テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

白い駄菓子屋アップライト筐体 

香港のパトリックさんの代行で落札した、駄菓子屋アップライト筐体が届いた。






かなり綺麗な状態!






24φのボタンが並ぶコンパネ。

キック端子はCPSIIタイプだった。






屋根の内側にスピーカーがある。

こういう造りの駄菓子屋アップライト筐体は初めて見た!

透明のインストボードのところの縦一本線はスピーカーの配線。






裏側。

メーカープレートなどは無かった。

通気口と下には電源コードを収納する穴が。

内部配線はJAMMAで、改造を受けた様子もなく、元々JAMMA筐体として製造された感じなので、1986年以降に作られたものだと思われる。







コンパネを外してみた。

なんと長方形の穴が無い!!

このコンパネはこの筐体専用なのか、コンパネの内側に出っ張りが無いので穴が不要なのかー。







一般的な駄菓子屋アップライト筐体やテーブル筐体は、このように長方形の穴が空いているんだけどなぁ。






ドアの内側の様子。

パトリックさんはこのコンパネは好みじゃないらしく、昔の垂直コンパネに取替えて欲しいという希望なのだが、長方形の穴がないと、コンパネの裏の張り出し部がドアにぶつかって、物理的に取り付け不可である。






うーん困った(´・ ・`)

とりあえずコンパネを外した。






希望の垂直コンパネを当てがってみる。

やはりコンパネの裏側の出っ張りがドアにぶつかって取り付けることが出来ない。






かなり厄介だがドアに穴を開けるしかないな。

筐体からドアを外す。






油性ペンで穴を下書きして、このために購入したホールソーでドアに穴を開けた(๑•̀ㅂ•́)و






そしてノコギリで斬る!!






さらにホールソーで穴開け!






切断!!!






穴が空いた٩(*´꒳`*)۶






穴を若干綺麗にした。

まぁこの穴は外側からは見えないのでこんなもんでイイな。






綺麗なドアに穴を開けて失敗したらどうしようと思ったけど無事に成功し、垂直コンパネを筐体にバッチリ取り付けることが出来た!

あとは配線作業を行って終了(´ω`)









スポンサーサイト

category: 所有筐体

TB: 0    CM: 4   

はるばる香港から新潟へ!? 


2016年
4月10日

全日本テーブル筐体愛好会のFacebookに香港で仕事をしている若き日本人Iさん(俺の半分以下の年齢!)からメッセージを頂く。

「日本のレトロゲームに興味がある香港人から全日本テーブル筐体愛好会のFacebookを紹介された。私は香港で古い日本の駄菓子屋をイメージした雑貨屋を営む香港人の友人です。テーブル筐体を売ってもらうことは可能ですか?」

と言った内容。

俺は「販売目的で筐体を多数所有しているのではなく、自分の為やイベントなどで使用するためにコレクションしているので、販売するほど筐体を持っていません。」

と伝えた。(現在80台以上持ってるけどw)

しかし、香港の人がテーブル筐体に興味を持ち、わざわざ連絡をしてきてくれたことが嬉しかったので、少しならテーブル筐体を譲っても良いと伝えた。

そしたら

「今香港にいますが明日から日本へ出張に行くので会ってもらえませんか?」

との事!!





4月13日

Iさんと香港人のパトリックさんが車で新潟入り^^;

当日は仕事だったので21時に待ち合わせ、我が家へお招きする。






Iさん通訳の元、パトリックさんと希望の筐体の形やゲーム基板の種類を相談。

当初は香港の友人が所有しているテーブル筐体(そのテーブル筐体の画像を見せてもらったところ、昨年ヤフオクで見覚えのある筐体だったので詳しく尋ねたら、やはりヤフオクに出品されていたスペースインベーダーpartII純正テーブル筐体にムーンクレスタが入っているというものだった)に興味があったようだったが、駄菓子屋アップライト筐体の方が気に入ったらしく、ゲームセンターヒジヤンに置いてあるものを譲って欲しいと言われた(OдO`)

任天堂の駄菓子屋アップライト筐体を中心に左がパトリックさん、右が俺。






駄菓子屋アップライト筐体は11台しか持ってないし、まだまだ欲しいくらいで、申し訳ないがお譲りすることはできない、と伝えた。

当時物のインベーダーバッヂをいくつかプレゼントしたら、喜んでくれて記念撮影するパトリックさん(笑)






たまたまヤフオクで駄菓子屋アップライト筐体が、88888円即決で出品されていたのでそれを見せたところ、これでも良いとのことなので、その場で俺が代理落札。

出品されていた筐体は2レバー12ボタンでストII対応コンパネだった。

パトリックさんは「コンパネはこれではなく垂直タイプでボタンが少ない80年代前半のものに交換して欲しい、基板はインベーダーかパックマンが良い」

との希望だった。


その希望に沿って基板を入手し、コンパネを交換して香港へ送るというミッションを請け負った!

Iさんも加わり3人で交渉成立の記念撮影(´ω`)





category: ゲームセンターヒジヤン

TB: 0    CM: 2   

珍筐体いろいろ 


スチール製駄菓子屋アップライト筐体!






同じ14インチのモニターの一般的な駄菓子屋アップライト筐体とのツーショット。

スチール製はかなり小さい。






コンパネが無く、レバーは筐体のドアに直付けw

ボタンは元々1つだった?のか、2ボタンボックスを増設。






扉を開けた様子。






奥の方に10円玉が数枚落ちていた。






51円GET(笑)






他所で見たことがない筐体なので一点物の手作りかと思ったけど、内部構造を眺めてみるとそうでもないらしい。






使われているパーツ的に、もしかしたら不要になったインベーダーのテーブル筐体の廃材を再利用しているのかも?






ぷよぷよ通を通電!






ギャラクシアンを通電!






たぶん縦画面ゲームで遊ぶことになると思うので、モニターを回転させてみる。






縦画面にしてブラウン管には手持ちのスモークカバーを被せた。

映りは安定せずモニター基板がヘタっている様子。

本格使用するにはモニターの載せ替えが必須かな。






次は何の変哲もない14インチモニターのテーブル筐体のようだが……。






電源を入れてみるとPCエンジンのゲーム「バルンバ」が表示された!

PCエンジン本体と筐体に接続するシステムが内蔵されているようだ!






側面のメーカープレート。

秀和企画(SP)のスペースインベーダーのテーブル筐体だったようだ。

秀和企画はタイトーの許諾を得てスペースインベーダーをライセンス生産していた。






天板の鍵がロックされているので、まずは鍵の破壊だな。






傷だらけのコンパネ。

長年ゲーセンで愛用されていたことを物語る貴重な証であり、このテーブル筐体の勲章である。



category: 所有筐体

TB: 0    CM: 6   

アンドオン三条ベースに筐体常設 







2016年
3月中旬
Facebookに高橋憲示さんから友達リクエストが入る。

共通の友人が複数人いたので承認する。





3月18日
憲示さんが「アンドオン三条ベース」というお店を運営しており、最近お店の一角に駄菓子屋コーナーを始めたことを知る。

しかもアンドオン三条ベースはウチの近所だったw






3月21日
憲示さんのFacebookに駄菓子屋コーナーの画像が!

これは行かねば!!と強く思うw





3月25日
散歩がてらアンドオン三条ベースに1人で行ってみる。

子供の自転車が。






店頭には準備中と思われるアイスの冷凍庫とガチャガチャが置かれていた。






駄菓子屋コーナーへ!






わー!!






すげー!






近所にこんな店が出来たなんて!!






レトロなジュースの自販機も!






同志を発見した心境に!!






建物自体は元工場。






憲示さんが本業で携わった企業の商品の展示と販売がメインらしい。








憲示さんは元ミュージシャンらしい。

コレクションのレコードが展示されていた。






お!

三条市ボランティア連絡協議会会長きよ里さんのCDも売っている!






「パンフレットスタンドがあるあたりに筐体置いたら駄菓子屋ゲーセンの出来上がりだなぁ!」

などと妄想しながら店内を散策したw






駄菓子屋の店番の女性(後に憲示さんの娘さんと判明)に声を掛け、憲示さんと会ってみることに。






憲示さんは店舗隣の事務所にいた。

憲示さんは全日本テーブル筐体愛好会の活動のことを知っていた。

俺から切り出すこともなく、アンドオンに筐体を置いてみないか?と憲示さんから提案があった。

筐体を置きつつ、全日本テーブル筐体愛好会のPRをして、活動の幅を広げてみては?とのこと。

まさに願ったり叶ったり!!

筐体を置かせてもらうことにした!!!

しかし、いろいろ問題もある。

おもちゃフェイスティバルやインベーダーハウスなど、一日二日のイベントならまだしも、常設となると筐体や基板への負担が大きい。

壊れる可能性が一番高いパーツであるモニター基板の修理に要する費用は、修理業者への往復送料含めれば最低で1万円、フライバックトランスが壊れれば2万円はかかる。

それらを踏まえつつも、駄菓子屋というロケーションを考えると、1プレイ30円~50円かと。

それを憲示さんに伝えたら「1プレイ100円で行きましょう。ガチャガチャが1回200円以上する時代だし、この駄菓子屋アンドオンは一時的なものではなくずっと続けたい。物事は続けて行かなければ意味がない。故障した時の修理代を回収できずに自腹を切るようでは筐体設置も長続きできない。今駄菓子屋アンドオンに通ってくれてる子供たちが大人になって、子供を連れて駄菓子を買いに来てくれる頃に、『長く続けてきて良かったねぇ』とヒジヤンさんと語り合いたい」と言われたΣ(゚Д゚)!!

おっしゃる通りだと思った!

そして設置日などを決めた!!






4月2日
設置する筐体の整備を終え、アンドオン三条ベースに搬入。

メダルゲームの「アンパンマンのあっちむいてホイ」






青い駄菓子屋筐体には2in1ハーネスを使用して「スペースインベーダーDX」と「テトリス」を入れ、オレンジの駄菓子屋筐体にはおもちゃフェスティバルにも使用したドンキーコングを入れたかったがすぐに見つからなかったのでクレイジーコングに^^;






テーブル筐体はパックマンにしようと思ったが、見た目が可愛い「パックマニア」にした。






出陣!






到着。






二往復目。






配置はどうしようかな。






駄菓子屋筐体は壁際に。






基板を組み込む。






設営完了したと同時に小学生の男の子たちが来店。

「あ!ゲームがある!」とさっそくスペースインベーダーDXの対戦モードをプレイ(´ω`)






イベントじゃなくて実際の店頭に置かれた駄菓子屋筐体を見ると、近所にあった「石上屋」という駄菓子屋の光景と重なった(*꒦ິㅂ꒦ີ)






テーブル筐体はこの位置に設置した。






アンドオン三条ベースはウチから徒歩圏内なので、筐体のトラブルが発生したらすぐに駆けつけられる。






駄菓子屋コーナーはオープン当初は土日営業だったけど4月18日からは平日も営業しています。

朝10時から夕方6時までですが、臨時休業や時間短縮も有り得るので、行ってみたい方は一応電話で確認してからの方が良いと思います。

アンドオン三条ベース
〒955-0044
新潟県三条市田島1丁目17-9
TEL 0256-55-1165
FAX 0256-55-7514

Web
http://www.and-on.jp/index.html

Facebook
https://m.facebook.com/AndonSanjoBase

Twitter
@andon_sanjobase







category: 所有ゲームの現役復帰

TB: 0    CM: 3   

ラジオ出演からの筐体運搬 








2016年4月9日㈯、月に一度のラジオ出演の日。

スタジオがある燕市交通公園の桜はちょうど満開!






冬季休業期間が終了した燕市交通公園は、ちびっこで賑わっていた。

ゴーカート乗り場。






自転車コース。

俺も小学生の頃、ここで自転車乗って遊んだなぁ。






公園を少々散策してからスタジオ入り。






今月のカンテツ放送委員会の「ゲームセンター768」は「ゲームをしながら食べたお菓子」をテーマに、燕三条FMやUstreamのリスナーからメールやFAXを頂いて盛り上がった。






ラジオの模様はUstreamのアーカイブで視聴できます(PCのみ)↓↓↓
http://www.ustream.tv/channel/キネマカンテツ座presents-カンテツ放送委員会





ラジオ出演の次は「アンドオン三条ベース」の駄菓子屋へ。

チョコマシュマロうめぇ!






駄菓子を色々買って食べた(´∇`)

店頭のゲーム機で遊んでいる人もいて嬉しかった。






お昼はキネマカンテツ座へ。

今日しゅうまっくすさんは、小学四年生の娘さんを連れてきていたので、俺、しゅうまっくすさん、娘さん、ひげ丸さんの4人で行動。






ひでじろうさんはラジオ局からまだキネマカンテツ座へ戻っておらず、キネマカンテツ座の看板娘チャンミオが揚げた「カンテツコロッケ」を3個注文して食べた(●'w'●)






キネマカンテツ座初訪問のしゅうまっくすさん、テーブル筐体でこのゲームにハマっていた(笑)






ひげ丸さんは魔界村をプレイ。






今回はラジオ出演だけではなく、筐体搬入も目的の一つ。

うちの倉庫へ移動し、ひげ丸さんが積んできたMAS-25筐体を一旦下ろす。






俺がGETした赤いジャレコ筐体も下ろす。






MAS-25は再度車に積み込み、しゅうまっくすさん宅へ運ぶ。






どうぶつ運動会?というジャリメダ筐体をJAMMA化してビデオゲーム筐体に転用したという改造筐体!






ギャラクシアンを接続。






モニターは21インチ。






ちゃんと映って操作も出来た。






しばらくうちの倉庫で遊んでから、しゅうまっくすさん宅へ移動。

かなり遅い時間になってしまった。

筐体を2階へ搬入するため、まずは玄関でブラウン管を抜いた。






25インチのブラウン管や筐体背面の鉄の扉などを外したMAS-25は案外軽く、3人で余裕で2階の部屋へ搬入できた。

ドア幅は超ギリギリだったけど^^;






しゅうまっくすさん所有のプライズ機プリティプレゼントで遊んでオラフのマスコットをGET!(もちろん返しましたがw)






ブラウン管を載せて絵出し確認!






ビデオゲーム筐体が3台、そしてプリティプレゼントが並ぶしゅうまっくすさんのゲーセン部屋!

右のテーブル筐体の内部の配線がグチャグチャだったのでスッキリさせ、未配線だった-5Vを配線した。

この光景、日帰り温泉のゲームコーナーみたいな雰囲気に感じた(´ω`)

あと何台増やすのかなw






category: マニア宅探訪★

TB: 0    CM: 2   

筐体爆買い 







2016年4月3日(日)、全日本テーブル筐体愛好会会員No.64番ひげ丸さんと2人でレンタルしたトラックに乗って某所へ移動。






埼玉県某市に到着!

元ゲーセン経営者さんからMAS-25筐体を譲ってもらいトラックに積む。






まだまだ積みます。






当初の予定より多く譲ってもらうことに。






8台ものMAS-25筐体を良心的な価格でお譲り頂いた。






晴れててよかった^^;






ブルーシートで覆った上に、風切り音防止にダンボールシートでコーティング。






隙間にはコンパネやゲーセン丸椅子を詰め込む。






積み込み完了後、元ゲーセン経営者さんのご自宅にお邪魔して、1986年頃のゲーセンの写真を見せてもらった!






テスタロッサを運転しているのは幼い頃の娘さん。

ちなみにご自宅で現在の姿の娘さんにもお会いした(笑)






写真の丸椅子を5個お譲り頂いた٩(*´꒳`*)۶






昔のゲーセン店内の写真は非常に貴重!

一番奥はテーカンラバ筐体のナムコ仕様かな?






スーパーハングオンに跨がる、若き日の元ゲーセン経営者さん。

当時のゲーセンの賑わいをいろいろお話頂きました。
(Web転載許可済)






そして夕飯までごちそうになりました。

かなり遅くなってしまったが^^;

そして筐体で満載のトラックを交代で運転して筐体置き場へ。






深夜1時頃、筐体置き場に到着。






8台の筐体をひげ丸さんと2人で降ろす(*_*)






トラックから筐体を降ろしているのでまだ良いけど、これ逆に夜な夜なトラックに筐体を積んでいたら職質モノだなw






眠い目を擦りながら筐体を倉庫に運び入れる。






あと少し!






8台のMAS-25筐体の移動完了!

マジ疲れました(;´д`)






category: 所有筐体

TB: 0    CM: 2   

【当日編】第9回三条おもちゃフェスティバル 


2016年3月20日(日)、いよいよ第9回三条おもちゃフェスティバル当日!

8時半頃に会場入りして最後の準備を行い、10時丁度にイベントスタート!!

さっそくゲーム機に人々が群がる٩(*´꒳`*)۶

左からクレイジーコング、ドンキーコング、コナミ80sアーケードギャラリー、カーアクション。






左からメタルスラッグ2(たころん先生持ち込み基板)、ムーンレンジャー、ウルトラ闘魂伝説(うしみつくん持ち込み基板)






コンソレット18にはパックマニア。






エグゼドエグゼスを楽しむ会員No.23番応接室ゲーセンの小山さんは、愛車のS2000で京都から東京を経由して新潟入り!!






会員No.10番T店長持ち込みのスターフォースの隣にはファミコン版のスターフォースを置いて(画像ではスカイデストロイヤーに変わってますが)移植度比較も。








真ん中のテレビでは昨年放送された俺が出演した新潟一番サンデープラスと、うしみつくんが出演しためざましテレビをエンドレスで放映w






ビュウリックスにはがんばれギンくんを入れた。

単純操作で子供に人気だったようだ。






アストロシティにはクレイジークライマーを。

コンパネはバーチャロンパネルだから画面の中心でプレイ出来て操作性もgood(笑)






MAS-25には今年で発売25周年を迎えたストリートファイターIIを純正コンパネ仕様で。






SNKのキャンディ18にはウルトラ警備隊を入れて親子に大人気!








駄菓子屋ミニミニアップライト筐体にはフロッガーという、最近のイベントでは定番のコンビで設置。






つるりんくんではカプセルが出たらクジを引いてガムが貰えるサービスを行い子供たちに大人気!






1等のガムはこんなに大きい!






2等のガムを当てた少年。

ガムは今回おもちゃフェスティバルに参加出来なかった、会員No.17番チョイノリさんからの提供。






ガムのくじ引きは会員No.4番白ねずみが担当。






奥からパックマン、ヘッドオン、スペースインベーダー。






奥からスカイキッド、ドラゴンバスター、ファイナルファイト。

ナムコ純正テーブル筐体のドラゴンバスターに夢中の会員No.27番M准教授。






30年くらい前の電化製品を20台以上並べると、何かしら不具合が出てしまう(´・ ・`)

パックマンはリセットやフリーズが頻発。






やむなくお休み中に(*_*)






その隣のヘッドオンも画面がバグってしまった。






パックマニアはモニター基板の不具合で表示が大幅にズレるという症状が出てしまいお休み中に(>_<)






クレイジーコングもバグったけど、家に戻って予備のクレイジーコングの基板と交換した。






トラブルがいろいろ頻発したけど愛好会のメンバーが協力してくれてホント助かった^^;

そして今回もたくさんの笑顔を見ることが出来て、準備は大変だったけど苦労が報われました(´∇`)










昨年の第3回インベーダーハウスにも来てくれた、会員No.67番の新発田の青年と。






ちなみに三条おもちゃフェスティバルは我々のインベーダーゲームコーナーだけじゃなく、様々なブースや飲食販売もあって楽しいイベントですので、毎年3月に開催される三条おもちゃフェスティバルに皆さんおいてください。






そして15時になりイベント終了。






撤収作業開始!






多くの仲間の協力でスピーディに進んだ。








撤収でもハイエースが大活躍!








三条市総合福祉センターの玄関にレトロ筐体が群がる。








会員No.64番ひげ丸さんのエスティマも大活躍!








倉庫に戻った筐体たち。






打ち上げは会員No.12番のみつ氏の店「春秋まるい」で。

第9回三条おもちゃフェスティバルの「インベーダーゲームコーナー」に協力してくれた愛好会の皆さん、そして会場へおいでくださった皆さん、ありがとうございました!









category: 第9回三条おもちゃフェスティバル

TB: 0    CM: 0   

研修旅行inTOKYO★GAME ON編 


2016年3月29日、東京方面へ全日本テーブル筐体愛好会の研修旅行(笑)があり、まずはお台場の日本科学未来館で開催中のイベント「GAME ON」へ愛好会会員No.10番T店長、64番ひげ丸さんと行ってきた。

深夜の関越道を上って東京へ。







王子駅近くのコインパーキングに車を置いた。






そこから電車を乗り継ぎお台場へ。






開館時間の10時頃に日本科学未来館に到着。

当日は火曜日で本来は休館日なのだが、春休み期間中だからか開館していた。






バーチャルリアリティ体験をやりたかったが整理券の配布の列は長蛇の列になっていたので諦めた(´・ ・`)






突入ー!






コントローラーのボタンをイメージした壁面装飾。






館内の様子。

パノラマ画像を縦にw






あそぶ!ゲーム展でも展示してあったコンピュータスペース。(展示のみ)






ポンも。






いくつかブースに分かれているのだが、お目当てだったアメリカ仕様のアップライト筐体コーナーへ!






展示されている筐体はフリープレイで遊ぶことが出来る。






アップライト筐体のほとんどは世界中で開催されているGAME ONの会場を巡業している個体だが、日本での開催ということで大阪のKINACOが貸出したアップライト筐体も並んでいる。






中には調整中のものもあったが、筐体を見ることができるだけでも貴重。






ギャラクシアンとパックマンのアップライト筐体。

サイドのイラストが日本のそれとデザインが異なる。






キャラクターのイラストは日本版の方が可愛いな。






ギャラクシアンにチャレンジ!






プレイ中の俺。






家で遊ぶより調子が良く8面まで行けた!

後ろで並んでいた人すみませんでした^^;

海外版だから難しいはず?なんだけどな^^;






次にディグダグもプレイしてみたら12面まで行ってしまった^^;






テーブル筐体も良いけど立ってプレイするアップライト筐体は、蛍光灯で照らされるヘッダーや筐体側面や画面周りのイラストがオシャレで、とても絵になる(*°∀°)=3

俺的にはアップライト筐体コーナーだけでも元が取れた感があったが、他のコーナーと比べるとお客さんは少なめだった。




















大型筐体も複数展示。

大型筐体系は愛知県の日本ゲーム博物館から運ばれてきたようだ。

ハングオンやポールポジションIIも貸出したようだ。






昨年日本ゲーム博物館へ行った時と同様にアフターバーナーIIのモニターは消磁されていない?映りだった。

アウトランは故障したらしく姿が見えず。






大型筐体コーナーは賑わっていた。








スペースインベーダーは特別扱いで、独立したコーナーでの展示!






インストやコイン投入口の表記は英語だった。








しかしコンパネの化粧板は日本語が。






海外でもテーブル筐体のスペースインベーダーは流通していたようだが、これらはコレクターが日本の中古テーブル筐体を手に入れて、インストだけ海外版に入れ替えたのかな?






アップライト筐体はミッドウェイ版ではなくタイトー版。






タイトー版も海外で流通していたのかな?






虫のデザインの筐体にスペースインベーダーpartIIが!






圧倒的な存在感w






ワタクシもプレイ!






この筐体「タイタン」というらしい。






アストロシティにストIIという極当たり前だった組み合わせも、ストII発売から25年も経つと、博物館で展示される光景に……。






他には歴代家庭用ゲーム機やゲームウォッチが展示されているブースや実際に家庭用ゲーム機で遊べるブースがあったが、ササッと見ただけで写真はほとんど撮らなかった。

平日だけど春休みで子供が多かったので、スーパーファミコンのスーパーマリオワールドの試遊台が長蛇の列だった^^;










訪れたのが春休み期間中だったけど平日の早い時間でも結構混んでいたので、きっと土日は相当ごった返しているんだろうなぁ。

他にも行きたいところがあるので2時間半くらいで会場を後にした。









category: ゲーム系イベント

TB: 0    CM: 2   

アストロシティ救出作戦 

数年前に閉店した某ゲーセン。

建物の解体と共に残された筐体も廃棄されることになり、廃棄予定の筐体を貰えることになった。






まずはひとりで下見に。

観葉植物も処分なのかな。






どこかでまだ使いどころがありそうなショーケース。






俺が訪れる一日前に、中古売買業者がトラックで乗り付け、弐寺、ギタドラ、ポップン、D3など、それなりに価値がある筐体を回収して行ったようだ。






ニューバーサスシティがバラされていた。






床にはモニター基板が外されたニューバーサスシティのブラウン管が並んでいた。

モニター基板が目当てだったようだ(笑)






初期のプリクラ、NEOプリント。






バーチャコップ3は基板が入っている本体部が無く、スクリーン部だけが残されていた。






デカイUFOキャッチャーは持ち帰る手段も置き場もない。






持っていけそうなのはアストロシティ2台だけだな。






後日会員No.2番M氏と共に搬出作業を行った。






1台ずつ運んだ。






あと1台。






誰もいない真っ暗な廃墟ゲーセンは薄気味悪かった(*_*)






車庫に2台並んだアストロシティ。

残念ながら2台ともモニター基板が故障しているが、修理すれば復活できる。






廃棄予定の筐体からマーキーだけでも活かそうと外してきた。


※建物への立ち入り及び物品の搬出は、関係者の許可を得た上で行いました。

無許可で行うと不法侵入として罰せられます。

category: 所有筐体

TB: 0    CM: 2   

【前日準備編】第9回三条おもちゃフェスティバル 

2016年3月19日(土)、8時半に全日本テーブル筐体愛好会会員ナンバー1番ヒジヤン、4番白ねずみ、19番B社長が筐体保管庫に集合。

天気は小雨。

前日までずっと天気が良かったのになぁ。

B社長は昨年の第3回無料ゲームコーナーインベーダーハウスに続き、筐体輸送の強い味方「トヨタハイエース ロングボディ車」を用意してくれた(´∇`)

そして筐体を積み込み、車で約10分ほどのところにある、おもちゃフェスティバルの会場「三条市総合福祉センター」へ。






お分かりいただけただろうか?

ハイエースにテーブル筐体が5台も載せられるということを(笑)






ドンドンとピストン輸送したいところだが、おもちゃフェスティバル全体の会場設営が10時から全員参加で始まるので、搬入を一旦中止して会場設営に参加。

今回の第9回三条おもちゃフェスティバルの実行委員長は私ヒジヤンが務めることに。

委員長とは名ばかりで大したことはしていないけど色々と大変^^;






全体の会場設営が終わりに差し掛かった頃、千葉県から22番うしみつくん、神奈川県から87番たころん先生が同じ新幹線で駆け付け、その直後55番ぶーぶーぶたぶたさん、64番ひげ丸さんがひげ丸さんのエスティマで長野県から駆け付けてくれた!

ハイエースとエスティマで筐体のピストン輸送を再開!!

かなり大きなスーパーブロックのアップライト筐体もハイエースに余裕で積めた。






イベント初登場のビュウリックス。






テーブル筐体でお昼休み。

ダラバー筐体所有者という事でシューティングゲームサイドの「部屋をゲーセンにした!!」で紹介されながらも鉄でもある、たころん先生が峠の釜めしをお土産に買ってきてくれた(*´﹃`*)






ランチを済ませてから筐体搬入再開。






エスティマにはテーブル筐体が2台、または駄菓子屋筐体が2台積めます。






ニューアストロシティもイベント初登場。






コンソレット18は一昨年の第2回インベーダーハウス以来の登場。






福祉センターの大型台車を借りて、玄関から楽々搬入。






ハイエース効果は絶大で、ビデオゲーム筐体21台、つるりんくん1台、ファミコン2台の合計24ゲームをスムーズに搬入することが出来た!

ちなみにビデオゲーム筐体を21台並べるのは初の試み!!






搬入後は筐体を並べたり基板を取り付けたり。






大勢の仲間の協力で18時頃には作業終了!
















キネマカンテツ座で夕食を食べてから、ウチで保管していたひげ丸さんのニューデルタ筐体をプレイハウスエリナへレンタルするために搬入。






次に公楽園へ。

公楽園に宿泊するぶーぶーぶたぶたさんとひげ丸さんの部屋を見せてもらったりして、トーストサンドも食べた。






そして牛蜜くんとたころん先生を燕三条のビジネスホテルへ送り帰宅。

長い一日が終わった。

当日編に続く。


category: 第9回三条おもちゃフェスティバル

TB: 0    CM: 4   

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード