テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

第5回2017年のインベーダーハウス(日曜日編) 

2017年9月3日(日)

あいでんの開店時間の9時頃に到着。

土曜日の来場者シールの状況。






来場者全員が貼った訳ではないので、実際の来場者はもっと多い。






県外の方はほぼ貼ってくれたのかも。

遠方では京都の2人は会員No.23小山さんとNo.100ながれさん、宮城県は会員No.143あざらしさん。






10時になり2日目スタート!

究極タイガーを入れていたテーブル筐体が動かなくなったΣ(゚д゚;)

調べてみると+5Vが出なくなっていた。







家も近いしいっそのこと筐体ごと取り替えるか?との考えもあったけど、予備のスイッチング電源を持ってきて取り替えて復帰。

究極タイガーを外し、全日本テーブル筐体愛好会会員No.10T店員さんのイメージファイトに入れ替え。






会員No.150奈夢子つうさんから、パックランドと自作のコンパネを借りて設置!






T店員さんのヘビーユニットも稼働!






会員No.64ひげ丸さんの1943改も人気!






グラディウスIIを外しパロディウスだ!に入れ替え。






ひげ丸さんはギャラガ88も持ってきてくれた。






日曜日ということと、前日取材の毎日新聞、越後ジャーナル、あらかじめ取材を受けていた三條新聞が、日曜の朝刊でインベーダーハウスのことを報じてくれたこともあってか、昨日より会場内が込み合っていた。






まさに「中年男性タイムスリップ」な図(笑)

うどんそばTシャツはNo.146ぞーさん。







会員No.71えびてんさんR-TYPE最終ボスと激闘中!






会員No.2雇用兵がベラボーマンを。






ひげ丸さん、1943改を1941に入れ替え。






京都から参加の会員No.23ドラスピを頑張る小山さん。






奥さんと子供さんを連れて遊びに来てくれた、会員No.76フアミコン兄さん。






チャリティークレーンゲームを担当してくれた会員No.58しゅうまっくすさんがガロスペで遊ぶ図。






ラヂオは~と★ヒジヤン★のゲームセンター768にメッセージを送ってくれるクマの子さんが、奥さんと遊びに来てくれた( ˙꒳​˙ )






会員No.138源河真之さんがパックランドで遊ぶ図。






妖怪道中記で遊ぶ少年。

かなり難しいから苦戦しただろうなぁ^^;






チャリティークレーンゲームは、ハマって何回も遊んでくれる人が多かった。






日曜日分の景品を追加投入!

景品として俺もアストロシティプラモデルを提供!












二日目は撤収もあるので16時で終了だけど、もう1時間くらい延長しても良いかもと思うほど、大勢の人たちが遊んでくれた。






ということで16時になり、第5回無料ゲームコーナーインベーダーハウス終了のお時間に。






会員のみなさんの協力で手際よく進む撤収作業。






軽トラの他、会員No.19B社長さんがハイエースを出してくれ、開始から1時間半後の17時半頃に移動が終了した。






シールもこんな感じでかなり増えました。






そしてチャリティークレーンゲームの売り上げを確認!

画像のとおり、土曜日4300円、日曜日12000円、合計16300円でした!!

景品を提供してくださった各位、百円玉を入れて遊んでくれた来場者の方々、本当にありがとうございました\(^o^)/






今回のインベーダーハウス、最近プライベートが何かと忙しかった上、筐体を45台並べたイベント「中之口DEエンカウント?2017」を7月に終えたばかりで少々燃え尽き症候群ぎみだった所もあり、「今年のインベーダーハウスは辞めようかなー」なんて思ってもいた。

でも2014年にスタートして年に1度は開催してきていたので今年もやることにしたけど、やっぱりテーブル筐体や駄菓子屋筐体でレトロゲームをみんなで遊ぶというのは楽しいなぁと思い、やって良かったなーと感じた。

設置するゲームを選ぶ上でのテーマもまだ色々あるので、また来年もやりたいぞ( ˙꒳​˙ )






スポンサーサイト

category: 第5回無料ゲームコーナーインベーダーハウス

TB: 0    CM: 6   

エリナさんからクレーンゲーム機もらった 

「いらなくなったらください」と唾をつけておいたプレイハウスエリナのスーパーエレファントというクレーンゲーム機。

最近はコイン投入口を塞ぎ、中に音井ののちゃんのDVDなどを陳列するショーケースとなっていた(笑)






キチンとしたショーケースが入り、スーパーエレファントが不要になったと連絡が来たのでプレイハウスエリナへ。






店内入口には液晶化した家具調テレビで店内のビーマニの映像が映し出されていた(°д°)






レトロ家電イイなぁ!

しかし行くたびにどこかしらに変化があるエリナはホント楽しい(笑)






ののちゃんグッズはショーケースへ移動し、スーパーエレファントには倉庫から発掘したという未開封のドリンクが陳列されていたΣ(゚д゚;)






別件で同行者がパワーゲート車で訪問したので、スーパーエレファントを我が家まで便乗させてもらった(^^)v






エリナ公式アイテム「ぷにぷにシール」を買った。






我が家へ搬入完了。

まずはコンパネ部の装飾をはがす。

木目調のスチロール?で全体がデコレーションされている。






ガラスにぷにぷにシールを貼ってみた。






コンパネ部が露わに。






切れていた電球を交換。






適当なぬいぐるみを並べて試運転。






3つ爪なのでぬいぐるみをガッチリ掴めて取りやすい。






コイン返却ボタンが無くなっている。

フラットにするためにショーケース化する時に外したと思われる。






コインのマイクロスイッチのコイン信号とGNDを外す。






手持ちのボタンが穴にピッタリだったので、コイン信号とGNDをハンダ付けしてフリープレイ用のコインボタンに。






もう一つの穴とコイン投入口はステッカーとポップで隠した。






分かりやすいように操作ボタンには矢印を貼ってみた。






残念ながらスーパーエレファントのマーキーは破損したとのことで欠損。






カッターでスチロールを切って、景品取り出し口を露出。






ぷにぷにシール、ここにも貼った。






結構簡単にぬいぐるみが取れるので、1時間ほど夢中で遊んでしまった(笑)






スーパーエレファントの金庫がチャリティークレーンゲームに使用したファンシーランドの金庫と似てるなぁと思ったら全く同じだった(°д°)






てゆうか操作説明のパネルも全く同じだし( ̄▽ ̄;)






スーパーエレファントはUPL、ファンシーランドはテクモ、発売メーカーは違えど、それぞれOEMで開発は同じなんだな。

クレーンの形状も全く同じだった。







ちなみにスーパーエレファントのBGMは忍者くんの曲だった。






木目調スチロールが意外に似合っているし綺麗に貼り付けられているので、しばらくこのままにしよう。

スーパーエレファントはデカくてイベントで搬入出を繰り返すには不便なので、許可が出たら老人ホームに常設させたいなー。

category: 所有筐体

TB: 0    CM: 0   

第5回2017年のインベーダーハウス(土曜日編) 

2017年9月2日(土)。

朝8時半頃に全日本テーブル筐体愛好会会員No.33カトウタカトシさん、No.58しゅうまっくすさん、No.150奈夢子つうさんがぞくぞくと集結。

我が家からあいでん本町店へ、筐体や備品を搬入する作業に参加してくれた。






イベントは12時スタートなので、3時間半で13台の筐体、クレーンゲーム、ゲーセン椅子や景品などを輸送して、さらに会場作りを終えなければならない(ง •̀_•́)ง






1便目は軽トラにテーブル筐体を4台、参加者のマイカーにゲーセン椅子などを積んであいでんへ。

雨が降ったら軽トラは使えないので、晴れて良かった^^;










2便目は駄菓子屋筐体などを5台積んだ。






カトウさんの車にクレーンゲーム。






あいでんまで車で約5分。

我が家から近いところに筐体を並べさせてくれるスペースがあるのはホントラッキーだよなぁー。






10時の時点で大部分の筐体の搬入が終わった。








憩いの広場の入口を装飾。








あそぶ!ゲーム展をヒントにこのようなものを用意した。

男性は青、女性は赤のシールを地図に貼ってもらう。

来場者全員がシールを貼らなくても何となくの来場者数を知ることができそう。






クレーンゲームも準備OK!








100円3プレイで、掴み取れたマスコットはそのまま渡し、丸い透明のカプセルを掴んだら、クレーンゲームの上に並べた豪華景品からお好きなものを1つ渡すというルール。






売り上げは全額寄付。

景品はゲームセンタースターフィールドさん、プレイハウスエリナさん、メディアマックスゲームスさんからの提供に加え、会員No.157つうとむさん、匿名会員1名からも提供頂きました。






ナムコラバタイプに入れた源平討魔伝。

スーパースィープから販売されてるロウソク型ペンライト、源平討魔伝のCDの付録のミニのぼり旗をディスプレイ。






カウンターにはしゅうまっくすさんが持参したWiiを設置。

バーチャルコンソールのPCエンジンのアーケード移植物のゲームが遊べる。






11時半には準備を終えることが出来た。








12時、第5回無料ゲームコーナーインベーダーハウス初日スタート!!






時間の経過とともに来場者も増えてきた。






100円3回のチャリティークレーンゲーム。

何も掴み取ることができなかった場合には、駄菓子をひとつプレゼントした。






新潟日報の男性記者、毎日新聞の女性記者が取材に訪れ、源平討魔伝で遊ぶちびっ子にカメラを向けていた。







毎日新聞の女性記者さん、時間をかけて取材していた。

俺が基板を始めるきっかけになったゲームが源平討魔伝だと知ると「ぜひ遊んでみたい」とのことで、女性記者さんに指南する俺w
ニヤ(・∀・)ニヤ






この週の土曜日は仕事の会社が多かったらしく、イベント来場者もさほど多くなく、会場内は比較的空いていた。






今回のテーマは「PCエンジンに移植されたアーケードゲーム」で、土曜日に設置したゲームを紹介。

グラディウスII。






究極タイガー。






ヴォルフィード。






最初ベラボーマンを入れていたが、途中から会員No.13じーあがーたさん持ち込み基板の最後の忍道も稼働!






ドラゴンスピリット。






最初ワルキューレの伝説を入れていたが、途中からじーあがーたさん持ち込みの出たな!ツインビーも稼働!






源平討魔伝。






餓狼伝説スペシャル。






ストリートファイターIIダッシュ。







MAS-18筐体には最初スプラッターハウスを入れていたが、途中から会員No.19B社長の妖怪道中記も稼働!

隣のポニービデオゲーム筐体には熱血高校ドッジボール部。






R-TYPE。






スペースインベーダーDX。







日も暮れて18時のイベント終了時間が近づく。






18時に初日のイベント終了!

19時までに会場の清掃や基板の入れ替えを行った。






チャリティークレーンゲーム、初日の売り上げは4300円だった。






夜は会員No.12のみつ氏の店、春秋まるいに14名が集まり夕食を共にした。






毎日新聞はその日のうちにネットニュースとして掲載してくれ、ヤフーニュースにも取り上げて貰えた。

若くて可愛らしい毎日新聞の女性記者さん、「中年男性タイムスリップ」って見出しをひねり出してくれたwww






日曜日編に続く。

category: 第5回無料ゲームコーナーインベーダーハウス

TB: 0    CM: 4   

第5回2017年のインベーダーハウス(準備編) 

2014年に初開催(この年は7月と11月の2回開催)してから毎年開催している、「無料ゲームコーナーインベーダーハウス」も、今回で5回目を迎えた。





毎回テーマを設けている。

第1回…まるよし(デパート)のゲームセンターに置いてあったゲーム
http://bz504178zb.blog.fc2.com/?cat=34


第2回…1980年代後半のゲーム
http://bz504178zb.blog.fc2.com/?cat=39


第3回…1980年代前半のゲーム
http://bz504178zb.blog.fc2.com/?cat=46


第4回…1986年に発売されたゲーム
http://bz504178zb.blog.fc2.com/?cat=54


今年はPCエンジンが1987年に発売されて30年なので、今回は「PCエンジンに移植されたアーケードゲーム」というテーマにした。

PCエンジンのソフトには、アーケードゲームの移植タイトルが非常に多く、俺の所有基板の他、愛好会メンバーから借りれるものも含めると対象タイトルはかなりの数になるが、昨年第4回「1986年に発売されたゲーム」で設置したゲーム(アウトラン、ファンタジーゾーン、奇々怪界、沙羅曼蛇など)は一部を除いて泣く泣く除外した。

そして考え抜いて厳選したタイトルと筐体配置図がこちら。
(R-TYPEの下にはスプラッターと書いてある)






そして8月中旬頃から準備を始めた。

使う筐体を選び、基板をセットしてみて、映り具合など組み合わせが良さそうだったらインストを用意。










中之口DEエンカウント?2017では元気に動いていたステイタス18の電源が死亡していたので交換。

壊れた電源を取り外して交換したところ。








このテーブル筐体のモニターは、やっぱり通電してるとフォーカスが合わなくなってしまうなぁ。

ナナオ製なので修理したい。






PCエンジンアーケードカードのタイトルだった餓狼伝説スペシャル。






ボタン配置を変更した。






中之口DEエンカウント?2017ではディグダグを入れていたナムコラバタイプ。






俺が初めて源平討魔伝をクリアしたのは、コメリ三条店のナムコランドのナムコラバタイプに入った源平討魔伝だったので、それを再現!






さらに工作を。

まるで夏休みの宿題(笑)








発泡スチロールでロウソクたてを作成。






先日購入した源平討魔伝電子ロウソクをディスプレイ!






先日秋葉原Beepで購入した、サンワのシルバーボタンとレバーボール。






元々持っていた24φのシルバーボタンのコンパネに取り付けることにした。

ビフォー。






アフター*.·.。゜





昨年のインベーダーハウスから「チャリティークレーンゲーム」を設置している。

今回は「九州北部大雨災害義援金」としてチャリティークレーンゲームを設置すると告知したところ、

新潟県長岡市
ゲームセンタースターフィールド様

新潟県新潟市西蒲区
プレイハウスエリナ様

新潟県新発田市
メディアマックスゲームス様

や、愛好会会員No.157つうとむサンからも景品を多数提供していただきました。

ありがとうございました\(^o^)/










インベーダーハウス会場の「あいでん本町店」のチラシにもインベーダーハウスの告知が掲載!










インベーダーハウスは三条市地域経営課が三条市の中心市街地を活性化させるために行っている事業「さんじょう108appy」のイベントのひとつとして開催しているので、三条市から各報道機関にプレスリリースが行く。
http://sanjoy-machinaka.jp/108appy/

http://www.city.sanjo.niigata.jp/common/000074609.pdf

三條新聞社がイベント前のガレージに取材に来てくれることになり、筐体を並べた。






30分ほど取材を受けた。






筐体の準備はインベーダーハウス前日の夜までかかった( ̄▽ ̄;)






そしていろんなトラブルもあり、当初予定していた筐体や基板とは変更を余儀なくされた。

筐体はコンソレット18を使用したかったが、2階から降ろすのが大変なので諦めた(>_<)

基板ではオーダインがROMの不調?で起動せず、ワールドスタジアムは外しておいたROMの保管場所を忘れて用意出来なかった^^;






そして2017年9月2日(土)の朝を迎えた。

つづく。

category: 第5回無料ゲームコーナーインベーダーハウス

TB: 0    CM: 3   

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード