テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

感電したー! 

ブラウン管で感電しました( ;´Д`)

ナムコ純正テーブル筐体のスピーカーの音が割れるので、とりあえずコーンの部分に詰め物でもしようと思い、スピーカーが取り付けてある筐体底面へ手を伸ばしました。

しかも筐体に電源を入れた状態でサウンドテストモードで音を鳴らしながら。






右腕を突っ込みスピーカーに詰め物をしていたその時、

ギューン!!

という音と共に右腕に衝撃がΣ(゚д゚lll)

ブラウン管に貼り付いているアノードキャップに長袖を羽織っていた腕が触れたらしい!






1分くらい右腕がシビれていたような気がします。

そして右手首外側と、右ヒジに痛みが。






どうやら電気が右腕を通過して出て行った痕跡らしく、傷の周囲の皮が焼けたような色になっていました(´Д` )






ブラウン管の扱いにも慣れてついつい油断してしまいました( ;´Д`)

大怪我に至らなかったのが不幸中の幸いでした。

今回のような時には、モニターを取り出してから作業を行えば良かったと反省しています。

ブラウン管を扱う皆さん、感電に注意しましょう!
関連記事
スポンサーサイト

category: 筐体のレストア

TB: 0    CM: 6   

コメント

きをつけなされい;

やばいやばい;
オイラもつい先日、ついに禁断のキャップを扱いました。ブラウン管が大きいと余計キンチョーしますよね;; (ペエジうpはまだです
あとモニタ基盤をいくつかメンテに出すつもりです、どこがいいかな。

へらぶな #y8j/9w2E | URL | 2014/12/06 18:13 | edit

Re: きをつけなされい;

へらぶなさん☆
コメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
ビリッ!って感じの感電はありましたが、今回はビックリでした( ;´Д`)
ブラウン管ってホント危険なものだし、それを自己責任でいじっているわけで、細心の注意が必要だなと改めて感じました。

モニター基板の修理はまだ出したことが無いのですが、栃木県の京浜サービスか、神奈川県のサンメックの二択でしょうかね。

ヒジヤン #- | URL | 2014/12/07 10:00 | edit

あぶ!あぶっ!!

茨城のMです。
あぶなーー!!
超あぶなーー!!!
ブラウン管って高圧かけてますから、周辺をいじるときは絶対電源を落としてかつコンセントも抜いて、コンデンサ等にたまった電荷も抜けてからいじるようにしないといけない物ですよ。
うちでは学生にも徹底させてます。
でないと大事故になる可能性がががが・・・・・・

MadDoc #- | URL | 2014/12/09 19:39 | edit

Re: あぶ!あぶっ!!

茨城のMさん☆
コメントありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ
そうですよね、ホント馬鹿でした(>_<)
傷は癒つつありますが、今回のことは忘れずに今後に活かして怪我の無いようにしたいと思います。

帰省の際はまたお立ち寄りくださいねー( ´ ▽ ` )ノ

ヒジヤン #- | URL | 2014/12/09 20:11 | edit

こんばんは

お久しぶりです。drkittyです。

見なくても十分想像できる状況ですね。お気をつけて
こちらも感電の経験がたくさんあります。ブラウン管からモニター基板を解体する時とか・・・・

既にご存知の内容だと思いますが、
ブラウン管を扱うときは油断は禁物・作業は電源を消してから・金属性道具は絶対駄目・モニター基板の解体はフライバックが完全に放電してから(自然放電もしくは強制放電)・・・・・・・・・・・・・・これだけ守ると意外と安全です。

drkitty #- | URL | 2014/12/16 01:48 | edit

Re: こんばんは

drkittyさん☆
コメントありがとうございます。
モニターの取り扱いは本当に注意しなければダメだなと実感しました。
数時間前もまさに感電したブラウン管をイタズラしていたので、ビクビクしながらの作業でした^^;

ヒジヤン #- | URL | 2014/12/16 02:26 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bz504178zb.blog.fc2.com/tb.php/450-065b553e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード