テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

基板との出会い☆其の参 

1995年の9月、購入してちょうど丸一年のテーブル筐体1号で遊んでいた時、異変は起きた。


突然、「シュー!」という音と共に、筐体から煙が立ち昇った!!


すぐに電源を切った。

そして恐る恐る電源を入れてみる。

しかしそのモニターに映像が映ることは二度と無かった。




モニターは電源を切っても暫くの間は
帯電しており、下手に触れると感電の恐れがあることは知っていたので、一定の期間を置いた後にモニターを取り出して、モニターは燃えないゴミに出した。

残った筐体は鍵付きの入れ物にでもしようかと思ったが解体した。

スーパーストIIのコンパネは2台目のテーブル筐体へ移植し、電源とスピーカーはオリジナルの電源ボックスへ加工し、天板ガラスや金具などの部品は予備パーツとして保管し、木製のガワと足回りの金属部分はゴミに出した。




その後しばらくは筐体購入よりも基板収集に明け暮れ、安い麻雀やクイズ基板も含めて120枚以上の基板を買い集めていた。




そして1996年の5月、新古品のミニキュート(イエロー)をこれまたタイムマシンで購入。


これは非常に安く、確か25000円だったかな。

カプコンが新品の在庫処分に困り、何社かの基板業者に払い下げしたようであった。

他にもトライでも新古品のミニキュートが売られていた記憶がある。




そしてこの年の秋に結婚し、翌年には長女が生まれたこともあり基板を買わなくなり、2000年代に入りヤフオクで基板を売り、基板熱も下がった。




しかしやっぱり基板を忘れることはできず、売買の場にヤフオクが加わったことにより、基板屋ではなかなか売っていない筐体の購入が身近なものとなり、2005年頃から駄菓子屋アップライト筐体やテーブル筐体を買い集め、手放した基板を買い直すという、更に濃い基板道を進むことになったのである(;´∀`)
関連記事
スポンサーサイト

category: アーケードゲーム

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bz504178zb.blog.fc2.com/tb.php/34-b75f041e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード