Sun 09/18 2016

【準備編】第1回ヤンごとなき!テーブル筐体ゲームバトル

08:387
メディア露出
2016年9月に放送された「ヤンごとなき!」の収録の日(8月上旬)、収録が終わってヤンさんとスタッフさんが帰る間際、ヤンさんとスタッフさんの会話で「9月の公開収録、テーブル筐体ネタでイイんじゃない?」と話が出た。

9月16日(金)にUX(新潟テレビ21)本社前で行われる公開収録で、もしかしたらテーブル筐体を借りるかもしれないとのこと。

ヤンさんのあまりに急な思いつきwだったので話半分に聞いておこうと思ったw

でもとりあえず仕事の休み希望だけは入れておいた。





そしたら後日「公開収録がゲームに決まったのでテーブル筐体を貸して欲しい」とメールが来たΣ(°д°ノ)ノ

ウチとUXは高速使って片道約1時間、時間的に筐体を運ぶのは1往復となるだろう。

bBにはテーブル筐体が2台載せられるので「テーブル筐体を1台または2台貸し出しできる」と伝えた。

使用するゲームはストリートファイターII、ハイバーオリンピックなどなど候補が上がったが、「スペースインベーダー」と「パックマン」に決まった。





番組内容としては

・視聴者に参加希望を募りゲームでバトルする。

・ゲーム画面をUX社屋にプロジェクター投影する。

・俺にも出演してもらう。(ゲーム解説役的立場で)

・先日の放送でヤンさんに「ワルキューレ仕事サボってHボタン」といじられた全日本テーブル筐体愛好会会員No.12番のみつ氏にもプレイヤーとして参加して欲しい。

・ヤンさんの他、何人かのタレントも出演する。

と言った感じ。





スペースインベーダーもパックマンも2枚ずつ基板を持っているので、2台の筐体に同じゲームを入れて2人で勝負するというのを提案したけど、プロジェクターの台数の関係でボツになった。

スペースインベーダーのルールはどうしようかと悩んでいたところ、全日本テーブル筐体愛好会会員No.11番fukkokuya氏(スペースインベーダーチャンピオンシップ優勝者)から「1分勝負がいいと思うよ!」と助言が!

1面クリア時のスコア勝負だと、名古屋撃ちをされるとプレイ時間がかなり長引いてしまうこともあるので、シンプルな1分勝負を番組プロデューサーに提案した。

パックマンは「パックマン1匹で何点取れるか?」で提案し、そのままルールが採用。





9月10、11日のインベーダーハウスのイベントが終わってから、筐体の準備に取り掛かった。

スペースインベーダーはインベーダーハウスでは使用しなかった「スペースインベーダー純正テーブル筐体」を使用。

イベント用の表示類を剥がした。






エクステンドの音が大きかったのでついでに調整した。






パックマンの方もメーカー製のテーブル筐体にしようと「ナムコT-3テーブル筐体」(ナムコテーブル2号)を選択。






ナムコテーブル1号と2号でブラウン管を使いまわしているので、現在ナムコテーブル2号の中は空っぽ。






ゲームセンターヒジヤンに置いてあるナムコテーブル1号からブラウン管を抜き取る。






ブラウン管を載せ換え、パックマンの基板を接続。






パックマンの基板の調子が悪く、リセットがかかることがあったので、パックマンの基板を2枚、そしてパックマンが収録されているナムコクラシックコレクションvol.2を、万が一の時の予備として持ち込むことにした。






ゲームバトルの景品に良さそうなインベーダーグッズも持って行くことに。






そして公開収録前日の木曜日、ヤンごとなき!のFacebookで、公開収録のゲストが板倉俊之(インパルス)、チャド(チャド・マーレン)だと発表になり驚く!Σ(°д°ノ)ノ






いよいよ公開収録当日、全日本テーブル筐体愛好会会員No.0番ヒジヤンの父の力を借りて、bBにテーブル筐体を載せる。






まずは軽い方のスペースインベーダーのテーブル筐体を奥に載せた。






そしてパックマンのテーブル筐体も。

他に丸椅子を2脚、工具箱も持参。






15:20頃に出発し、新潟市のUXへ向かった。

先日のヤンごとなき!はウチに来てもらってのロケだったけど、今回はUX本社前に会場を特設し、公開収録なので番組やSNSなどで観覧を募り、ヤンさんはもちろん東京で活躍する芸人を呼んだりと、予算を掛けたかなり大掛かりな撮影である。

もし今日俺が新潟市へ行くことが出来ないほど具合が悪くなったりだとか、UXへ向かう途中で交通事故や車の故障で約束の時間に到着できなかったりだとか、筐体や基板が不具合を出してゲームバトルに支障が出たりしたら?などが頭をよぎり「大変な役割を担ったなぁ(・_・;)」と内心ドキドキしながらbBのハンドルを握った。

そしてナビの予想時間通りの16:12にUXに到着。






UX本社前ではステージ作りや機材の設営が進んでいた。






テーブル筐体を降ろして通電。

2台とも調子が良さそうだ。






少し時間があったのでロビーでお茶をご馳走になった。

中之口DEエンカウント?の時に出演させてもらった「ナマ+トク!」のライティングポスター。






ちなみにゲームセンターヒジヤンの回のヤンごとなき!の視聴率はかなり良かったとスタッフさんから聞いた\(^o^)/






台本に目を通す。

各ゲームを紹介する役割があるので、Wikipediaなどを参考に、スペースインベーダーやパックマンの紹介文を考える。






ステージが出来上がったので、俺とプロデューサーでスペースインベーダーのテーブル筐体をステージへ運ぶ。






UX社屋にプロジェクターで映像が映し出された。





テーブル筐体の真上に設置されたカメラでプレイ画面を観覧できる。




その後、控え室で出演者のヤンさん、さとうあいさん(アシスタント)、板倉俊之さん(インパルス)、チャドさん(チャド・マレーン)、俺、プロデューサーで打ち合わせ。

毎週観ているタモリ倶楽部にもよく出演するインパルス板倉さんが目の前にいて不思議な感じ(ОωО)

一応色紙を持ってきたのでサインを書いてもらう時間があれば良いが^^;





本番前にヤンさんがテストプレイ。

当時床屋代を誤魔化してインベーダーに注ぎ込んだだけあってかなり上手いw





インパルス板倉さんがスペースインベーダーをテストプレイ!






インパルス板倉さんのプレイを見つめるチャドさん。

オイオイ!芸能人が俺の筐体で遊んでるよw






ステージでライトを浴びるテーブル筐体。

2年前まで旭川市の常磐公園の売店で眠っていたテーブル筐体。

偶然の出会いがあり廃棄される寸前に俺が救い出した結果、このような晴れ舞台を迎えることになるとは……(;_;)






ちなみに放送日は10月7日(金)0:20~と、10月8日(金)0:20~の、2週に渡っての放送とのこと。

ゲームセンターヒジヤンの回はゲーム音楽の権利の関係でGYAO!での放送が見送られる結果となったが、今回の放送はどうなるのだろうか?






ということで、続きは【本番編】で。






関連記事
Comment form
Name
URL
Title
Comment
Pass (Edit)
管理者にのみ公開
Trackback URL
http://bz504178zb.blog.fc2.com/tb.php/678-425d3d7a