テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

ギャラガとギャラガ(C)とギャラッグ 

純正基板の「ギャラガ」、コピー基板の「ギャラガ」と「ギャラッグ」を持っているので比較をしてみた。





まずはインスト。

ギャラガの純正インスト二種類。

よく見てみるとヨロイカブトのような、宇宙船のような不思議なデザインw






小インストの隅にはライセンスシールがあってある。






左は純正、右はコピー基板の「ギャラガ」のインスト。

中央上部のナムコのロゴと、下のコピーライト表記がカットされている。

純正のインストを元に一部を加工して製版したと思われ、文字が潰れ気味であり、イラストも少し汚い。






左は純正、右は「ギャンダ」のインスト。

上のコピー基板の「ギャラガ」のインストと同様に、中央のナムコのロゴと、下のコピーライト表記をカットした上で、さらに「ギャラガ」を「ギャンダ」に書き換えている。

画面上で「GANDA」?「GYANDA」?と表示される基板が存在したのかは不明。






左は純正、右は「ギャラッグ」のインスト。

コピー基板でよく見かけるサイズのインストだが、ギャラガのポスターやパンフレットに使われているロゴマークを「Gallag」にアレンジしてインストに採用しているので、純正よりカッコイイ?w






インスト各所の「ギャラガ」の文字を「ギャラッグ」に書き換えているものの、「③ギャラガの捕虜になります」のところは書き換え忘れたようだw

まさにコピー基板クオリティww

しかしデュアルファイターの説明の部分は、オリジナルより詳細に説明している(゚Д゚)






左は純正、右はコピー基板?のインスト。

ナムコ表記は無くデザインも異なるが内容は同一。






次に説明書。

表紙。






ゲーム内容も詳しく書かれている。






「ギャラッグ」の説明書。

なぜか「NEW Gallag」と書いてある。

ディップスイッチ表は純正の説明書から流用している。






次は基板。

「ギャラッグ」の基板の表側。

結構大きな青い2枚構成の基板。






裏側。

映像信号は裏基板右下のコネクターから出力される。






これも「ギャラッグ」の基板だが緑色である。






裏側。

プリントパターンは青基板と同一のようである。






しかしGNDパターンが微妙に違っているので、それぞれ別の業者が起こした基板なのかもしれない。






この基板はタイトル画面で「GALAGA」「namco」の文字が、純正基板と全く同一に表示されるというコピー基板。

画面を見ただけでは純正とコピーの見分けはつかないと思う。

「ギャラッグ」とは全く異なる基板構成。






裏側。

コネクター配列も「ギャラッグ」基板とは異なり、映像信号は別コネクターではなくエッジコネクター内にある。






基板上には「MGG-703A」とプリントされている。






青い「ギャラッグ」基板との比較。

「ギャラッグ」基板より長いが幅は若干狭い。






ナムコ純正の「ギャラガ」の基板。

旧バージョンとニューバージョンが存在するらしいが、詳しくないので割愛。

この基板はROMシールが剥がれたのかコピーROMなのか、窓がむき出しw






裏側。

右下は映像信号のコネクター。






左から「ギャラガ」、「ギャラッグ」、「ギャラガコピー」






最後は画面。

まずは「ギャラガ」のタイトル画面。






「ギャラッグ」のタイトル画面。

赤い「namco」のロゴが無くなり
  
「GALAGA」→「GALLAG」

「(C) 1981 NAMCO LTD.」→「1 9 8 2」

と言った具合に書き換えられている。






「ギャラガ」のコイン投入後の画面。






「ギャラッグ」のコイン投入後の画面。

ここも同じように書き換えられている。






所有している「ギャラッグ」も「ギャラガコピー」も、ゲーム内容はナムコ純正の「ギャラガ」と全く同じというのが、嬉しいような面白くないようなw

ギャラガのコピー基板には「ネブラスビー」や「ギャッツビー」などというモノも存在していたようで、先日オークションでギャッツビーのインストを含む数枚のインストセットが高値で取引されていた。

ウィキペディアによればギャッツビーはゲーム内容に変更があるようなので、ちょっと見てみたい気もするw
関連記事
スポンサーサイト

category: 純正基板VSコピー基板

TB: 0    CM: 6   

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2013/09/11 00:51 | edit

Re: 新旧の違い

コメントありがとうございます。
ギャラガの基板は2枚あるのでバージョンを調べてみようかな。

★ヒジヤン★ #- | URL | 2013/09/11 10:11 | edit

長すぎ

ヒジヤンさん、どーーもです

細めで長い方の基板はギャラッグの基板
よりも、しっかり丈夫な印象ですが、
残念ながら、14インチテーブルには
基板が長く、大概入らないと言う
最強な弱点があった気がしますw
テーブルには入れてみましたでしょーか?

はたはた #- | URL | 2014/05/13 23:38 | edit

Re: 長すぎ

はたはたさん☆

コメントありがとうございます(^ ^)
初期のテーブル筐体は筐体内部が狭く、大きな基板は入らないことがありますよね。

このギャラガは該当する筐体に入れたこと無いんですが、バトルスの基板は大きすぎて入らなかったです^^;

ヒジヤン #- | URL | 2014/05/14 08:05 | edit

こんばんはです。

バトルスの基板って
筐体に入らなかった事って今まで
なかったですよー

基板スペースの少ないタイトー14吋、
任天堂のスペースフィーバーの改造
筐体でも現役の時に見ています。

横画面ステー取り付け時は厳しいかも
知れませんが、オリジナルのインベーダ
基板の時の様に寝かして入れます。

私は昔タイトー14吋のテーブルに入った
バトルスを入手しましたが、
本物のwバトルス基板なので、
3枚ボードでした。
もう、ぎゅうぎゅうです(笑)

はたはた #- | URL | 2014/05/15 00:33 | edit

Re:

はたはたさん☆
立てたら幅があって入りませんでした^^;
寝かせれば入るかもしれないですね。
ちなみにスクランブル用にレストアした、以前ブログでも紹介した筐体の場合です。

ヒジヤン #- | URL | 2014/05/15 02:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bz504178zb.blog.fc2.com/tb.php/173-95de47c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード