テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

ナムコテーブル筐体2台目ゲット! 


2016年1月23日、全日本テーブル筐体愛好会会員ナンバー64番ひげ丸さん経由で、2台目となる「ナムコT-3型テーブル筐体」を入手した!






ひげ丸さんが運んで来てくれた(*´▽`*)






さっそく細部をチェック!






間違いなくナムコ製。

1号機と比較して「所有ナムコ」シールが2枚無いけど、古いものだし仕方ないな。






コンパネはナムコ製ではなく、セイミツのコンパネに交換されていた^^;






2P側のコンパネもセイミツ製に交換されていた。






特徴的な光るスタートボタン。

果たして点灯するのか?






天板ガラスはnamcoのマーク入りの純正ガラス!

ガラスの傷も1号機よりも少なめでgood!






若干色褪せがあるが純正の「コイン投入口」シート。

1号機のは本物を撮影したものを印刷した複製品なので、純正を手に入れられて嬉しい!






シワがあるけどこちらも純正の「スタートボタン」シート。

こちらも純正品を手に入れたのは初めて!






いよいよ筐体内部をチェック!






ナムコ筐体ではおなじみのスイッチ類。






1982年製か。

スーパーパックマンやディグダグが発売された年で、翌年の1月にはゼビウスが発売されている。

このテーブル筐体はどんな基板が組み込まれていたのだろうか。






改造履歴票は未記入だった。






肝心の配線。

本来はナムコ配列の44Pエッジコネクター、電源が3Pコネクター、映像が6Pコネクターなのだが、36Pエッジコネクターのタイトー配列(KIC配列)に組み替えられていて、それをJAMMAに変換するハーネスが挿さっていた。

ちなみに1号機の方は配線の改造は行われておらず、ナムコ純正?のJAMMA変換ハーネスが付いていた。






モニターはどんな感じなんだろう。






ブラウン管を持ち上げた様子。

本来はブラウン管とモニター基板がフレームで組まれて一体化しているはずだが、フレームの一部が欠損しており、モニター基板は筐体にネジで固定されていた。






モニター基板があの位置に固定されていると色々マズイことがある。

このテーブル筐体は一般的なテーブル筐体と違い、アンダーボックスに扉が無い。

扉からモニター基板のツマミを調節することができないので、いちいちブラウン管を持ち上げないと調節できない。

さらにブラウン管を縦向きにすると、ブラウン管のネック基板とモニター基板が接触することも判明。

このモニターをこの筐体で使い続けるには、横画面ゲーム専用、モニターの映りの調節が厄介、ということになる。

一旦ブラウン管とモニター基板を抜き取った。






モニター取り付けの問題は後回しにして、内部を清掃することに。






横倒しにしてブロアーで内部のホコリを吹き飛ばした。






反対にも倒してホコリを吹き飛ばした。






この日は大雪((((;゚Д゚))))

寒い車庫で作業を進める。






1Pのコンパネを外す。






配線もカット。






15Pコネクターをハンダ付け。






ゲームセンターヒジヤンに置いてある源平討魔伝仕様のテーブル筐体からコンパネを移植。






コンパネが変わるとナムコらしさが高まった(*^ω^*)






ガラスを外した。






純正のゼビウス大インスト2枚と純正の100円シールを用意。






ゼビウスのインストが収まったその姿に興奮し寒さを忘れた(笑)






配線はこのままにしておこうと思ったが、JAMMA配列ではサポートされていないスタートボタンのランプの配線のことなど考え、ナムコ配列に復元することにした。






ナムコ配列からタイトー配列に組み替えた時に外されたスタートボタンのランプやサービスやテストの信号線に、それぞれ名前がついていた!

改造した人のちょっとした心遣いのおかげで、配線を追わずに済んで助かった^^;






44Pコネクターを用意し、タイトー配列からナムコ配列に組み換える。






44ピンコネクターの配線が完了。






+5Vと+12Vは3Pコネクターを使用する。





映像信号は6Pコネクター。

これらコネクター類は以前秋葉原のパーツショップで購入しておいたもの。






ナムコハーネスの6Pコネクターを手本に間違えないように配線。






電源投入!

+5Vが高い!






+5V調整用と思われるボリュームを発見し回す。






調整完了!






モニターが載っていない状態ではあるが、ゼビウスの基板を接続して電源を投入してみる(>人<;)






スタートボタンのランプが光った(((o(*゚▽゚*)o)))

でも光るのは2Pスタートボタンだけ?






ボタンを調べてみる。






分解してみたところ、ボタン内部の小さな電球が切れていたようだ。






ほぼ同型のボタンから電球を取り出して移植。






この小さな電球、製造が終わっているらしい( •᷄⌓•᷅ )






組み立てる前に通電したらバッチリ光った!






キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!






絵出ししてみたくなり、外したモニターを筐体内へ戻した。






やっぱりモニター基板を設置出来るスペースが無い(´・ω・`)






ここなら映りの調節が楽にできるが、ゲーム基板が入らなくなる(๑´• ₃ •̀๑)






通電!

あれっ!?

画面がおかしい((((;゚Д゚))))






モニター基板を壊したかもしれない( ˃̣̣̥ω˂̣̣̥ )






今回手に入れた2号機は来月7日のイベントで使用したいので、とりあえず1号機のモニターを移植することに。






1号機からモニターを抜いた。






ちなみに1号機は2号機よりも約1年後に製造されたようだ。






1号機のモニターを2号機に載せるにあたり、電源コネクターの加工を行った。

最近コメリで買ったLEDクリップライトが大活躍!

手元がグッと明るくなり作業しやすい(*´▽`*)






2号機にモニターを載せた。






バッチリ映った∩(´∀` )∩ワァイ♪






コンパネと筐体の両方にスタートボタンがあるのは変なので、コンパネの方のスタートボタンを外す。






外した穴にはホールキャップをはめた。






何とか形になったぞ!






最後にコインボタンを増設して完成!






貴重なナムコのテーブル筐体を斡旋してくれたひげ丸さん、ありがとうございました!!

3月の三条おもちゃフェスティバルでも使用したいと思います。

スポンサーサイト

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 7   

愛好会の新年会★番外編「ホテル公楽園に宿泊&取材」 


新年会解散後、俺、チョイノリさん、ぶーぶたさん、ひげ丸さん、カトウタカトシさんの5名は、お昼にトーストサンドを食べた公楽園へ再びやって来た。






ちなみに公楽園、昭和51年に建造されたようなので、開業して40年を経過している。






本日二度目の公楽園の訪問の理由は、トーストサンドでもなくゲームでもなく、宿泊のため(笑)

公楽園で宿泊するのはひげ丸さん以外今回が初めて。

シングルルームに5人がそれぞれチェックイン。






公楽園は深夜0時を過ぎるとビデオゲームの電源は落とすものの、UFOキャッチャーなど風営法対象外の機械は稼働し続け、自販機コーナーは24時間営業している。

しばらく自販機コーナーでみんなと過ごし、その後2階のホテルへ移動。






いかにも昭和な感じの壁紙といい、ホテルの廊下の佇まいは何とも怪しげな雰囲気(笑)






俺は5号室。






部屋はこんな感じ。






親戚の家の応接間に似てると思った。






調度品もおそらく昭和51年からそのまま使用していると思われる。

流石にテレビは液晶テレビだったが。






浴衣、バスタオル、タオル完備。






洗面台には髭剃りと歯ブラシ。

ドライヤーが無かったので必要なら持参しなければならない。

もしかしたらフロントに言えば貸してくれるのかも?






お風呂とトイレ。

浴槽には修繕跡が。

シャワーは温度調整機能付きだった。






造り付けの暖房は故障しており使用不可。

空調は家庭用のエアコンが後付けされていた。






アンテナやコンセント部も昭和な感じ。

部屋の印象としては古さ全開だけど汚い感じは無く、カビ臭かったりするわけでもない。

今ではなかなかお目にかかれない昭和な空間が、素泊まり2880円で堪能出来るというのは、昭和レトロマニア以外にもオススメ!






ぐっすり眠って朝を迎えた。






田んぼの中で海も比較的近いので風が強く、部屋によっては風切り音が気になるかもしれない。






朝食に自販機でカップラーメンを購入。






お湯はテーブルのポットを使用する。






シーフードヌードル、チーズトースト、そしてホットコーヒーという、とてもリッチな自販機朝食を堪能した。






朝も早よからチーズトーストが売り切れ、おばちゃんが補充するところ。






ゲームコーナーを眺める。

上海IIが2台並んでいた。






コラムスとコラムスII。






ホテル公楽園をチェックアウトし、ここでカトウタカトシさんとお別れし、4人で行動。

まずは会社の後輩から情報を得ていた、公楽園から車で10分程のところにある、小さな商店街の中のおもちゃ屋「ジョイフル」へ。






駄菓子屋も兼ねているのか駄菓子も豊富。






ちょい古の家庭用ゲームもいろいろ在庫あり。






約10年前に発売されたLet's TVプレイクラシックが!






ひげ丸さん全4種類お買い上げ~。






次にジョイフルからほど近いショッピングセンターの「パコ」へ。

ここにはビデオゲームが置いてあると後輩から情報を得ていた。

パコの存在は昔から知っていたが入るのは初めて。






昭和末期から平成初頭の雰囲気が感じられる店内に入った途端、ピーコック(新潟県で展開しているファストフード店)の美味しそうな匂いが。

ゲームコーナーは2階かなと思い、ドキドキしながら階段を上がったが、2階は駐車場だった(笑)

しかしピーコックの匂い+ゲームコーナーへ階段で駆け上がるという行動が、初訪問のはずのパコではあったが何だか懐かしく感じた。

かつて三条市内に存在した「まるよし本店」や「長崎屋東三条店」の最上階に位置したゲームコーナーを目指して階段を駆け上がっていた子供の頃の情景と重なった(´∇`)



1階フロアを彷徨い、ゲームコーナーを発見!!






うぉー!!






左からダイナマイト刑事。






故障中のZERO3、KOF98、出たな!ツインビー。






コナミのウインディIIにはガンダム2台、メタスラ3。






これだけの数のビデオゲームが置いてあるショッピングセンターのゲームコーナーは、三条市ではもはや見ることができない。






積極的に最新機種に入れ替えることがない、片田舎のショッピングセンター(失礼w)のゲームコーナーだからこそ、平成28年の今になっても、このちょっと懐かしい空間が存在し続けているのであろう。






セガ ドリームキャッチャー。

これもなにげに懐かしい。






これくらいの年代のUFOキャッチャーは、アームなどを改造してたりするのをよく見かけるが、これはオリジナル状態を保っており、小型のぬいぐるみをキャッチするという、いたってシンプルな筐体。






ぶーぶたさん、ドリームキャッチャーでペンギンのぬいぐるみを100円で掴み上げた!






そしてGET!!






カプコン ぐるリンゲットで大きなカーバンクルのぬいぐるみを狙うチョイノリさん。

初めて見たけどこれはルール的に機械に遊ばされてる感があるな^^;






県央地域にこんな店がまだ存在していたことに驚いた!




そしてワクワクしたし、何より嬉しかった。






20年くらい前のショッピングセンターの雰囲気を色濃く残すパコ、とても気に入った(´ω`)







それから三条市へ戻り、昼食はチョイノリさんのリクエストでイオン県央店の中の「みかづき」(新潟県で展開しているファストフード店)の「イタリアン」(新潟を代表するB級グルメ)を食べた。






そしてゲームセンターヒジヤン2号館で遊んでいたところに、東京から3名の訪問者が!






3名とは某大学の助教授1名とゲーム業界に精通する2名で、某大学の研究において全日本テーブル筐体愛好会の活動内容を取材させて欲しいとの事で、俺とアーケードゲームとの出会いから、愛好会設立の経緯や活動の様子などを中心に取材を受けた。

文化庁のバックアップがある研究なので、取材に対する謝礼を頂戴した(;゚Д゚)

得たお金は故障したブラウン管のモニター基板やゲーム基板の修理費に充てようかな。







category: 新年会2016

TB: 0    CM: 0   

今年のイベント決まりました! 


2016年の全日本テーブル筐体愛好会の活動が2つ決まりました!


このイベントは終了しました

★第2弾★

第9回三条おもちゃフェスティバル

日時:3月20日(日)10:00~15:00
会場:三条市総合福祉センター
入場無料

テーブル筐体や駄菓子屋アップライト筐体、その他ビュウリックスなど、様々な筐体を15台程度設置し、「インベーダーゲームコーナー」として来場者に無料開放します。

設置予定ゲームは今のところ未定ですが、詳細が決まり次第随時告知します。

昨年の様子↓













こちらのイベントは終了いたしました↓

★第1弾★

まるごと博覧会PRESENTS
まるごと県央!住まいるフェスタ


日時:2月7日(日)10:00~16:00
会場:燕三条地場産業振興センター 1F 多目的大ホール
入場無料

テーブル筐体や駄菓子屋アップライト筐体を4~5台程度設置して、来場者に無料開放します。

★設置予定ゲーム★
スペースインベーダー
パックマン
ドンキーコング
ゼビウス

などを予定(変更になる場合あり)

注意
イベントは6日(土)・7日(日)の二日間開催されますが、愛好会がゲームを設置するのは7日(日)のみです。


特設ページ↓
http://www.s-joho.com/smilefesta/index.html









category: 筐体を使ったイベント

TB: 0    CM: 2   

愛好会の新年会★その5「まるいでゲーム宴会」 


ゲームセンターヒジヤンから「春秋まるい」へ移動し、全日本テーブル筐体愛好会の新年会のメインイベント「ゲーム宴会」開始!



第4参加ポイント
「春秋まるいの大広間でゲーム宴会だ!料理やゲームやトークで盛り上がろう!!」




第1参加ポイントのラヂオは~と、第2参加ポイントの公楽園、第3参加ポイントのゲームセンターヒジヤン、そして第4参加ポイントの春秋まるいと、ツアー形式の今回の新年会。

各参加ポイントで人数が増え、春秋まるいでは総勢19人になった。

途中で会員ナンバー4番白ねずみが都合で抜けたので、今回の新年会の総参加人数は20名!

総合飲食店春秋まるいは、会員ナンバー12番のみつが経営するお店なので、一番大きく、しかも筐体搬入が楽なカーペット敷の部屋を用意してもらった。

プロジェクター完備なので、大画面でのプレイも可能!

会員ナンバー64番ひげ丸さんのin1基板のファンタジーゾーンを楽しむのみつ。






普段はエレベーターホールに設置してある3台のテーブル筐体を会場に設置。

ドルアーガの塔、パックマン、メトロクロスが稼働。






右はパナツインと14インチブラウン管ボックス。

左は23年前に基板道に入る時に買ったパカナスタムと回転機能つき液晶モニターをXRGB-2で繋いでいる。

スターフォースで遊ぶ会員ナンバー10番T店長。






左は7インチパチンコ液晶モニターと卓上型基板稼働システムで大魔界村を遊ぶ会員ナンバー66番福田卓也さん。

福田さんの陰に隠れているのは10インチブラウン管に初代テーブル筐体の廃材で自作した電源ボックス。






会員ナンバー34番Wさんが持ち込んだレトロフリーク。

吸い出し時間もわずか数秒だし俺も欲しいなぁ。






のみつ所蔵のセガマスターシステム。

3Dグラスも完備。






俺の音頭で乾杯をしてから自己紹介タイム。

胸には会員ナンバーと名前を書いたシールを名札として貼った(^^)






ゲームが好きな者同士すぐに打ち解け、ダライアスをBGMに会話が盛り上がる。






デュアルシェアーズ撃沈とともに甘エビを食べるw






俺提供のインストカードを賭けた「ハイパーオリンピック100m走大会」開催!!






ルールは単純。

それぞれが100m走をプレイして、上位入賞者から順に好きなインストを選ぶ。






選手はパナカスタムで二人同時にプレイ。






映像はプロジェクターにも映し出し、控え選手は料理を食べながらパブリックビューイング(笑)






結果は

優勝 会員ナンバー77番 池田さん 9秒50
2位 会員ナンバー18番 りょちーん 9秒67
3位 会員ナンバー12番 のみつ 9秒87

でした!

おめでとうございます☆






ちなみに不人気で最後の方まで残ったインストがこちら(笑)






その後も各々ゲームで遊んだり、会話したりで大盛り上がり。






福田さん持参のガントレットを4人同時プレイで楽しむ。






これは会員ナンバー76番フアミコン兄さん持参のFM音源演奏機。

自分で作り上げたとのことで、FM音源自体は秋葉原の家電のケンちゃんのFM音源ガチャで出たものを使用しているとのこと。

パソコンゲームのBGMを奏でていた。






19時頃に始まったゲーム宴会も23時くらいになり、名残惜しいけどお開きに。

最後にチャンべをバックに全員で記念撮影(笑)




今回参加してくれたメンバー


会員
番号 名前
001 ★ヒジヤン★
002 雇用兵
003 桑SAN
004 白ねずみ
010 T店長
012 のみつ
013 じーあがーた
017 チョイノリの人
018 りょちーん
019 B社長
033 カトウタカトシ
034 W看護師
055 ぶーぶーぶたぶた
058 しゅうまっくす
064 ひげ丸
066 福田卓也
071 えびてん
075 あんちゃん
076 フアミコン兄さん
077 池田さん

以上20名(敬称略、Twitter、mixiアカウント名、またはイニシャルで表記)





初めて開催した全日本テーブル筐体愛好会の新年会が無事に終わり、各自帰路に着いたが、一部メンバーは行動を共にして「愛好会の新年会番外編」が始まろうとしていた(笑)


つづく。



category: 新年会2016

TB: 0    CM: 0   

愛好会の新年会★その4「ゲームセンターヒジヤン本館」 


別館で一通り遊んだ後、いよいよ2階の「ゲームセンターヒジヤン本館」へ。

靴の数がスゴイw






人大杉ww








ざっと数えたら12名入店(過去最高)

と言うか、多過ぎなのでゲームセンターヒジヤン初来店の人を中心に入店してもらい、入りきれない一部の人は2号館で遊んでもらった^^;






プーカァとバブルンも人大杉で緊張気味w






ジュニアキングで遊ぶ会員ナンバー66番福田卓也さん。






グラディウスIIで遊ぶ会員ナンバー77番池田さん。






アウトランで遊ぶ会員ナンバー76番フアミコン兄さん。






エグゼドエグゼスで遊ぶ会員ナンバー19番B社長。






源平討魔伝で遊ぶ会員ナンバー75番あんちゃん。






ドラゴンセイバーで遊ぶ会員ナンバー64番ひげ丸さん、ワルキューレの伝説で遊ぶ会員ナンバー18番りょちーんさん。






りょちーんさんはワルキューレの伝説ノーコンクリア!






池田さん源平討魔伝ノーコンクリア!






俺もクレイジークライマーをプレイ!






やっぱり大勢でワイワイとゲームを楽しむのはイイなぁ!

ゲームセンターヒジヤンでたっぷりと遊んだ後は、いよいよゲーム宴会!

一行は春秋まるいへ移動した。

つづく。

category: 新年会2016

TB: 0    CM: 0   

愛好会の新年会★その3「ゲームセンターヒジヤン2号館」 


公楽園を後にした一行は、まず春秋まるいの駐車場へ向かい車を駐車。

そして会員ナンバー64番ひげ丸さんの車と俺の車に分乗して俺の家へ。





第3参加ポイント
「ゲームセンターヒジヤンでアーケードゲームを楽しもう!」






普段は車を止めているスペースに、みんなの力を借りて筐体を並べた。






ブラストにはファイナルファイト、ニューアストロにはバーチャファイター2。






スーパーブロックのアップライト筐体にはギャラクシアンを入れた。






ビュウリックスには大魔界村。






会員ナンバー77番池田さんから海外版ファイナルファイトのヘッダーを貰った(*´▽`*)

池田さんありがとうございます!






寒い車庫がホットなゲーセン状態に!





車庫にこれだけの人数が一度に立ち入ったのはおそらく初めてだなw






バーチャファイター2.1を楽しむ会員ナンバー71番えびてんさん。






会員ナンバー18番りょちーんさん大魔界村2周クリア!






人が多いのでこれを機にエアロテーブルのブラウン管にモニター基板を取り付ける作業を手伝ってもらう^^;






重いブラウン管を数人がかりで筐体から摘出。






会員ナンバー66番福田卓也さんとモニター基板を取り付ける。






配線を終え、モニターを筐体へ戻す俺。






ところがコネクターの挿し位置を間違え、天地が逆に映った^^;

さらに緑が出ていない。






モニターを再度摘出し、配線を調べているところ。

どうやら筐体内のJAMMA変換ハーネスの接触が良くないようだ。






再度モニターを筐体へ。






天地は正常になったが今度は緑に加え赤も出なくなった。

青一色の画面でコラムスをやるのはかなり厳しい^^;






いつもは1人でコツコツと行っている筐体いじりを手伝ってもらったり、みんなに観せながら行うのは、とても新鮮だったし楽しかった(๑´ㅂ`๑)






車庫の2階の散らかっている倉庫も公開^^;

会員ナンバー13番じーあがーたさん、会員ナンバー18番りょちーんさん、ドン引き?w






そしてゲームセンターヒジヤン本館へ。

つづく。






category: 新年会2016

TB: 0    CM: 0   

愛好会の新年会★その2「公楽園でランチ」 


第2参加ポイント
「全国的に有名なレトロスポット公楽園でトーストサンドを食べよう!」







元々レトロスポットマニア、レトロ自販機マニアの間では全国的に有名だったが、昨年NHKの「ドキュメント72時間」で取り上げられたことで更に有名になった公楽園。

ここではトーストサンドや冷凍食品の「自販機メシ」でランチ!







チーズサンド、ハムサンド、愛好会会員が次々と購入。








年季の入った椅子に座る。






俺はとろりとしたチーズサンドを食べた。






買いまくったので売り切れに^^;






その後補充された。








カップラーメンもあるし何を食べようか悩んじゃう(笑)






冷凍食品を食べる人も。







隣の電子レンジでチンする。






こちらはカツどん。






こちらはポークカレー。






愛好会会員も80名を超え、今回が初対面だったり、顔は見たことはあるが会話はしたことがないというパターンも多いのだが、公楽園が醸し出す独特の雰囲気のおかげか、少しずつ打ち解け合ってトークも盛り上がってきた(*´▽`*)






会員ナンバー2番の雇用兵は、成人向けDVDが景品のUFOキャッチャーにチャレンジして、100円でゲット出来たと大はしゃぎw






さらに100円で2枚目をゲットww






店内には成人向けビデオテープ販売機で、成人向けDVDの販売もしている。






千円札が使えないのは野口英世どころか夏目漱石の千円札にも対応していないからか?w






故障したライター販売機。






約30年間、公楽園のお客さんに安らぎを与えてきた椅子。






上海IIをプレイする会員ナンバー4番白ねずみ。






ドリキャスコントローラを接続できるC型パネルも今では貴重。






自販機メシ、ゲーム、トークを満喫し、次の参加ポイント「ゲームセンターヒジヤン」へ移動。

つづく。




category: 新年会2016

TB: 0    CM: 2   

愛好会の新年会★その1「カンテツ放送委員会」 


2016年1月9日(土)に、全日本テーブル筐体愛好会の新年会を開催した。

三条おもちゃフェスティバルやインベーダーハウスなどのイベントに愛好会の会員が集まることはあるが、イベントでは裏方としての参加だったりで、「自分たちでおもいきりゲームを楽しむ集まりをやってみては?」と愛好会の誰かが言ったのが発端で計画した。

時期的に遠方からの参加は難しいと思い、新潟県と長野県在住で連絡の取れるメンバーに声をかけ、総勢20名が参加してくれた!

新年会はツアー形式とし、4ヶ所の参加ポイントを設定。

参加者の都合に合わせ途中参加できるようにした。





新年会の数日前からハーネス作りに着手。






第4参加ポイント「春秋まるいでのゲーム宴会」でコントロールボックスを複数台使用するため、JAMMAをKIC式に変換するハーネスを2本作ったりした。






参加者多数なので同時にゲームを遊べるようにこんな感じで。






そして当日の朝、春秋まるいへ機材の搬入。












搬入後、燕三条エフエムラヂオは~とへ。

第1参加ポイント
「キネマカンテツ座プレゼンツ カンテツ放送委員会を愛好会会員でジャックしよう!」







ちなみにパーソナリティの関本ひでじろうさん(会員ナンバー59番)、アシスタントの青柳くん(会員ナンバー81番)も愛好会会員である(笑)

そして観覧席は愛好会の会員で埋め尽くした(笑)


スタジオには会員ナンバー1番の俺ヒジヤン、会員ナンバー58番しゅうまっくすさん、64番ひげ丸さんが入り、ゲームトークコーナー「ゲームセンター768」の今月のテーマ「お年玉で買ったゲーム」で、愛好会会員のTEAさんからのメッセージを紹介したり、お年玉で買ったゲームの思い出話で盛り上がった。

いつもは20分くらいのコーナーだが、今月はほかのコーナーが中止になった関係で40分ほどに拡大されたことをスタジオに入ってから聞かされたが、トークのネタは尽きずベラベラ喋ってコーナー終了。

ちなみに来月のテーマは「家庭用ゲーム機のマイルドな恋愛シュミレーションゲーム、パソコンの過激な恋愛シュミレーションゲーム、ついでに脱衣麻雀」なので、メッセージお待ちしています(笑)
http://www.heart768.com/program/kantetu/





ラジオを終え、ラヂオは~とから車で10分ほどに位置する公楽園へ、それぞれの車で大移動。

つづく。






category: 新年会2016

TB: 0    CM: 0   

本日昼12時から生放送 

今日昼12時から燕三条FMラヂオは~と&Ustreamで生放送のラジオ番組「カンテツ放送委員会」の中のゲームトークコーナー「ゲームセンター768」

今月は「お年玉で買ったゲーム」をテーマにメッセージ募集中。
http://www.heart768.com/program/kantetu/






category: ラジオ☆カンテツ放送委員会

TB: 0    CM: 0   

新春初ハンダ 

年明けからほぼ毎日餅を食べています。

あんこを付けて食べるのが好きです。

サトウの切り餅を平均4個食べます。





今年2016年の初ハンダ付けはナムコシステムIIのステレオハーネス作りでした。






脚をつけたドットリくんを土台にJAMMA割り込みハーネスのハンダ付け。






システムIIをステレオ出力モードにすると、JAMMAのスピーカー端子からは「右」の音が出力される。

JAMMAのスピーカー(+)と(-)のピンを曲げて筐体の方へ音が流れないようにした上で、ピンにリード線をハンダ付けして、ジャンク箱から拾い出した4ピンコネクターへ。

拡張コネクターからは「左」の音が出るので、「左」のスピーカー(+)と(-)も4ピンコネクターへ。






ナムコの基板はテストボタンを押しっぱなしにしておかないとテストモードから抜けてしまうので、テストボタンはロッカースイッチを使用して、手を離してもonを保てるようにした。

スイッチの片足を直接GNDにハンダ付けした。

ちなみに画像のオレンジ色のコードは、間違えてテストの隣のコインにハンダ付けしてます(撮影後に気付き修正しましたw)






テストモードではサービススイッチを押すことで項目が変わるので、サービススイッチは普通のプッシュ式ボタンを。

こちらもスイッチの片足をGNDに直接ハンダ付け。

ハーネス自体にテストスイッチとサービススイッチを取り付けることで、テストスイッチとサービススイッチが未配線のテーブル筐体などでも、サービスモードに入ることが出来るようにするための加工。






4ピンコネクターの先には、以前なかむーさんから頂戴したスピーカーを配線してみた。






システムIIのワルキューレの伝説に接続。






JAMMAのスピーカー(+)とスピーカー(-)の足は、それぞれ曲げて外部スピーカーに配線してあるので、筐体のスピーカーからは音が出ないようにした。






画像からは伝わりませんが、ワルキューレの伝説の素晴らしいBGMが、2個のスピーカーからステレオで出力されていて感動(๑´ㅂ`๑)






拡張コネクターがもうひとつあるので、今度はシステムIIの音声がコンソレット18のスピーカーからステレオで出力できるようにするハーネスを作る。






これは妖怪道中記やスプラッターハウスなどでお馴染みのシステムIの基板。

システムIをステレオモードにするとJ106の2ピンコネクターからは「右」の音が、JAMMAのスピーカー(+)と(-)からは「左」の音が出力される。






システムIIの拡張コネクターに、システムIのJ106のコネクターと同型のものを配線し、「システムI→システムII変換ハーネス」を作成。






コンソレット18のステレオコネクターは本来システムIのJ106に接続するわけだが、今作った「システムI→システムII変換ハーネス」を用いることで、システムIIの(右)の音をコンソレット18に入力できるようになった。






これでOK!






コンソレット18からはワルキューレの伝説が、ナムコ純正テーブル筐体の外付けスピーカーからはドラゴンセイバーが、それぞれステレオで鳴っている図。






ステレオ化を終えたので、次はグラディウスII装飾のテーブル筐体をいじる。






モニターの映りが暗くイマイチな感じなので載せ換える。






アノードキャップにマイナスドライバーを差し込み放電。






無事にアノードキャップを外せた。






モニター基板も外す。






外したモニター基板(左)と、これから取り付けるモニター基板(右)

それぞれ別のメーカー製です。






ついでにリアルアーケードプロ改のコンパネも外す。






ブラウン管とモニター基板を載せ換えた。

ちなみにモニター基板はハーフテーブル筐体から外したもので、ブラウン管はハーフテーブル筐体のものはエイトライン焼けが目立ったので、薄い麻雀焼けがある同型のブラウン管に交換の上で載せ換えた。






満足のいく映り(*^ω^*)






コンパネはセイミツのものに交換。






ついでにレバーボールとボタンは新品に交換した。

スタートボタンは趣味の悪い色の組み合わせのヤツw






完成。

なぜ一気に部屋の筐体をステレオ化したりメンテしたのかというと、明日の土曜日に全日本テーブル筐体愛好会の新年会があるし、日曜日には取材が入る予定なのです。

category: 所有基板

TB: 0    CM: 0   

越後ジャーナルに掲載 

新年あけましておめでとうございます。

今年も当ブログ「テーブル筐体な日々」、そして「全日本テーブル筐体愛好会」をよろしくお願いします。





昨年末受けた取材は、新潟県の県央地域の情報誌「越後ジャーナル」でした。

1月3日の越後ジャーナルに掲載されました。



俺とアーケードゲームの出会い、基板や筐体を買ったきっかけ、愛好会設立経緯など、詳しく載せてもらえました。

category: 日記

TB: 0    CM: 2   

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード