テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

まるごと県央!住まいるフェスタの準備 


今月の6日(土)と7日(日)に燕三条地場産業振興センター(通称:地場産)で行われる「まるごと県央!住まいるフェスタ」の、日曜日のみに設置する筐体の準備を行ってます。

今年のイベントは3月20日(日)に開催予定の「第9回三条おもちゃフェスティバル」が第1弾の予定だった。

住まいるフェスタのお話を頂いたのは1月9日(土)で、「全日本テーブル筐体愛好会新年会」の真っ最中で、第2参加ポイントの公楽園に到着して店内に入ってすぐのタイミングでスマホに着信が来た(笑)

「土日開催のイベントですが、日曜日に空きスペースが出たのでゲーム機を並べてみませんか?」とお話を頂き、2月の勤務希望締切日の前だったし、他に用事も無い日だったので出展させて頂くことに(((o(*゚▽゚*)o)))



ちなみに「まるごと県央!」とは、三条市、燕市、加茂市の全世帯に配布される、地域密着の情報が満載のフリーペーパー。






2月号にはキネマカンテツ座の情報も。








インベーダーのテーブル筐体を置かせてもらっているKEISHOKU喫茶あくびも掲載されていた。






すぐに資料が届いた。






会場見取り図。

地場産は燕三条地域では最大のイベントホール。

住まいるフェスタは燕三条地域では初開催のイベント。






お借りするブースの面積は4m×2m。

中央入口脇の29番とのことで、目立つ位置かも!






今まで色んな場所で筐体を置くイベントをやったが、今回はその中では一番狭いスペース。

「何を置くか?」よりも「何が置けるか?」なので、卓上シミュレーションから開始。






なるべく多くの筐体を設置したいが、搬入や搬出の時間も考慮しなければならない。

スペース内の動線も確保する必要がある。

とりあえずこんな感じで考えてみた。






設置予定のゲームは

スペースインベーダー
パックマン
ドンキーコング
ゼビウス
アルカノイド
フロッガー

そして愛好会会員No.64番ひげ丸さんからお借りする「コナミ80'sアーケードギャラリー」という感じ。

イベントの趣旨からしたらやっぱり知名度が高いゲームを選ばざるを得ない^^;






さて次に車庫の床に4m×2mでテープを貼り、実際の筐体を置いて確認してみる。






タイトーの14インチテーブル筐体。

昨年は京都ラクト山科やT・ジョイ長岡などでパックマンを入れた筐体だが、レバーの調子が悪くメンテする時間もないので今回は欠場。






不具合内容を書いてモニターに貼り付けておいた。

すぐ忘れてしまうので^^;






一般的なテーブル筐体のサイズより少し小さいという、レディバグが入っていたテーブル筐体にパックマンを入れることに。






今回はスペースの都合、テーブル筐体ならではの2人対面交互プレイは無しなので、2Pスタートボタンの信号線にコネクターを噛ませることで、ハンダ付けナシで2Pスタートボタンの効果のオンオフが変更できるようにした。






スペースインベーダーはいつもの純正テーブル筐体。






実際に置いてみるとこんな感じ。

壁側のプレイヤーのスペースがキツキツかも(´・ω・`)






このテーブル筐体にはアルカノイドを入れることにしよう。

ラクト山科ではゼビウスを、昨年9月の第3回無料ゲームコーナーインベーダーハウスでは、ガズラーやスターフォースを入れた筐体。






とりあえずアルカノイドを接続。






コンパネを交換。

記憶が確かならこのテーブル筐体、買った時にはこのコンパネが付いてアルカノイドリベンジオブドゥが入っていたヤツだったかも。

筐体とコンパネが久しぶりにペアを組む。






コンパネのビスの頭が錆びているので、愛好会会員No.15番RCDさんから以前貰った新品と交換する。






天板にまで錆がこびりついていた。






メラミンスポンジで擦って錆を落とした。






新品の輝き☆






画像では確認出来ないが、ファミコンのRFケーブルを触った時に出るようなハレーション?みたいな感じで映像がチラチラしている。






もう1組のアルカノイドで試したところ症状は同じなので、モニター基板の不具合?






しかし他の基板では症状は出ず。

アルカノイドとモニターの相性の問題?

ゲームプレイに支障が出るほどでもないのでこのまま使用すること。






駄菓子屋アップライト筐体は、左の青にはラクト山科などでも入れたドンキーコングにしようと思ったが、コナミアーケードの基板システム573はCDドライブ付きの基板なので、基板を水平に設置できる青にコナミアーケードを、赤にドンキーコングを入れることにした。






こんな感じでシステム573がピッタリ収まる。






赤は昨年のおもちゃフェスティバルではアウトランを、ラクト山科ではハイパーオリンピックを入れたりと、横画面ゲームで使用してきたが、今回初めてモニターを縦にする。







ガラスなどを外す。






ブラウン管からアノードキャップとネック基板を外す。






ブラウン管を持ち上げ縦に変換。

18インチのブラウン管は重いしスペースもキツキツで、14インチより大変。






アノードキャップとネック基板を元に戻す。







ドンキーコングが無事に動いた。

ちなみにドンキーコングは+5Vのアンペアが大きくないとまともに動かない。

赤にはアウトランの時に交換した15Aの電源が載せてある。






このコンパネを青に移植することに。






レバーガイドを4方向から8方向に変換。

古いタイプのセイミツレバーなので、レバーガイドの交換が厄介( •᷄⌓•᷅ )੨੨

今度LS-32に交換しようかな。






青のコンパネを外す。






赤からコンパネを移植。

ボタン3は外してホールキャップをはめた。






赤にはアルカノイドのテーブル筐体から外したコンパネを移植した。






4m×2mのスペースに並べてみた。






テーブル筐体のもう1台は先日レストアしたナムコテーブル筐体のゼビウス。

かなり狭くプレイ待ちや見物人のスペースは無いに等しい状態かも。






仮で黄色を置いたが、本来は駄菓子屋ミニミニアップライト筐体のフロッガーを置くつもり。






現状は上の図だが、アルカノイドのテーブル筐体と駄菓子屋ミニミニアップライト筐体のフロッガーを抜いて、下の図にするかもしれない。

土曜日の搬入の時に考えよう。






まるごと県央!住まいるフェスタの詳細はこちらから↓↓↓
http://www.s-joho.com/smilefesta/index.html





関連記事
スポンサーサイト

category: 筐体を使ったイベント

TB: 0    CM: 2   

コメント

相変わらず素敵なイベントやっておりますね、うらやましい限りです。
筐体が並んだ景色はなんともワクワクしますねぇ。

先日、私もとうとう駄菓子屋アップライト筐体を入手しました。
なんかスロットゲームのメダルホッパー?がついたものです。
他のゲームに変えて遊びたいとこですが、
コネクタやら交換しないといけないのでまだまだ先の話です。
コントロールパネルも筐体と同価格かそれ以上なので、
ボタンとレバーを買って、適当なパネルで自作予定です。
…まぁそもそも遊ぶ基板がないのですが。

赤、青、黄色の筐体がすごくいいですね。
イベント頑張ってください。応援しています。



へたれちいや #- | URL | 2016/02/02 21:42 | edit

Re:

へたれちいやさん☆
コメントありがとうございます!
駄菓子屋アップライト筐体手に入れましたか(*^ω^*)
もしかしてヤフオクに出ていた白いヤツですか?
電源、映像の信号をJAMMA配列にするところからスタートでしょうかね。
コンパネはかなり高騰していますが麻雀コンパネを改造する手段もあります。
この方法も結構手間がかかるんですけどね^^;
日曜日のイベント頑張りたいと思います!

ヒジヤン #- | URL | 2016/02/03 02:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bz504178zb.blog.fc2.com/tb.php/626-b8aafa93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード