テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

ダブルフィーバー魔界村 

ダブルフィーバー魔界村はカプコンのメダルゲーム。
コナミのピカデリーサーカスを発展させたようなルール。



ゲーセンでやったこともなく特に思い入れもなかったが、何年か前にオークションで購入した。
ホントはピカデリーサーカスが欲しいんだけど高くて買えない(TдT)


ダブルフィーバーは魔界村の他に、戦場の狼、ソンソン、1942、魔界島、ミニフィーバーチャンスなどのバージョンも存在したようだ。





拡大写真。
右からメダル、10円硬貨、100円硬貨の投入口。
100円硬貨を投入すると、ディップスイッチで設定した枚数のコインがコイン出口から出てくるという、コイン貸出機としての役割も持つ。
前所有者が貼り付けた注意書きはそのままにしてある。






盤面。
周囲のイラスト部分も光る。






カプコンメダルは入手時に付属しなかったので、金色の別のメダルを入手し代用した。






ボタン、スピーカー、コイン出口。
購入時、盤面やボタンの電球切れが複数あり、秋葉原で入手して交換した。






筐体内部。






投入されたメダルはメダルホッパーに入る。
10円と100円の硬貨は滑り台を滑り、筐体下部の金庫へ混ざって落ちる。






制御基板にはディップスイッチとサウンドボリュームがある。






カプコンメダルは専用の筒に入っていて、当たると初期のピカデリーサーカスを彷彿とさせる「ガッタン」という音とともに払い出される。






盤面内側。
黒いつまみを回して簡単に電球交換が行なえる。






筐体下部の内部。
左は縦長の金庫。
他に電源ユニットがある。






取扱説明書。
全ページ紹介。


基板のイラストは実物と比べ天地が逆。










コインは懐かしいインディアン柄。
今から20年近く前にゲーセンで遊んでいたら、メダルゲームで大当たりした見知らぬおじさんが、大量のメダルを2つのビニール袋に入れて、俺ともう一人の客に押し付けて帰って行ったw
もう一人はそのまま持ち帰ったので俺もコッソリ持ち帰った^^;
その時のコインを使ってます。






ダブルフィーバーの意味は、賭けた絵柄が当たると、さらに内側の袋のイラストのルーレットが回り、運良くドル袋が点灯したら、真ん中のデジタル表示の数字のコインが更にもらえるということなんだけど、なかなかドル袋に当たらなくて、ダブルフィーバーになる事は非常に少ない。




動画を撮影してみた。
関連記事
スポンサーサイト

category: 所有筐体

TB: 0    CM: 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bz504178zb.blog.fc2.com/tb.php/54-933e7896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード