テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

エキサイティングアワーの比較 

エキサイティングアワーのオリジナルとコピーを持っているのて比較。






●上基板

右オリジナル基板、左コピー基板。
コピーは放熱板と一部の部品を省いている。
部品番号を示すプリント文字も印刷していない。






●エッジコネクタ

オリジナルは金メッキ。
型番シールあり。
右のシールは購入者が貼ったものか?


コピーは銀メッキ。
型番シールなし。






●ROM

オリジナルはTECHNOS JAPANの名前入りシール。
左のROMソケットはROMが無い。
左上のICはROMソケットに刺さっている。


ソケットあり。



コピーはMITSUBISHIのシール。
左はROMソケットごと無い。
また左上のICはソケットを介さず直付け。


ソケット無し。






●下基板

上下ともコピーはオリジナルに忠実な形状。
しかし上基板と同じく文字はプリントされていない。




オリジナルはTA-0015と型番印刷あり。


コピーは型番印刷無し。




オリジナルにはリセットボタンがあるが、コピーは省いている。
オリジナル。


コピー。






●インストラクションカード

タイトーとテクノスジャパンの両社のライセンスシールが貼ってある。


番号はそれぞれ違うw





●説明書

タイトー発売ということでタイトー書式の説明書。


ディップスイッチとコネクタ表
36ピンで-5Vが必要。




画面表示は3分でも実際の時間は変えることができる。





コピー基板はゲーム内容もオリジナルに忠実で、試しにオリジナルとコピーとで上下の基板を組み替えて起動させてみたら、どちらの組み合わせでもちゃんと動いたw




エキサイティングアワーは中1の時にF君がハマっていたが俺は全くやらなかった。

基板を集めるようになり、確かコピーが2000円だったので買ってみたらハマった!

X68000にだけ移植されてたけど、家庭用ゲーム機にも対戦可能とかにアレンジして出てたら売れたんじゃないかなぁ。

関連記事
スポンサーサイト

category: 純正基板VSコピー基板

TB: 0    CM: 1   

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2014/04/28 21:51 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bz504178zb.blog.fc2.com/tb.php/52-a5102775
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード