テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

14インチテーブル筐体「華弥生」を「ニューラリーX」にレストア 

これも買い溜めしていたテーブル筐体です(^^ゞ

14インチモニター搭載の華弥生が入ったテーブル筐体をレストア。






筐体左側面に「SHINNIHON」のプレートが!

新日本企画、のちのSNKのテーブル筐体。

この筐体、どんなゲームが組み込まれて世に出たんだろうなぁ。

インベーダーの亜流とかサスケVSコマンダー辺りかな?






右側面は傷が目立っている。






ダイナックスの花札専用コンパネ。





筐体のインストと手持ちのインストの比較。

筐体のインストの色褪せがスゴ過ぎる(;・∀・)

直射日光が当たるような場所に設置されていたのだろうか?






マゼンタの色褪せが特に顕著。






もはやモノクロと言っても過言ではないレベルww






天板オープン!






電源はトランスだわ(´・ω・`)






天板には以前組み込まれていたと思われる麻雀ゲームの説明書が貼り付けてあった。






これはギャンブルマシンの説明書?






天板キーの隣に今は使われていない鍵があった。

キーアップ操作用に追加改造されたと思われる。






右下に消磁スイッチ。






左下のボタンは未配線だったが、クレジットボタンに流用予定。






華弥生の基板。

通っていたゲーセンに置いてあったなぁ。

花札のルールが分からないからやったこと無かったけど。






例のごとくJAMMA配列に変更する。






もじぴったんで動作確認!

コイツも逆さまかぁ(;´д`)






縦に変更すると……。






モニター調整つまみが現れた。

横画面として使うには不便な位置だなー( `_ゝ´)






基板をニューラリーXに差し替えて、モニターをさらに回転させ正向きに。

モニター焼けも無く発色やピントも良いのだが、モニター右半分くらいの範囲の映像が小刻みに震えているのが気になる。

トランスが影響を与えているのか?






花札コンパネの代わりにこのコンパネを取り付ける!

垂直パネルでインベーダーボタン1個という、レトロゲーム専門コンパネ(^O^)






保護シートがまだ貼ってあるという極上品☆

おそらく未使用だと思われる。






裏側はこんな感じ。






花札コンパネを取り外す。






とりあえず当てはめてみたらピッタリ!






コンパネと筐体を繋ぐ線材は、花札コンパネのものを流用すれば、コストダウンだし、皮剥きやハンダ載せの手間が省けて( ̄ー ̄)bグッ!






繋ぎ合わせ部分を熱収縮チューブで保護。






配線完了したコンパネを家庭用ゲームのコントローラーみたいに持って操作してみたら、大きさ的にWiiUのコントローラーみたいな感じだったw←WiiUは触ったことも無いが(^^ゞ






ネジで固定して1P側は完成!





しかしこの筐体、改造を繰り返してきた為か、配線が複雑で汚い(´・ω・`)






トランスってこともあり、-5Vを辿ることができなかった。

時間があったらトランスを取っ払い、スイッチング電源に変更したい。






なぜか爪楊枝が筐体の底にたくさん溜落ちていた(ーー;)






続いて2P。

この塞ぎ板はコンパネの廃材を流用したものと思われる。






塞ぎ板を外す。






他の筐体から取り外した麻雀コンパネの線材を流用。







地道に配線作業を行う。






無事に2P側の操作確認もできた(^^)






天板ガラスを外し、華弥生のインストを回収。






天板には計算式が記入してあった。

こんな所に計算式を書かなくてはならない状況って(・_・;)?






ニューラリーXで遊ぶことを中心に使いたい筐体なので、ニューラリーXのインストを掲示。






これでとりあえずレストア終了^^;

コインセレクターが壊れていたが、手持ちの動作品の在庫が無いので後日交換予定。





画面の上の方の表示がおかしくなっているけど、つまみ調整では直せなかった(´・ω・`)

まぁ古い筐体感が出ているとプラス思考でw






最近レストアした筐体と並べてみた!

ちょっとしたゲーセンみたい(・∀・)

奥から「スペースインベーダー」「クレイジークライマー」「ニューラリーX」「源平討魔伝」という並び♪

今までレストアが面倒臭くて放置していたけど、コンスタンスにレストア作業をやっていれば、この光景をもっと早く見れたんだと思うと、今までモッタイナイことをしていたなぁと痛感した(;´∀`)






ちなみに1人で筐体を移動させる時には、このようなキャリーに片側を載せて、反対側を持ち上げて運搬してます(;´∀`)
関連記事
スポンサーサイト

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bz504178zb.blog.fc2.com/tb.php/115-57562a34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード