


次に我が家へ移動。

事前にしゅうまっくす氏からリクエストを受けていたベラボーマンをコンソレット18に組み込んでおいた。

当時コンソレット18でベラボーマンを楽しんで以来という、同じ環境でのプレイに感激するしゅうまっくす氏。




T氏は得意の沙羅曼蛇をプレイ。



一通り遊んだ後、車庫へ行って、しゅうまっくす氏が最近入手したテーブル筐体を彼の車から下ろした。
花札仕様のテーブル筐体で、調べたところ、残念ながらモニター基板が故障していた。

しかししゅうまっくす氏は液晶モニターを載せたい考えなので、モニター基板の修理はせずにブラウン管一式の撤去を希望したので、放電処理をして撤去してあげた。
テーブル筐体初購入のお祝いにテーブル筐体用のサンワ2L6Bコンパネをプレゼントしたら、代わりにプーカァのぬいぐるみとわさびのり太郎を貰った( ̄▽ ̄)



その後しゅうまっくす氏から送られてきた画像↓
さっそく液晶モニターを組み込み、プレステ2をXRGB-1経由でアップスキャン表示に成功したようだ。

category: ラジオ☆カンテツ放送委員会

TB: 0    CM: 0   

今月のラジオもいつもと違う 

今日の昼12時から生放送の「キネマカンテツ座プレゼンツ カンテツ放送委員会」は、パーソナリティの関本ひでじろうさんがマカオでカンテツコロッケを売るために2回目の海外遠征中なので、代役として「きよ里」さんがパーソナリティを務めます。






きよ里さんは三線弾きのプロミュージシャン、燕三条FM「きよ里のわがまま土曜日」パーソナリティ、三条地区BBS会会長、三条市ボランティア連絡協議会会長と幾つもの顔を持っていて、地元三条市では名の知れた有名人。

三条市ボランティア連絡協議会には全日本テーブル筐体愛好会が所属しているので、きよ里さんとは月に一回ほど会議でお会いしています。






てか、きよ里さんとの出会いがあったからこそ、全日本テーブル筐体愛好会が設立できたと言っても過言ではないんだよなぁ。

今から2年前である2013年の春、三條新聞で「三条おもちゃフェスティバル」の記事を見た。

三条おもちゃフェスティバルは「親子で一日楽しめるイベント」ということで、ここに俺が持っているテーブル筐体を並べて無料開放したら、親は懐かしく、子は新鮮な気持ちで楽しんでもらえるんじゃないか?と考えた。

色々調べたら三条おもちゃフェスティバルを主催しているのが三条市ボランティア連絡協議会という団体で、しかもその団体の会長がきよ里さんだと知った!

きよ里さんとは2008年頃に三条市にある「スナックプレジャー」(新潟県のB'zファンの聖地。店内はB'zのポスターで埋め尽くされ、B'zのボーカル稲葉浩志のサイン色紙も飾ってある)のカウンター席で、たまたま隣同士になったことで知り合い、プレジャーのママの仲介もあってカラオケしたりトークしたりで盛り上がり、その時に名刺を貰っていたので彼女のことはよく覚えていた。

そして2013年の秋頃に、きよ里さんに連絡を取って三条おもちゃフェスティバルでのテーブル筐体の展示を提案したところ快諾してもらい、2014年3月の三条おもちゃフェスティバルに初参加した。

2014年の三条おもちゃフェスティバルの様子↓
http://bz504178zb.blog.fc2.com/blog-entry-321.html?sp







そして2014年4月からは三条市ボランティア連絡協議会に所属することになり、名付けた所属団体名が「全日本テーブル筐体愛好会」なのである。

三条市ボランティア連絡協議会に所属したことで、「さんじょう108appy」という三条市が行っている市街地活性化事業を知ることになった。

さんじょう108appy↓
http://www.city.sanjo.niigata.jp/chiikikeiei/page00240.html





その事業活動の一環として開催したのが、昨年の7月と11月にスーパーあいでん本町店の憩いの広場を無料で借りて主催した「無料ゲームコーナー インベーダーハウス」なんだよね。

昨年7月のインベーダーハウスの初日↓
http://bz504178zb.blog.fc2.com/blog-entry-403.html?sp






↑このインベーダーハウスでのみつ氏とひでじろうさんと知り合い、昨年12月からはカンテツ放送委員会に出演することに繋がり、今年5月に燕三条FMラヂオは~との社屋で行った「リアルゲームセンター768」のキッカケになったわけで。






更に言えば昨年の11月のインベーダーハウスでは、三条市からマスコミに告知が行き、三條新聞、新潟日報、県央ドットコムの取材が入り、新潟日報の記事を読んだテレビ新潟のプロデューサーからの要請で、「新潟一番サンデープラス」の噂ハンターやすしのコーナーでテレビ出演するまでに至った。






話が脱線したが、今日のカンテツ放送委員会の中のゲームトークコーナー「ゲームセンター768」のテーマは、ゲームに詳しくないきよ里さんでも付いて来れるようにと「ファミコンの思い出」にしました。

番組ではファミコンに関するメッセージをお待ちしています!

メッセージはこちらから↓
http://www.heart768.com/message/?code=kantetu





きよ里さんについて詳しく知りたい方はTwitter、Facebook、またはこちらを↓

きよ里さんブログ「その女、善良につき」
http://s.ameblo.jp/3bbs/

よみうりオンライン
http://www.yomiuri.co.jp/local/niigata/feature/CO004154/20141123-OYTAT50060.html


category: ラジオ☆カンテツ放送委員会

TB: 0    CM: 1   

次女が初源平 

俺が22年前に最初に買った基板が源平討魔伝。

近年長女が源平討魔伝にハマりワンコインクリアできるようになった。

昨年11月の第2回インベーダーハウスにて。








長女が描いたイラスト。










そして先日次女がゲーセンで源平討魔伝を初プレイ。






地獄一、地獄二をクリア!






義経との戦い。






残念。






難しいゲームの源平討魔伝の初プレイで義経まで来れたとは「見どころのある奴じゃ」(笑)






完。

category: 所有基板

TB: 0    CM: 4   

バンクパニックが面白すぎる! 

基板を買い始めた初期の頃、多分1995年頃に購入し、2000年代初頭に基板を大量に手放した時でも売らずにかれこれ20年所有している「バンクパニック」

先日遊んだら非常に調子が良かった。

ノーミスで22面っても珍しい。






得点での残機増の他にエクストラボーナスで更に残機が増えた!






23面で残機7!

生首が7個並ぶのは初めて見たw






そして9万点突破で更に残機が増え、8個の生首がww






28面クリアまでノーミスで進んだ!!






残念ながら29面でミスして残機は7に。






手に汗握りながら31面へ!






なんと31面で3機失ってしまった(´Д` )






32面でも1機失う(>_<)






そして33面では2機も失ってしまった_| ̄|○

緊張の糸が切れてきたか?

だがもう少し頑張って150万点を超えれば1機増える!!






しかし残念ながら34面で力尽きる( ;´Д`)






1388650点、プレイ時間50分15秒、到達ステージ34面!

過去最高記録達成ー!!






バンクパニックはセガマークIII以前の機種と海外マスターシステムへの移植のみという、なかなか家庭では遊び辛いゲームなのがとても不運。

復刻されなかったのは開発がセガでは無く他社だったことにも関係するのかな?

基板はレトロ物の中でも比較的安価で手に入る部類で、尚且つ反射神経が試される超面白いゲームだと思うので、ぜひ遊んでみてください。

実機はなかなかゲーセンで見ませんが、3000in1などのエミュ基板には収録されているはずです。

category: 所有基板

TB: 0    CM: 0   

インストを大量に頂いたー!! 

某所からインストを大量に頂いてしまった((((;゚Д゚)))))))






コピー基板系!

かなりの珍品も多数含まれている!!






マイナーゲーム系!






任天堂!!

モンキーマジックとか((((;゚Д゚)))))))






高額基板系!!






探していたインストが多数含まれていてメチャクチャ嬉しい(((o(*゚▽゚*)o)))

イベントの時に展示するのも良いかもしれない。

category: ゲームグッズ

TB: 0    CM: 2   

テーブル筐体はコンパネが命 

これは10年近く前にヤフオクで買ったテーブル筐体。

コンパネはセイミツ製で、基板は上海が入っていたと記憶している。

買った時に少し遊んだ程度で、その後は車庫の2階でずっと保管していたので、イベントで使うことはおろか、近年は通電さえしてなかった。






最近モニターを抜き取り、京都のイベントで使用したハーフテーブル筐体に移植したので、中は空っぽ。






モニターを抜き取った時に筐体内部を見て思い出したのだが、このコンパネは6本のネジを外すことなく、バーをスライドさせることでコンパネを開放することができる「ワンタッチ型」(仮称w)だった!





一般的なセイミツ製のコンパネでこのようにコンパネを開放するには、コンパネ板と筐体を固定する3本のボルトと、コンパネ板とコンパネ部を固定する3本のネジを外さなければならず、ジョイスティックのレバーガイドを8方向↔︎4方向に入れ替えるのも一苦労であるが、このワンタッチ型では、ドライバーやペンチ不要でバーをスライドするだけでこの状態まで持っていけるので非常に便利!






そんな便利なコンパネを持て余しておくのは勿体無いので、積極的に使用することにしよう!

ちなみにセイミツ製のテーブル筐体用のシングルコンパネは、多分20個以上所有しているが、ワンタッチ型はこれ1個しか持っていない(´Д` )






化粧板は錆は無いものの色褪せなのか色が薄く、ファミコンの「とびだせ大作戦」の3Dグラスで覗くと立体的に見えるのではと思ってしまうほど印刷がズレていて目がおかしくなる(>_<)






なので別のコンパネの化粧板(未使用品)と入れ替えることにする。






上は一般型、下はワンタッチ型。






裏側の様子。

上の一般型の3個の蝶ネジを外す手間が、下のワンタッチ型では不要なのである。






化粧板を入れ替えるために分解する。






化粧板の四隅のボルトを外して、コンパネから化粧板を外した様子。






この一般型のコンパネは、10年近く前に山口県のサンマックという会社から買った中古だが、化粧板はまだ保護シートが貼ってある状態の新品。

今回保護シートを剥いで、ワンタッチ型のコンパネに移植する。






移植完了!

ピカピカの化粧板は気分が良いなー\(^o^)/






同じようだが色々違いがある化粧板。






ハンダ付けだったボタンは、ハンダ吸い取り線で余分なハンダを除去して、ファストン端子での接続にすることで、ボタンの交換を容易にした。






コンパネと筐体は15ピンのコネクターを介して脱着可能にしているので、このコンパネにも15ピンのコネクターをハンダ付けする。






aitendoで1個75円で売っている格安コネクター。






さっそくゲーセン部屋のテーブル筐体に取り付ける。






取り付け完了。

ちなみに2Pスタートボタンはコイン信号と繋いでいるので、それを押せばクレジットが上がる仕組み。






15ピンコネクターの様子。

指をかけているのがコンパネを開放するスライドバー。






スライドさせればコンパネを手前に開放できる。






これで簡単にボタンの交換や、青色のレバーガイドの入れ替えができる。

パックマン、ドラゴンバスター、ニューラリーXなどなど、4方向レバーじゃないとマトモに遊べないレトロゲームが結構あるので、このコンパネは重宝しそうだ!

まあレバーガイドの入れ替えにはドライバーが必要なんだけどね^^;






俺はセイミツのLS-32が好み!


category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 4   

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード