テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

14インチサンワコンパネテーブル筐体のレストア★その2 

モニター基板が手の届きにくいところに固定してあるので、一度筐体から取り外してみることに。

まずは放電処理してブラウン管を摘出。






東映製で昭和57年8月20日?の印が。






ブラウン管とモニター基板を接続し、バトルスを起動。






ピント調整と明るさ調整のツマミ。

これらのツマミは、モニター基板を筐体から取り外さなければ、位置的に回すことができなかった。






明るさ調整のツマミを回したら、見違えるほど綺麗に映るようになった(o^^o)






しかし、スペースインベーダーDXは納得できる映りに調整できなかった。






1942も同じく(´・_・`)

やっぱりこのモニターは、調整したとしても、黒バックのゲームに向いているのかな。






ディグダグも然り。






ギャラガは納得できる映りに。






ということで、ギャラガとかギャプラスとか、宇宙ゲームを遊ぶ時に使うことにしようかな。






モニター基板を元の位置に固定。






えーー!

何でこうなるの´д` ;??






何やらモニターステーとモニターの接触具合で映像に影響が。

アースの問題?

よく分からない(´・_・`)

まあとりあえずインスト入れようか。






基板はギャラッグで1Pインストはネブラスビーw






2P側はギャンダww






また時間ある時にモニターの調整してみようかな。
関連記事
スポンサーサイト

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bz504178zb.blog.fc2.com/tb.php/349-ad8a5056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード