テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

BEEP発行「EXTRA mag.#2」に少し協力した 

レトロPC・ゲーム専門店BEEPが発行する「EXTRA mag.(エクストラマガジン)」。

その第2号となる「EXTRA mag.#2 2016.秋号」が、今月の6日に開催された「ゲームレジェンド25」で発売された。






ちなみにこちらは第1号。






第2号の中でテレビゲーム史研究家ぜくうさんが執筆したインタビュー記事「ユニバーサル特機風雲録 SOS・海底宝探しの開発舞台裏」に協力した。





ユニバーサル特機設立者の宮島猛さんをぜくうさんに紹介したわけだが、なぜ俺が宮島さんを知っていたのかというと…



ヤフオクでテーブル筐体のコンパネを落札。

出品者が長野県在住だったことを愛好会会員No.64番ひげ丸さんに伝える。

ひげ丸さんが出品者とのコンパネの直取引を代行。

出品者から他にも譲ってもらうことになり俺も長野へ行き出品者(愛好会会員No.89番VG達人さん)と親しくなる。

VG達人さん所有の大量の筐体の倉庫間輸送を手伝う。

新たな筐体倉庫がユニバーサル特機の関連施設。

ユニバーサル特機の人(宮島猛さん)に会ったとぜくうさんに話をする。

ぜくうさんが宮島猛さんのインタビューを熱望し、俺が取材要請と取材日時の調整をする。



という流れ。






取材は2016年7月25日に長野市内で行われ、俺も取材に同行した。

ユニバーサル特機と長野文化機器の設立者、宮島猛さん。






文頭、文末にはぜくうさんと宮島猛さんを繋ぐきっかけになった我々の名前が!








電波新聞社の「オールアバウトナムコ」ではナムコゲームとしてカウントされず掲載されなかったが、アーケード版ドラゴンスピリットのエンディングのナムコゲームリストでは掲載されていた海底宝探し、SOS、ナバロン。

謎に満ちたゲームが生まれた経緯や、他にもあったユニバーサル特機が開発したゲームなど、非常に濃い内容となっています。






販売価格は前号の倍の価格の3240円とお高いけど、ページ大増量のオールカラーで他のインタビューや記事も興味深いものが多く非常に濃い内容なので、レトロゲームマニアはぜひ一冊お手元に!






こちらのBEEPのサイトから通信販売で購入できます↓

http://beep.theshop.jp/items/4582872







関連記事
スポンサーサイト

category: ゲーム雑誌

TB: 0    CM: 2   

コメント

即効購入しました!
vol.1も…と思ったらすでに完売でしたが。
スペースハリアー本も超気になりましたがこちらも完売…残念。

ところでぜくうさんの名前…何か凄いひっかかるものがあるんですが
思い出せません。昔、ゲーム雑誌で編集されてた方かな…。

奈夢子Ⅱ #- | URL | 2016/11/13 12:45 | edit

Re:

奈夢子IIさん☆
コメントありがとうございます!
そしてご購入ありがとうございます!!
ぜくうさんは「ゲー夢エリア51」というサークル名でゲーム開発者インタビュー系の同人誌を発行されていますし、商業誌でも執筆することもあるようです。

http://www5f.biglobe.ne.jp/~zekzek/index2.htm

ちなみに新発田市の「メディアマックスゲームス」でスペハリの同人誌第二弾の店頭販売が開始されましたし、近日中にぜくうさんの同人誌も店頭販売するそうです。
見本誌も置くとのことです。

ヒジヤン #- | URL | 2016/11/13 13:05 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://bz504178zb.blog.fc2.com/tb.php/690-60bea955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード