テーブル筐体な日々

全日本テーブル筐体愛好会会員No.1会長のヒジヤンのユルイ日記

テーブル筐体が住むアパート 

所有筐体が100台に達し、ホント置き場が無くなってしまった。

しかも現在は本来父親の車を駐車する車庫にも筐体がたくさん置いてあるので、父親の車は屋根の無い庭に置いている状態が今年の春先から続いている|ω・`)

屋根の無い庭に車を停めておくと、雪が降ると車に積もった雪を下ろしたりするのが面倒なので、本格的に雪が降る前に車庫を空けなければならない。

車庫の2階を整理してテーブル筐体を2階に移動させようと思ったが、それでもおそらく無理なので、歩いて1、2分の所にあるシャッター付きガレージを借りることにした。

月1万円らしいので冬の間だけ借りて父親の車を貸ガレージに入れることで話がついていたのだが、そんな話を職場の人にしたら「知り合いの不動産屋がシャッター無しの共同ガレージ(元工場の建物で屋根はあるがシャッターがなく、車10台分ほどに区割りしてある)を月5000円で貸しているよ!」と話を持ちかけてくれた。

「防犯面で少し不安はあるが盗む人もいないだろうし筐体を置いてブルーシートでも被せておけばいいか。」なんて思ったんだけど、残念ながら満車とのことだった(><)

そしたら「同じ不動産屋が古いアパートの誰も住んでいない1室の6畳間を、1部屋5000円で貸してくれるって!」と話が舞い込んだ!

金額は同じだしアパートだからもちろん室内だし鍵もかかるし面積もほぼ一緒。

なのでこの物件を2016年12月から借りることにした。

そして鍵を受け取り、初日となる12月1日が休みだったので、さっそくアパートに筐体を運んだ!

ちなみにこのキーホルダーは、駄菓子屋ゲーム博物館で買った↓






アパートへ運ぶ筐体は、未レストア筐体や故障筐体など、しばらく触る予定の無いテーブル筐体にした。






借りたアパートは車で10分程のところにある。

駐車場に面して大きなサッシがある6畳間を借りれたので、筐体の搬入もラクラク!






俺は一人暮らしをしたことがないのだが、こんな形でアパートを借りることになるとは(´°‐°`)






昭和のアパートって感じ。






お風呂はホテル公楽園みたいな感じ。






トイレは蜘蛛の巣があって、便器に水が溜まってないので浄化槽からの臭いが上がってきているようだった(><)

今度ペットボトルに水を入れて持ってくるか。






ちなみに電気ガス水道の契約はしないので、ここで筐体を稼働させたり、水洗トイレを使用したり、風呂に入ったり、煮炊きはできない(笑)

動作確認程度なら車のシガーソケットから100Vを引っ張ってこれるけどね。






ちなみに畳は傷んでも良いと言われてるので、畳の上にそのままテーブル筐体を置いた。






2往復目。

全日本テーブル筐体愛好会会員No.0番の父親に手伝ってもらいました^^;

古いアパートってことで、父親との会話は今の家が建つ前の俺が幼稚園の年長の頃まで住んでいた家の懐かしい話だとか、車中で盛り上がった(笑)






こんな感じでテーブル筐体のみを6畳間に敷き詰めると、18台並べられそうなのがわかった。

さらに2段重ねにすればその倍の36台のテーブル筐体を置くことが出来る計算になる。






6畳間にはテーブル筐体がこのようにぴったり収まります。






畳を剥いでみたら、かなり厚い板が敷き詰めてあったので、床が抜けることは無い!はず(笑)








今回アパートに移動させたテーブル筐体の中で、まだ梱包を解いていないテーブル筐体が1台あった。






このテーブル筐体は、俺がヤフオクで筐体を買いまくっていた頃(2005~2008年頃)に買ったもので、車庫の奥の方に置いてあって、その存在すら忘れていたものだった^^;

荷札には「ギャラクシアン」って書いてあった。






梱包を解いてみた。

傷の多い天板ガラスで、モニターは18インチ、namcoの文字が入っていないギャラクシアンのインストのカラーコピーが掲示されていた。






コンパネはチャンピオンベースボール。

GAME&GAMEのステッカーがいい味出している(^-^)






2P側にもチャンピオンベースボールのコンパネが。

しかしチャンピオンベースボールのコンパネって何種類あるんだろう。

俺が見てきたものでも6種類はあるな。

チャンピオンベースボールが発売された頃って3ボタンゲームは少なかったから、チャンピオンベースボールのヒットにより、各社から3ボタンコンパネが多種発売されたんだろうなぁ。






基板を抜こう。






よく見かける2枚タイプのギャラクシアンのコピー基板。






とりあえず7往復して14台のテーブル筐体を搬入した。






雨が強くなってきたのでこの日の搬入はここで終了。






★オマケ★
今回の筐体移動で撮影したスペースインベーダーのコンパネ色々。

タイトーのコンパネ。(初期型)






タイトーのコンパネ。(ロゴ入り後期型)






ジャトレのコンパネ。(タイトー許諾品)






SP(秀和企画 Shuwa Planning)のコンパネ。(タイトー許諾品)






コピー物?のコンパネ。

書体が異なりスタートボタンも違う。






インベーダーブームが去ったあと、インベーダーコンパネの上から貼るシールが存在したようだ。












category: 所有筐体

TB: 0    CM: 5   

駄菓子屋アンドオンのゲームを入れ替えた 

駄菓子屋アンドオンに筐体を3台設置している。

右の青い駄菓子屋筐体には2in1ハーネスを使ってスペースインベーダーDXとテトリスを1台の筐体に入れていたが、インカムが低下してきたので入れ替えてみることにした。

代わりに入れるのは子ども受けしそうなエジホン探偵事務所と、ことばのパズルもじぴったん。

まずは自宅で基板の動作確認。

久しぶりに通電してみたら「動かない(´Д`)」なんてことがよくあるので……。






では入れ替え作業開始。






まずはこの駄菓子屋筐体と新たな基板の相性を見る。

エジホンももじぴったんもインターレス画面だが、チラツキもなく綺麗に表示された。






明るさをエジホンに合わせるともじぴったんは暗くなるが仕方ない。






スペースインベーダーDXとテトリスの基板を摘出。






コンパネをバラし、ボタンの追加(1ボタン→3ボタン)を行う。






レバーガイドを4方向から8方向に変更。






コンパネはこれでOK。






もじぴったんのテストモードでスイッチテスト中。






インストを入れ替えて作業完了。






次は真ん中の青い駄菓子屋筐体。






MVSの4本差しを入れていた。

この基板はゲーム別にインカム情報を記録しているのだが、インカムが一番良かったのは中古取引価格が一番安いパズルボブルだった^^;






先日手に入れたばかりのコズモ ギャング ザ ビデオを入れることにした。






インストとモニター部のガラスを外したところ。






ブラウン管を回転させます。






ネック基板やコネクター類は外したけど、アノードキャップはケーブルの長さ的に外さなくても回転出来た。






ナムコのシステムIIは基板の面積が結構広いので、駄菓子屋筐体では平置きが厳しい。






コンパネのボタンを3→1に変更し、インストを掲示。

ワンコインで二人同時プレイが可能なので手書きのポップも作成。






次は左のメダルゲーム機から改造された、赤い駄菓子屋筐体風筐体(笑)






パックマニアはインカム好調なのでそのまま稼働させ、2in1ハーネスを使ってナムコクラシックコレクションvol.2をいれてみる。






この筐体は裏側から基板の出し入れをします。






基板収納スペースが狭いので、ナムクラは天井にネジで固定(笑)






ゲーム切り替えボタンを増設するためにカバーを外したところ。






ついでにモニター基板のFOCUSつまみを調整したので、ボケ気味だった映像がクッキリした(^-^)






インストと手書きのポップを掲示して終了。






パックマニアとナムクラ内のすべてのゲームは5機設定にしました。






入れ替えした後に駄菓子屋アンドオンで働いている嫁に操作方法を説明したら「お金を入れる前にパックマニアかナムクラかを選び、ナムクラなら更にパックマン、ディグダグ、ラリーXから選ぶというのは子供たちには理解しづらいのでは?」と言われた。

確かにそうだなと思い、後日この筐体にはナムクラだけ入れて、パックマニアを隣の青い駄菓子屋筐体にコズモビデオとの2in1にしようと思います。





2016/10/27 追記

2016年10月26日、以前手に入れたコンパネに、いつもの着脱コネクターをハンダ付け。






1P、2Pそれぞれの配線の先に、15ピンコネクターをつけた。






レバーガイドを8方向から4方向のものに取り替える。






ボタンをひとつに減らした。






部屋のテーブル筐体に接続して動作確認。






すぐにアンドオンへ。

この日も子供たちで大賑わい!

アンドオン代表の高橋ケンヂさんの取材でNHKが来ていた。






左の赤い筐体から抜いたパックマニアの基板を、コズモギャングザビデオが入った真ん中の青い筐体に2in1入れようとしたが、サイズ的に厳しく、苦肉の策としてパックマニアを宙吊りにした^^;






コンパネの取り替え。






作業完了!






赤い筐体はナムクラ2のみにした。






真ん中はパックマニアとコズモギャングザビデオの2in1。






右はもじぴったんとエジホン探偵事務所。






category: 所有筐体

TB: 0    CM: 2   

ライダー18筐体やテーブル筐体を譲り受けた 

今年の5月、当ブログにこんなコメントが!

「そちら様のブログに影響され、自分も部屋をゲーセンにしようと揃えてましたが、部屋が狭くなりどうしようもないので、全て処分しようと思い、処分するならヒジヤン様に引き取っていただくほうが活用してくれるのではと思い、ご連絡いたしました」

なんとも有難いお申し出Σ(゚Д゚ノ)ノ





貴重な筐体を譲っていただけるのも嬉しいが、当ブログ「テーブル筐体な日々」に影響され、筐体集めを始めた方がいらっしゃったことも嬉しい(笑)

他にもそんな方が結構いらっしゃるのだろうか……?





今回のメッセージの主は茨城県南東端部にお住まいのFさん。

筐体は現在4台お持ちとのことで、基板はほとんど売ってしまったが、4台の筐体とパーツなどを手放したいとのこと。

偶然にも8月に茨城県へ行く予定があったので、直接引き取りに伺うことにした。





そして2016年8月24日(水)、前日から滞在していた茨城県高萩市を出発!

見慣れた日本海ではなく太平洋を横目に長距離ドライブ。

台風が去った後でどんよりとした空模様。






海上に張り出した道路Σ(゚д゚;)

日立市の渋滞は激しかった((´д`))






東海村などを走り抜け、カシマスタジアムの脇を通る。






そして出発から3時間半ほど、お昼頃に鹿島臨海工業地帯へ。





最近カーナビが壊れたので、今回の旅はスマホのGoogleマップのナビを使っていたのだが、道中で音声案内が機械的な声から以前の人間の女性の声に変わって驚いたw

ちょうどこの日、音声案内が元に戻ったらしい。





そしてFさん宅に迷うことなく到着。

挨拶を交わし、早速筐体の搬出作業に取り掛かることに。

まずはツインモニターのテーブル筐体。

これは大きくて重くてbBに積めないので、18インチのブラウン管のみを頂くことに。

Fさんが撮影した、ブラウン管摘出中の俺(笑)





空っぽになったテーブル筐体。






他にもスイッチング電源や空冷ファンなどを取り外した。






次はマリンゲーム(旧カシオゲーム)の「ライダー18」という18インチモニターのアップライト筐体。

同じものがナツゲーミュージアムで稼働している。

元々のコンパネを処分し、鉄板に穴を開けて製作したという、Fさんオリジナル仕様のコンパネが付いていた。

モニターはPC用の液晶モニターに換装されていた。






車載スペースの都合、液晶モニターを取り出して、先ほどのテーブル筐体から外したブラウン管モニターを載せた。

Fさんが撮影した、ブラウン管を固定している俺(笑)






こちらのテーブル筐体もブラウン管の代わりに、ヤフオクで売られているPC液晶モニターと中華アップスキャンコンバータに換装済み。

画像はブラウン管モニターを載せようと液晶モニターを取り出した様子だが、このテーブル筐体は20インチモニター仕様で、18インチのブラウン管を固定することが出来なかったので、ブラウン管はbBの右後部座席の足元に載せた。






ライダー18筐体は折りたたんだ後部座席の上に仰向けに載せた。





次はテーブル筐体。






テーブル筐体を載せる準備をしている俺。






ブラウン管が入っていないので軽々と載せられた。

テーブル筐体のガラス板も譲って頂いたので、テーブル筐体の上に載せた。






左後部座席の足元にはモニター基板や麻雀基板などを載せた。






卓上タバコ自販機という珍品も譲って頂き、テーブル筐体の脇に載せることが出来た。






ライダー18筐体とテーブル筐体から外したPC液晶モニターは、テーブル筐体の下とテーブル筐体の上に載せた。






テーブル筐体のコンパネの化粧板は、状態が良い美品!

手持ちの傷んでいるものと交換しよう。

その他、レバーや配線類も譲って頂いた。






後ろはこんな感じでギリギリ入った^^;






更にゲーセン椅子3脚も!

助手席には家族が座るし、流石にこれはムリだから宅急便で送ろうかと思った。






しかしライダー18筐体のこの空間に入るかもしれない!






押し込んでなんとかドアが閉まった^^;






更にもう1台、麻雀のテーブル筐体があるのだが、これは同じ茨城県の茨城大学のM准教授(全日本テーブル筐体愛好会会員No.27番)が譲り受けることになった。





積み込み作業が終わり、リビングで飲み物をごちそうになりながら、筐体の話や、Fさんが好きなレトログッズの話、サバゲーの話、Fさんが監督を務める自主映画の話などで盛り上がった(´∇`)






リビングにはレトログッズが所狭しと並んでいた。






俺もレトログッズが好きなので大変興味深く室内を拝見させてもらい、チープトイの腕時計を台紙ごと頂いた(*°∀°)=3

ゲームセンターヒジヤンの駄菓子屋筐体の近くに貼り付けよう!






ほぼハードオフのジャンクコーナーで買い揃えたというオーディオ。

レコードプレイヤー俺も欲しくなった(*゚▽゚)






そしてお昼までご馳走になり、Fさんが筐体のメンテをボランティアでやったり、筐体を寄付したりしているという、駄菓子屋ゲーセンおもちゃ屋に寄ろうとしたが、残念ながら定休日だった(><)

今回Fさんは筐体や基板を手放し、自宅ゲーセンの趣味からは引退されるけど、過去にはブラストシティなど数々の筐体や基板をお持ちだった自宅ゲーセンの先輩でもあるので、メッセージを頂いた5月の時点でFさんを全日本テーブル筐体愛好会会員No.97番として登録させてもらいました。

譲り受けた筐体は、メンテが間に合えば来月開催の「第4回無料ゲームコーナーインベーダーハウス」に設置したいと思います!







category: 所有筐体

TB: 0    CM: 7   

筐体が2台減った 

2016年8月9日(火)、中之口DEエンカウント?で使用した筐体を引取るため、先日に引き続き中之口先人館へ。

MAS-18筐体と駄菓子屋筐体を、全日本テーブル筐体愛好会会員No.10番T店長の力を借りてbBに載せた。






我が家に運んだ。






筐体を保管している車庫が筐体だらけになり、手狭なので筐体を減らしたいと思っていたところ、前々からT店長がアストロシティを欲しがっていたので、悩んた末、アストロシティをT店長に譲渡することにした。






達者でな。T店長に可愛がってもらえよ。






T店長宅へ運ぶ。






T店長の「納屋ゲーセン」に運び込んだ。






そして再び中之口先人館でMAS-18筐体と駄菓子屋筐体を積んだ。

これで中之口先人館に貸していた全ての筐体の引取りが完了!






中之口先人館に来月開催予定のインベーダーハウスのポスターを貼らせてもらった。






そして筐体を再び我が家へ運んだ。

そこでT店長がブラストシティも譲ってくれないか?と言ってきた。

ブラストシティは2台所有しており、持て余していたので、ブラストシティも譲渡することにした。

ニューアストロシティの奥にブラストシティがあるので、引っ張り出す。






今日は所有筐体が-2台に(°д°)






2人でブラストシティを積んだ。






ブラストシティもアストロシティもとても良い筐体で、モニターの調整もらくらくだが、やっぱり俺は不便でもテーブル筐体の方が好きだなぁ。






T店長の納屋ゲーセンに設置。

29インチ筐体が4台も並ぶと、ちょっとしたゲーセンだわなw

ということで所有するビデオゲーム筐体は、2台減り93台となった。






T店長からは先日発掘したというマークIIIのソフトを貰った\(^o^)/






他にも珍しい瓶ボトルに入ったコーヒーを。






そしてT店長のお母さんから、自家製夏野菜とスイカを頂いた\(^o^)/






帰り道、久しぶりににα+1三条店へ。






アストロシティが4台稼働していた。






夕食後、今度は会員No.2番雇用兵に来てもらい、中之口DEエンカウント?でストII、ウルトラ警備隊を入れたMAS-25を分解。

25インチのブラウン管や背面の鉄板などを外すと、本体はテーブル筐体よりも軽く、さほど苦労もせず階段で2階へ運べた。






そして組み立ててこの日の作業終了。






category: 所有筐体

TB: 0    CM: 6   

テーカン「ラバタイプ」(ナムコ仕様)入手からの筐体深イイ話 


先日ヤフオクで筐体用のあるパーツを落札。

ダメ元で平均落札価格よりも低い金額で入札していたんだけど、まさか落札できるとは思わなくて運が良かった。

この偶然の落札が、この後のさらなる偶然を呼ぶこととなった。

出品者は長野県の人で、過去に数回インストやコンパネや筐体を落札させてもらったことがあり、最初に取引したのは俺がヤフオクを始めたばかりの頃(2000年)だったから、かれこれ16年前もだった。

そんな話を全日本テーブル筐体愛好会会員No.64番ひげ丸さんに話したら、
「同じ長野県内で近いので、私が代わりに出品者と直取引してきましょうか?送料も不要になりますし。」
と言ってくれたのでお願いした。

このひげ丸さんの一言が大きかった。

数日後、ひげ丸さんが出品者の会社へ出向き無事に取引を終えたのだが、出品者の所有物が凄いとひげ丸さんからLINEで画像が!

俺が以前から欲しいなぁと思っていた「テーカンラバタイプ」(ラバ筐体)を3台所有されており、2台は手放しても良いとの事!!

ひげ丸さんから送られてきた画像がこれ↓↓↓






ラバ筐体は筐体の色やコンパネやマーキーのデザインが数種類存在するが、これはナムコが発注したナムコタイプだった!!

記憶が確かなら1988年、俺が中学三年の頃、コメリ三条店のナムコランドにナムコ仕様のラバ筐体に入った源平討魔伝が置いてあった。

コメリ三条店は家から少し遠かったが、近隣のゲーセンの中で最後の1台となった源平討魔伝だったので、頑張って自転車をこいで、初めて源平討魔伝をクリアすることが出来たのがこの筐体だった。

源平討魔伝は23年前、俺が最初に買った基板である思い入れの強いゲームなので、源平討魔伝+ナムコラバ筐体というのは、再び目の当たりにしたい組み合わせなのである。

残念ながらラバ筐体はモニター基板が故障しているとのことだったが、俺が1台、ひげ丸さんが1台買うことになった。





それから数日後、俺は長野県入りし、ひげ丸さんと共に出品者の元へ。

するとラバ筐体が2台並んで俺らを出迎えてくれた!






マーキーの右隅にはnamcoの文字が入っている!






筐体側面には屋内用のステッカーが。

なぜか和風なお城がモチーフ(笑)






スタートボタンはナムコのテーブル筐体にも使われていた四角のボタン。

2Pスタートのボタンは外れて(外されて?)いる。

テープで穴を塞いでいたような跡も。






ちなみにこれは東京都渋谷区のカフェ「ペロリンガ」の店主「のんたすさん」所有のラバ筐体。

筐体の色やコンパネやマーキーのデザインの他、スタートボタンの形状も異なる。






俺はスタートボタンが2個とも外されて黒いテープで埋められた、右の筐体を選んだ。

幸い四角のスタートボタンを持っているのでオリジナルの姿に戻せるし、LINEで送られてきた画像の筐体がこれだったし。

入手が困難な四角のスタートボタンは使用せず、レバーの左にあるボタンをスタートボタンに転用していたようだ。





ひげ丸さんのエスティマに積んだ。






ちなみに出品者のMさんが手元に残したラバ筐体がこれ。

スタートボタンは穴を拡張して24mmのボタンに変わっている。






ちなみに出品者のMさん、いろいろなお宝を多数所有されていた!

ジービーの基板、ナムコ純正テーブル筐体のギャラクシアン、AフターBーナーIIのアップライト、Nスト筐体など……。((((;゚;Д;゚;))))カタカタカタカタカタカタカタ










筐体を手に入れた時「この筐体は今までどんなロケで何の基板を入れられて活躍してきたんだろう」と思うのだが、Mさんにラバ筐体の前歴のことを伺ってみた。

するとMさんは前歴を把握されていて、俺のラバ筐体は「ホテル水明館」でマジェスティックトゥエルブが入って稼働していたとのこと。

画像はひげ丸さんがたまたま持っていた、水明館の古いマッチ。








ひげ丸とMさんのラバ筐体は温泉宿泊施設「白鳥園」に2台並んでファミコン基板のスーパーマリオ3が入って設置されていたが、白鳥園の建て替えと日帰り温泉施設化によりゲームコーナーが無くなり撤去された筐体とのこと。






俺の車に積み替え。






テーカンとナムコのプレートが。






モニター基板を修理に出して早めに復活させたい。






帰りに長野県信濃町に設置されている、そばの自販機でそばを食べることに。






うどんそば自販機が屋外に設置されているのは初めて見たから何となく違和感がΣ(゚д゚lll)






そば屋さんの駐車場に設置してあります。






そばつゆの塩害によって錆びた筐体を補修して塗装してあるわ。






長野県で味わう自販機そばは格別!






4月に書いたブログ「白い駄菓子屋アップライト筐体」
これ↓↓↓
http://bz504178zb.blog.fc2.com/blog-entry-644.html?sp

に使用した、白い駄菓子屋アップライト筐体の後ろに写り込むラバ筐体、まるで心霊写真のようなこの画像が気になった、全日本テーブル筐体愛好会会員No.94番へたれちいやさんからブログのコメント欄に頂いたコメントを読んで驚いた!






以下、へたれちいやさんのコメント。

「昔、長野県の白鳥園というホテルのゲームセンターにラバ筐体がありまして、ミスタードゥとタイムパイロットが稼働していました。その後、なぜかスーパーマリオ3になっていましたが…。
なんともいえない大人っぽい雰囲気が気に入りまして子どもの頃はその筐体を見かけると意味もなく座って親にお金をたかっていました。 」



まさにビンゴである━Σ(゚Д゚|||)━!!

白鳥園なので、ひげ丸さんとMさんのラバ筐体ということになる。

その後メールでへたれちいやさんから詳しくお聞きした。

「う~ん、ものすごい偶然ですね、私が小さい頃、白鳥園にはおばあちゃんと季節毎に泊まりにいってまして、その度にその筐体の前にオレンジ色の椅子を置いて遊んでいました。閉鎖間際にお風呂に入りがてら子どもを連れてマリオ3をやってさようならしてきました。自分のおばあちゃんと親と子の三代で遊ばせて頂いた思い出ある筐体です。
今ではホテルの白鳥園も無くなり、新設して健康ランド風の白鳥園になっていますがゲームセンターは無くなってしまいました。
閉鎖の際には不要なら引き取りたい気持ちがありましたが今は愛知なので機会がなく、どこかで動いていればいいなあと思いながら残念でしかたなかったのですが、まさかヒジヤンさんの近くにあるとは思いませんでした。さすが愛好会ですねっ!!」



子供の頃はおばあちゃんと、そして大人になってからはお子さんと、自身の成長と共に遊び続けた思い出の筐体。

場所がホテルだったからこそ、長い間同じ筐体が稼働し続けていたわけで、これがゲーセンだったら無かった話だろう。

長い間慣れ親しんだ筐体との別れ、しかしその筐体が現存し、その所在を知ることが出来た、こんな偶然なかなか無いと思う。

そしてすごく羨ましかった。

もし俺が子供の頃に遊んだ筐体がどこかに現存していて、その筐体と再会できたとしたら……。

多分泣いてしまうかも^^;

この話さらなる偶然があり、ひげ丸さんは斑尾高原の某レストランに無料ゲームコーナーを展開する予定があるのだが、へたれちいやさんの奥さんの実家が斑尾高原の近くで、年に何度か斑尾高原へ行くとのこと!

新潟県の俺が持つよりも、ひげ丸さんが持ったことで、愛知県在住で奥さんの実家が斑尾高原の近くであるへたれちいやさんは、思い出のラバ筐体と再会しやすいという偶然。

数々の偶然がたくさん重なり生まれた「筐体深イイ話」でした。

まずは俺もひげ丸さんも、モニター基板を修理に出して、ラバ筐体が再び動くようにすることが急務である。




category: 所有筐体

TB: 0    CM: 13   

FC2カウンター

プロフィール

メールフォーム

Twitter

カテゴリ

最新記事

最新コメント

カレンダー

月別アーカイブ

アクセスランキング

ブログランキング

検索フォーム

リンク

QRコード