テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

麻雀遊技テーブル筐体のレストア☆その2 

前回の続き。



組み込む予定のアルカノイドの基板を接続してみたら画面がバグった(・・;)






他の筐体にアルカノイドの基板を接続してみたら正常に動作した^^;

てことは基板の故障ではなく筐体に問題があるってことで、+5Vのツマミを回そうとしたら、なんとこのスイッチング電源には、+5Vの調整ツマミが存在しなかった(・・;)






このスイッチング電源を使うことを諦め、スペアのスイッチング電源に交換し、+5V、+12V、−5Vが正常に出ていることをテスターで確認!






取り替えたスイッチング電源でアルカノイドを立ち上げてみたら、なんとまたバグ画面が!

もしやと思い、基板のコネクタの所で電圧を測ってみたら、5Vを下回っていた。

電圧不足で立ち上がらなかったようだ。






+5Vの調整ツマミを回して電圧を高くしたらアルカノイドは正常に動作した(^^;






モニターを縦向きに。






麻雀コンパネを取り外す。





操作もバッチリ(^∇^)

ちなみに2Pスタートボタンはフリープレイ時の利便性を考え、コインボタンとした。






インストを入れ替えるため、ガラス押さえを外す。






天板のシルバーは天板自体の色ではなく、シルバーのシートが挟んであったのかw






しかしスモーク板がすごく黄ばんでいるなぁー!

左が黄ばんでいる板、右はスペアの板。






黄ばみは落ちるのか分からないが、とりあえずはスペアのスモーク板と交換。






最後にインストを入れて完成(^_^)v




関連記事
スポンサーサイト

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bz504178zb.blog.fc2.com/tb.php/314-bb2338eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード